読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

溶接の仕事内容

工場の仕事内容

f:id:yuhi_t:20160905171313j:plain

 

溶接はどのようなお仕事内容?

溶接は製造工場などで金属素材の接合や切断を行う仕事で、2つ以上の素材を熱を加えて溶かす事で接合させます。


製造業では操船や自動車、重電機や一般機器、圧力容器などを製造する工場で作業が行われます。

 

また、溶接は製造業だけではなく建築現場でも行われる作業なので、鉄骨建築物や設備関連のCAD入力ができると活動の場もより広げる事が可能です。

給与の高い仕事としても知られています

求人情報はこちらからご覧ください

溶接方法はどんなものがあるの?

モノづくりでの基盤技術となる溶接ですが、その方法には大きく分けて3つあります。

 

・融接

融接とは、電気や火などの熱で素材を溶かせいて接合する基本的な方法です。

 

・圧接

圧接とは、熱は加えず圧力で接合します。
熱に強い素材の場合は、この方法での溶接が使われます。

 

・ろう接

ろう接は素材に熱は与えず、柔らかい金属をのりの代わりに利用する接合方法です。

このような溶接の技術は椅子やテーブルなどの家具、自動車部品や金属アクセサリーなどで活用されています。

溶接の作業工程はどんなの?

溶接で行われる仕事は、主に機械部品の製造や加工となります。
金属を熱で溶かす作業となるので、小さな部品を扱う際は火傷をしないように注意が必要です。


そして、溶接には様々な種類があり、今回は一般的な「アーク溶接」の作業工程についてご紹介します。

 

・鋼材を切断

鋼材とは金属の材料であり、加工をすためにまずは切断します。
鉄板を切断する場合は「メタルシートカッター」、鉄棒やパイプの切断には「チップソー切断機」と鋼材に応じて専用の切断機を使用します。

 

・鋼材を叩いて加工

切断した鋼材をハンマーで叩く事により、切断面を丸くしたりデザインの風合いを引き出す事ができます。
固い鋼材をたたきやすくする方法としては、熱してから叩くとより効率的です。

 

・鋼材を曲げて加工

切断面を加工したら、完成品の形に仕上げるために鋼材を曲げていきます。
曲げる際はテコの原理や加熱して鋼材を曲げて加工します。

 

・接合する

完成品の形に加工したら、溶接で重要な接合作業となります。
上記で説明したように接合方法は製品や材料によって、融接や圧接、ろう接などの方法に使い分けられます。

 

・塗装する

完成した製品にデザイン性を与えるためにペンキで塗装したり、長持ちさせるためにサビ止めを塗ります。

このように、溶接は人の手での作業が一般的です。


しかし、製品によっては機械での溶接など種類はたくさんあるので、たくさんの技術を持っていると仕事の幅も広がると言えるでしょう。

溶接の仕事をするにはどうすればいいの?

溶接では高い技術と知識が必要であり、工業技術系の学校や公共職業訓練校へ入校し、技術と資格を身に付けてからの就職が一般的です。


勉強する内容は溶接機の構造や、電気、ガス、溶接材料、安全や衛生に関しての基本知識となります。


また、ガスを使った溶接では可燃性のあるガスを使用するため、ガス溶接技能講習を修了する必要があります。


溶接には様々な種類があり、それと同様にたくさんの資格があるので、自分に合った難易度の資格を選ぶと良いでしょう。


もし溶接の仕事を始めたい場合は、「ガス溶接技能者」か「アーク溶接作業者」の資格がおすすめです。


そして経験が増えた時にスキルアップしたいと思った時は、専門性が高い「アルミニウム溶接技能者」や「PC工法溶接技能者」などの溶接技能者の資格を取る事で、各方法での技能者を名乗る事ができます。


また、最近では溶接品質にこだわる企業も多いので、「溶接管理技術者」と「溶接技能者」の資格を持っていると有利になるでしょう。

溶接に向いている人は?

