期間工

期間工は誰でも受かる仕事?

期間工の採用

製造業を営む企業は、繁忙期などの人手不足の解消を目的に、期間工を応募しています。

すぐに人材が欲しい状況であれば、誰でも受かるという印象を持っている人も少なくないはずです。

実際、期間工は誰でも受かる仕事なのでしょうか?

そこで今回は、気になる期間工の合格率から不採用になりやすい人の特徴、合格するためのポイントまでご紹介します。

期間工の求人に応募を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

期間工は誰でも受かる?気になる合格率とは

期間工として働きたい場合、どれくらいの確率で採用されるのか知りたい方は多いでしょう。

まずは期間工の合格率をご紹介します。

・合格率は50~80%

合格率はメーカーによって異なりますが、50~80%が目安となります。

この数値から期間工の合格率は、比較的高いと言えるでしょう。

採用されても早期に退職してしまうケースもあるため、その点も考慮して多めに人材を採用しているメーカーもあることから、合格率は高い傾向にあります。

しかし、合格率50~60%のメーカーもあるため、誰もが受かる仕事とは断言できません。

・必要最低限の応募資格はメーカーごとに異なる

期間工の応募資格は、学歴や経験不問、健康状態が良好、18歳以上という条件が一般的です。

この内容を見る限り、誰でも受かる印象を持つでしょう。

しかし、メーカーごとに応募資格の内容は細かく違うので、それを満たしていなければ不採用となってしまいます。

例えば、3ヶ月勤務が可能と指定しているメーカーもあれば、6ヶ月以上や8ヶ月以上を条件としているメーカーもあります。

勤務期間の指定を含め、交替勤務ができることも条件にしているメーカーも多いです。

期間工ならどれでも同じ条件とは思わず、メーカーごとの応募資格をよく確認してから応募するようにしましょう。

・面接以外の検査・試験が行われることもある

実施される採用試験の内容もメーカーごとに異なります。

シンプルに面接だけで終わるケースもあれば、検査や試験も実施されるケースもあるので注意してください。

例えば、ボルトの締め付けなどの簡単な実務試験、受験者の能力や行動の特徴を測るクレペリン検査、一般常識や小中学生レベルの国語・数学の問題が出題される筆記試験を実施しているメーカーもあります。

これらの検査・試験も合格に多少影響を与える要素なので、内容によっては対策が必要です。

不採用になりやすい人の傾向

不採用となってしまう原因は人によって異なり、さらに採用担当者が持つ基準や現状の採用条件などによって合格しやすいか、落ちやすいかは変わってきます。

そのため、あくまでも不採用になりやすい傾向として、特徴をご紹介します。

・40歳以上

期間工の応募資格は高校生を除く18歳以上となっているので、40代以上も問題なく応募できます。

しかし、年齢が上がるにつれて採用率は低くなる傾向があるので注意してください。

期間工は肉体労働が中心で、単調な作業を繰り返し行うことが多いため、作業では神経を使います。

また、取り扱うものによっては、力仕事を求められることも少なくありません。

20~30代の人は中高年層と比べると集中力や気力、体力もあるので、できれば若手を起用したいと考える企業は多いのです。

しかし、若手を優先するか、年齢を問わないかは、企業の方針によって異なります。

若手を中心に採用するメーカーもあれば、40代以上も積極的に採用しているメーカーもあります。

健康に問題がなく、経験が豊富など企業のニーズに一致した人材であれば、40代以上でも採用される可能性があるでしょう。

実際、メーカーごとにどの年代を推奨しているかは公になっていないため、この点は実際に応募してみないと分かりません。

身近に期間工の経験がある人に雰囲気を聞いたり、人材紹介会社に年齢の割合を聞いたりして情報を集めながら応募を検討しましょう。

・健康状態が悪い

期間工は体力を使う仕事が中心となるため、健康状態に不安がある人は落とされやすい傾向にあります。

少し風邪を引きやすい、扁桃腺が弱いなど、些細な不調であれば問題視されることはありません。

しかし、健康診断で高血圧と診断されたり、採血により自覚していなかった病気が発見されたり、握力や筋力が著しく弱い、視力や聴力が悪いなどの問題が見つかった場合、不採用となる可能性があるので注意が必要です。

健康に関するリスクは年齢が上の人ほど高い傾向にありますが、普段の生活に問題があれば若い人にもリスクはあります。

日頃から規則正しい生活を心掛け、健康管理をしっかり行うことが大事です。

とは言え、あまりに気にしすぎると応募できなくなってしまうので、重大な持病を持っておらず、体力にも自信があればエントリーしてみましょう。

・転職回数がやたら多い

採用担当者は、履歴書や経歴書から転職の回数もチェックしています。

期間工は3ヶ月や6ヶ月、8ヶ月の期間で勤務できる人を求めているので、すぐに辞めてしまう人の採用を避けたいと考えています。

頻繁に職を変えているとなると、すぐに辞めてしまうのではないかと懸念し、不採用となってしまうのです。

例えば、今まで短期アルバイト・パートを繰り返し行っていて、それも期間満了の形で終わっているのであれば、選考の際に考慮してくれるでしょう。

しかし、自主的な都合で早期退職・転職を繰り返している場合は、不利となります。

転職が多い人は、面接の際にその理由を聞かれることが多いです。

答えによっては選考のマイナスポイントになるのを回避できる可能性があるので、すらすらと答えられるように準備しておきましょう。

・協調性がない

期間工は、配属部門内でチームを作って作業を行うこともあります。

また、工場長をはじめ、部長や課長などの指示を受けて作業を進めていくことになります。

協調性がなく、自分勝手な考えで仕事を進めてしまう人だと、組織やチームが乱れてしまい、スムーズに作業が進まないことから生産に遅れが生じる事態にもなりかねません。

他にも企業が提供する寮に入る場合、協調性のない人は寮内の共同生活で何かトラブルが起きてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、面接で協調性に欠ける相手かもと思われてしまうと、不採用の確率が高まります。

面接時に「人のことを考えて行動する」、「何かあった時はすぐに報告や相談をする」、「他者を思いやることを大切にしている」などの内容を回答に盛り込み、協調性があることをアピールしていきましょう。

実際に協調性があるかどうかは、面接だけでは見抜くのは難しく、実際に採用してから明らかになるケースも珍しくありません。

その場合、契約期間を更新したいと思っていても、1回目の満期を迎えた時点で更新なしで終了となってしまう可能性もあります。

採用された時は、その後の態度や行動に注意しましょう。

期間工に採用されるためのポイント

採用の基準はメーカーによって違うので、1社が不採用でも、他社に応募することで採用となることもあります。

しかし、