溶接での仕事ではどんな人が向いているのかご紹介します。

 

・安全に作業が行える人

溶接では火や電気、ガスなどを使って部品を加熱し、それに触れて作業を行わなくてはいけません。
なので、作業に集中して安全に配慮しながら作業を行える人が望ましいと言えます。

 

・慎重で細かい作業が好きな人

工場での職場では体力仕事が多いですが、溶接なら体力に自信がない人でも仕事をする事ができます。


小さな部品や複雑な形をした部品を接合する機会も多いので、細かい作業が得意、または好きな人に適していると言えるでしょう。


また、溶接では図面に沿って指示を確認しながら作業をすすめるので、慎重に作業が行える人も向いています。

 

・向上心がある人

溶接は高度な技術が必要であり、経験を積む事で確実なスキルを身につける事が可能です。


また多様な資格がある仕事でもあるので、前向きにスキルアップをしたい方には向いていると言えます。

人の地道な作業で行われる溶接

溶接の作業工程では機械で行われる事もありますが、ほとんど人の手で行われる技術職です。


溶接技術は普段何気なく使っている様々な製品で活用され、モノづくりでは欠かせない仕事であると言えます。


モノづくりに携わりたい人や、技術的な仕事を始めてみたい人、がっつり稼ぎたい人におすすめの求人です。

求人情報を探すなら

溶接の求人情報はどのサイトでも扱っているわけではありません。闇雲に探しても見つからないことがあります。

ぜひ、こちらのオススメ工場求人サイト10選もぜひ参考にしてみてください。

www.hakenlist.com

以上、溶接の仕事内容でした。

旋盤の仕事内容

工場の仕事内容

http://www.houkoku.ac.jp/files/uploads/%E2%91%A3__9.jpg

出典:豊国学園高等学校

旋盤のお仕事って?

円盤を回す仕事?旋盤と聞くとそんなイメージの求人ですよね。

旋盤のお仕事は、製造工場などでモノづくりを行う際に機械を使って金属材料を加工するお仕事です


旋盤は回転する材料に刃物を当て、材料を削りながら加工をしていきます。
旋盤は機械加工ではよく使われる機械であり、様々な回転円の加工が可能です。


人の手で行われる作業もありますが、現在はコンピュータで旋盤を操作するNC旋盤が一般的になっています。


NC旋盤では、人の手では少し難しい複雑な加工もする事ができます。


しかし、NC旋盤の場合は部品製造より加工するためのプログラミング作成や、プログラミングどおりに加工がおこなわれているかチェックするオペレーティングとしての作業が中心となります。


手作業の場合は、旋盤に固定された素材を、ハンドルを回すか自動で操作をして回転する材料を刃物の先端で削って加工する作業となり、身体の感覚で技能を得る必要があると言えるでしょう。

求人情報はこちらからご覧ください

旋盤でつくられている製品は?

旋盤は多くの工場で使われており、NC旋盤では鉄、銅、アルミ、ステンレス、チタン、樹脂などの材料を加工する事が可能です。


これらの金属素材を加工する事で、ネジやボルトなどの部品がつくられます。
そして、ネジにも形や大きさとたくさんの種類があります。


例えば、ミリ単位のネジ山が特徴的なメートネジや、インチ単位のネジ山が特徴なウィットネジ、飛行機の部品に使われるユニファイネジなどが旋盤によってつくられているのです。


旋盤でつくられた部品は自動車や飛行機、車両や電子機器に精密機器など、あらゆる製品に活用されます。
旋盤は製品をつくるための、部品加工に欠かせない作業なのです。

旋盤の仕事内容とは?

旋盤では、手作業の場合は旋盤についているハンドルなどの方法で操作をし、細かく加工が行われます。


一方、現在の工場で主流となっているNC旋盤での工程には、プログラミングとオペレーティングが主な仕事内容となります。


まず、プログラミングというのは、イメージどおりに加工を行うため、その指示をコンピュータに記録させる事です。


ネジなど複雑で細かい部品を正確につくりだすために、プログラミングで微調整を行います。


最近はNC旋盤も発展しており、以前プログラミングで記録してい数値をNC旋盤が自動で計算して記録するので、入力作業の短縮化を図る事に成功したのです。
これにより1人が担当する機械の台数が増え、作業効率もアップにも繋がりました。

 

そして、オペレーティングはNC旋盤の機械操作や動作のチェック、完成品の確認が主な仕事内容になります。


加工が終わったあと、完成した部品をノギスやマイクロメーターなどの測定器で確認し、寸法などが一致しない場合は修正を行い、その後は連続で加工作業が行われます。

 

また、機械操作やチェックだけではなく、使う機械のメンテナンスを行う事もオペレーティングには欠かせない仕事です。


NC旋盤が正常に稼働させるためにも、機械の管理や検査、掃除などはとても大切になります。
機械の管理では手順があり、機械を大切に扱うためにも工場のでは管理手順を徹底的に指導しています。

旋盤の仕事に向いている人は?

旋盤の仕事では特別な資格は不要であり、現場でも徹底した研修とトレーニングで経験を重ねる事で技術を身に付ける事が可能です。


しかし、旋盤は特殊な機械であるため、工業系の学校や職業訓練校で基本知識を身に付けておくと良いでしょう。


そして、旋盤の仕事にはこのような人が向いていると言えます。

 

・プラモデルやパズルが好きな人

プラモデル制作やパズルでは設計図をもとに進め、組み合わせながら完成させていきます。


ですので、旋盤でも設計図に沿って製品をつくるため、プログラミングの修正や微調節など試行錯誤を繰り返してつくり上げるのです。


また、プラモデルでは切る、削る、塗装といった手順は旋盤の加工手順と似ているので、工夫して行う作業が好きな人やモノづくりの工程作業が好きな人は向いていると言えます。

 

・作業に没頭できる人

工場では1日中、機械での生産作業が行われます。
ですので、機械を動かし続けながら、生産に工夫を加えて作業が行える人が旋盤に向いていると言えるでしょう。


素早く正確に作業が行えれば作業効率も良く、品質も良い部品を作る事ができます。
また、NC旋盤だと複数台の機械を操作、管理する事もあるので、1つ作業に工夫をしながらとことん没頭できる人が向いていると言えるのです。

旋盤で加工のプロを目指せる!

旋盤では機械を扱う仕事がメインになります。
手作業で行う場合は身体の感覚で覚える必要がありますが、NC旋盤ではプログラミングを行うのでコンピュータ技術を身に付けておくと、スキルアップに繋がると言えます。


また、製品での要となる部品をつくる加工なので、ミスが少なく確実な作業が行える人材を求められるでしょう。
旋盤でのキャリアを積めば知識やスキルも身につき、よりモノづくりの楽しさを実感する事ができます


作業に没頭できる仕事に興味がある人は、旋盤の仕事にやりがいを見つけられるのではないでしょうか。

 求人情報を探すなら

旋盤の求人情報はどのサイトでも扱っているわけではありません。闇雲に探しても見つからないことがあります。

ぜひ、こちらのオススメ工場求人サイト10選もぜひ参考にしてみてください。

www.hakenlist.com

 

以上、旋盤の仕事内容でした。

洗浄の仕事内容

工場の仕事内容

f:id:yuhi_t:20160902165327j:plain

洗浄のお仕事内容とは?

洗浄といえばバイトの皿洗いのイメージがある求人ですよね。

でも実はいろいろな現場で活躍する仕事なんです。

洗浄の仕事には、未経験でも出来る簡単な作業から、専門性の高い特殊な洗浄作業まで様々なものがあります。

求人情報はこちらからご覧ください

 

 

どんなところで仕事があるかというと。。

・ホテルやレストランなどの洗い場

お客様が使われた食器を洗浄する仕事です。
手洗いすることもあれば、機械を使った高温蒸気の洗浄機で洗う事もあります。

 

・食品製造工場

製造過程で食品の洗浄や製品を入れるプラスチックコンテナやステンレスコンテナなどを洗浄します。

 

・病院

病院内で、医療器具の滅菌や洗浄を行います。

 

・クリーニング店

お客様から預かった衣類や布団などを、洗浄します。

 

・エアコンや配管の洗浄

お客様から依頼を受けて訪問し、エアコン内や配管内を洗浄します。

 

・コンテナ内の洗浄

貨物船のコンテナやトラックのコンテナなどを洗浄します。

 

・特殊機械の洗浄

工場内にある特殊機械など産業用の機械の洗浄を行います。

未経験からスタート出来る仕事もある

洗浄の仕事の中には、未経験でも就業出来るものが多くあります
そのため、初めて仕事をされる方でも安心して働くことが出来るでしょう。


ですが、細心の注意を払って正確に業務を行うことが大切です。


例えば、病院の医療器具などの洗浄の場合、しっかりと滅菌が出来ていないと感染症などの大きな事故に繋がる危険性もあるので、ミスは絶対に許されません。


また食品は、洗浄が不足していると異物混入の事故にも繋がり、消費者からの信頼を失うことにもなりかねます。


資格がなくても就ける仕事もありますが、経験者は任せてもらえる業務の幅が広がるので、アピール出来ます。

どんな人が向いている?

洗浄の職種は様々ですが、立ち仕事も多く、それなりの体力も必要です。
洗浄業務であるため汚れることもあったり、細かい指示がたくさん出る場合もありますが、そのような作業に抵抗のない人が良いでしょう。


キレイにすることが仕事なので、誰が見ても汚れていると思わない細やかな部分の汚れに目が届く人や、キレイ好きの人、また単調な作業をコツコツと早く確実にこなせる集中力のある人に向いているでしょう。


反対に大雑把で掃除が苦手な人には不向きかもしれません。

こんな経験や資格が活かせます

経験者はもちろんですが、検品作業の経験がある方は、優遇されることもあります。
例えば軽作業などで検品をしていた人なら、欠陥品をすぐに見つけ出すスキルに優れているので、細かい所にも目が行きやすく、洗浄のお仕事にも経験を活かすことが出来ます。

 

また産業用の特殊機械の洗浄の仕事には、高度な知識と技術が必要です。
そんな中、注目されているのが、「産業洗浄技能士」という資格です。
産業洗浄技能士の資格があれば、公共設備の洗浄業務の中でも専門性の高い洗浄作業が出来るようになります。


産業洗浄技能士は国家資格の技能検定の1つであり、資格を取得すれば法律に基づいて、産業洗浄技能士を名乗ることが出来ます。

産業洗浄技能士はどんな仕事をするの?

工場などで使われている特殊機械を種類に合わせて、専門的な洗浄技術を使って洗浄する仕事です。


例えば、公共施設の上下水道の配管やタンク、金属の熱処理に使われる「加熱炉」、物を加熱もしくは冷却する「装置交換機」など設備内の洗浄を行います。


様々な種類の高圧洗浄機を扱い、化学洗浄の知識と技術を利用し、洗浄のプロフェッショナルとして活躍することが出来ます。

資格を取ってスキルアップすれば生涯のキャリアに繋がる

産業洗浄技能士検定は、「中学を卒業してから3年以上」、「仕事として産業洗浄の経験があること」が受験資格となっています。


多くの企業も重視している資格で、受験費用を全額負担してくれる企業もあります。
そしてこの資格を一度取得すれば、一生使える資格となるので自分自身のスキルアップにも繋がります。


資格取得をバックアップしてくれる企業もあるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


産業洗浄技能士の資格を取得すれば、チームリーダーや責任者として抜擢される可能性があります。


専門知識を持つことで仕事に対する姿勢が変わったり、自分への自信にも繋がるでしょう。

洗浄作業のやりがい

汚れていたものがキレイになると心もスッキリして達成感を感じます

キレイになった瞬間を見たお客様の喜ぶ顔を見るとやりがいを感じることが出来ます。

洗浄に関する知識も身に付くので、日常生活にも活かすことが出来ます。

汚れの細部や細かな所にまで目が行くようになり、正確性が身に付きます。

洗浄作業の難しさや厳しさ

業種にもよりますが洗浄が不足すると、機械の故障や、事故、信用の喪失にも繋がることもあり、ミスが絶対許されないため注意を払って確実に仕事を行わなければなりません。

 

体を動かしたり、中には重労働もあるため、体調管理は徹底して行う必要があります。

特殊な機器の洗浄を扱う場合や医療機器の洗浄など、危険物に触れると、感染症を引き起こすリスクもあるため、細心の注意を払わなければなりません。

 求人情報を探すなら

洗浄の求人情報はどのサイトでも扱っているわけではありません。闇雲に探しても見つからないことがあります。

ぜひ、こちらのオススメ工場求人サイト10選もぜひ参考にしてみてください。

www.hakenlist.com

鋳造の仕事内容

工場の仕事内容

http://image.rakuten.co.jp/cook/cabinet/02217827/img57390171.jpg

出典:及精鋳造所

 鋳造ってどんな仕事?

時々目にする鋳造の求人情報。あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、日本の製造業において昔から加工技術として取り入れられている鋳造は、私達の生活の中でとても大切な仕事の一つです。


具体的にはどんな仕事内容なのでしょう?

 

鋳造は高熱で溶かした金属を鋳型と呼ばれる型に流し込み、それを冷やすことによって固めて製品を作る加工技術です。


どんなものに利用されているかというと、

例えば自動車のモーターやエンジンなどを作る際に鋳造の技術が利用されています


どんなに複雑で巧妙な形をしていたとしても、型があればいくつも製造することが可能です。


鋳造には様々な工法がありますが、どんなものを作りたいのか、どれくらいの量を作るのかによってその工法は異なってきます。
例えば、砂型を使った工法では砂を固めて作った型に金属を流し入れて固まったら型を壊して鋳物を取り出します。


形を変えられやすく、コストも抑えられるというメリットがあるのですが、一度鋳物を作ってしまうと型を壊さなければならないため、同じものが作りにくいというデメリットがあります。


金型を使った工法では砂型とは違い、型を何度も使うことができるので同じものをいくつも作りやすいというポイントが挙げられます。


ただし、金型自体のコストが高いということや形は変えることができません。

求人情報はこちらからご覧ください

 

とても小さな細かいものを鋳物で作る場合にも特有の工法があります。


一つはロストワックス法と呼ばれる熱で溶かしたろうを金型に流して模型を作って、その模型を使って鋳物を作るという方法があります。


もう一つはシェルモールド法と呼ばれる工法で、貝殻のように二つに分かれている鋳型から製品を作り出すことができます。

 

それぞれ工法は製造する物などによって異なり、大きさなども製品によって異なるため、同じ鋳造だとしても仕事の幅はかなり広いと言えます。

鋳造ではどんな作業を行なう?

鋳造の仕事は主に鋳込み作業、型枠外し、混練装置オペレーターに分かれることになります。


まず鋳込み作業では金属を溶解炉で溶かし、鋳型に流し入れます。
柄杓を使って型に流し入れたり、とても大きなものを作る場合はクレーンを使用して金属の入った大きな器を巨大な型に流し入れることができます。
流しこむ前の溶けた金属はとても熱く、1300度以上になるものもあります。


普通だと熱くてダウンしてしまうかもしれませんが、作業時は防護具などの耐火性に優れたものを着用しているため安全に仕事を行なうことができます。


次に型枠外しは、金属を型に入れて冷やした後、型から中の鋳物を取り出す仕事です。

丁寧に扱わないと傷が付いてしまう恐れもあるので、慎重な作業が必要となります。


後は混練装置用のオペレーターです。


今まで紹介した二つの作業は経験者じゃないと難しいものばかりでした。


しかし、混練装置のオペレーターは未経験者や初心者の方も利用することが出来ます

 

この作業は鋳物に使う砂を練るための装置を使用する大切な仕事で、装置に材料を入れたりきちんと機械が動作しているかを確認します。

鋳造には資格は必要?未経験者でも大丈夫?

上記にも書いたように、未経験から始められる仕事もあります。


最初は混練装置のオペレーターから入り、次に鋳造の補助をしつつ、鋳造のやり方を覚えていきます。


特に資格が必要というわけではありませんが、鋳造は国家資格となる鋳造技能士を取得しておくと就職や転職でも有利となり、それなりに規模のある企業で働く際はこの資格を取得しておくと良いでしょう。


ただし、資格を取得するためには実務経験が必要となります。

鋳造はどんな人に向いている?

鋳造という仕事はモノづくりの中でも精密さが際立つ仕事です。


例えば砂の種類や型、材料の配合、熱処理、温度や湿度など、様々な要因から製品の仕上がりが全て変わってきてしまいます。


そのため自分が思った通りのものを作るためには、何度も何度も経験し体に覚えていくことが大切なのです。


ですから、モノづくりに対して、そして自分の技術が高まることにやりがいを感じる人が向いていると言えます。


また、周囲への気配りが出来る人は向いています。


どうして鋳造と周囲への気配りが関連しているのかというと、工場内は常に温度が高い状態の中で仕事をこなしていく必要があります。
安全管理が大切ということもあり、自分はもちろん他の働いている人への安全確認はとても重要です。


さらに鋳造というと職人が黙々と作っているイメージがありますが、他の従業員や違う部署の人と話すことで連携をとることができるようになります。
連携を取っておけば効率よく仕事もこなすことができるようになるので、より鋳造に向いていると言えるでしょう。


とても大切な鋳造の仕事は、日本のモノづくりを支え続けているのに、普段の生活ではなかなか感じられないこともあります。


もしも鋳造という求人が気になったらまずは工場まで見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

 求人情報を探すなら

鋳造の求人情報はどのサイトでも扱っているわけではありません。闇雲に探しても見つからないことがあります。

ぜひ、こちらのオススメ工場求人サイト10選もぜひ参考にしてみてください。

www.hakenlist.com

以上、鋳造の仕事内容でした。

組立の仕事内容

工場の仕事内容

f:id:yuhi_t:20160905163423j:plain

 

組立はどんな仕事内容?

工場求人サイトでは最も求人情報の多い仕事と言えば組立

派遣からバイト、正社員など様々な仕事を目にします。

組立は主に会社やメーカー工場の工場で、家電製品や自動車製品、電子部品や機械製品などを組み立てる作業です。


製品を出荷するために、部品やパーツを組み立てて商品を仕上げる工程を行います。
製造業の業種は幅広く、扱う製品によっては手作業だけではなく機械を使用して工程を行う事もあります。


細かな作業が行われる組立は製品をつくるためには必要不可欠な仕事だと言えます。

求人情報はこちらからご覧ください

 どんな環境の工場で仕事をするの?

組立の仕事は電子部品や光学機器、OA機器に自転車部品、おもちゃなど法人で使われる機械から、一般家庭などで使われる機械など多種多様な製造工場で仕事が行われます。


組立の工程では加工された部品などがラインから流れ、それをパーツや製品に組み合わせる事や流れてきた中に不良品が見つかれば取り出す作業を行います。


気になる工場の環境ですが、電気機械や精密機器はとても繊細な製品であるため、工場の生産ラインでは安全性と効率性が高い環境で作業が行われています


また、各製造工場では工程での改善や付加価値の高い生産を意識し、生産性の向上とコストの削減、不良率を下げる努力が行われているのです。


組立は一人で作業を行うイメージがありますが、良い製品に仕上げるためにも周囲とのチームワークを重視している企業も少なくありません。

組立の仕事の魅力は?

組立の仕事で感じる魅力についてご紹介します。

 

・モノをつくる楽しさを実感できる

モノをつくるには、まず製品の基になる部品やパーツがつくられます。
組立ではその出来上がった部品やパーツを組み立てる事が仕事ですが、製品が完成する工程を行う事でモノをつくる楽しさを実感できる事が最大に魅力だと言えるでしょう。

 

・機械などの仕組みを理解できる

組立では様々な部品とパーツを組み合わせて製品を仕上げる仕事なので、あらゆる製品の仕組みを理解する事ができます。


例えば、カメラや時計などではミクロ単位の小さな部品が使われている事や、ガラス部品や電気部品など様々な部品でつくられている事を知る事ができるのです。


普段なかなか見る事がない機械製品の姿を知る事ができる事も、組立の魅力ではないでしょうか。

身につくスキルは?

組立では取り扱う製品に関する知識や製造の技術を身につける事ができます。
そして業種によっては溶接やはんだ付け、オイル塗りなど手に職がつく技術も得る事が可能です。


さらにスキルアップとして、フォークリフト免許や金属に関する技能士資格、険物取扱者資格や安全衛生資格などの取得を目指す事も良いでしょう。


業務の経験を積んでいくと、現場での管理業務が行えるポジションまでにステップアップする事ができます。

どんな人が向いている?

業種によって異なりますが、組立の仕事は特別資格などを必要なく、未経験者でも就職できるチャンスはたくさんあります。


では、どんな人が向いているのかご紹介します。

 

・モノづくりが好きな人

組立は製品を仕上げるための大切なお仕事です。
ですから、モノづくりが好きな人、一からモノをつくり上げる事に興味がある人が向いていると言えます。
実際に自分の手で製品をつくり上げ、モノをつくる楽しさを実感すると、よりやりがいを感じる仕事だと感じるでしょう。

 

・手先が器用な人

組立では大きな部品だけではなく、ミリ単位やミクロ単位のとても小さな部品を扱う事があります。
どんな大きさの部品であっても、器用さがあれば効率よく作業が行えると言えます。

 

・集中力と注意力がある人

組立ではとても細かい作業が多く、人の手ではなく機械を使って行われる事もあります。
機械での工程はとても楽ですが、集中力が欠けてしまうと誤作動からの事故などを招く恐れがあります。


また、作業中に部品を紛失や製品に傷がついたり、部品の付け間違えは不良率を上げる原因にも繋がってしまいます。
他にも製品や部品に不良品が混ざっていた場合には、ラインから取り出す事も組立の大切な仕事です。


安全に業務を行うためにも、集中力や注意力は欠かせません。

 

・チームワークを重視できる人

組立作業といってもビジネスですから、一般的なビジネスマナーは欠かせません。


そして、組立の業種によっては複数の作業員と一緒に作業を行う事があります。
良い製品を効率よく、そして安全につくり上げるためにもチームワークを大切にする事は必要だと言えるでしょう。

人や社会に役立つモノづくりのお仕事

このように、組立はパーツと部品を一から組み合わせて製品をつくり上げる、モノづくりには欠かせない重要な仕事です。


業種の分野によっては最先端の技術に触れる事ができ、自分が組み立てた製品が世の中で役に立っている喜びを実感すれば、仕事へのやりがいも大きくなるでしょう。


フォークリフト免許や金属加工に関する技能士資格、危険物取扱者資格などの取得も目指せば、あらゆる分野の製造業での技術者や職人へスキルアップする事が可能です。


現在は男性だけではなく、女性が活躍できる工場も増えてきています


モノづくりに興味がある方は、ぜひこの求人チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 求人情報を探すなら

組立の求人情報はどのサイトでも扱っているわけではありません。闇雲に探しても見つからないことがあります。

ぜひ、こちらのオススメ工場求人サイト10選もぜひ参考にしてみてください。

www.hakenlist.com

 

以上、組み立ての仕事内容でした。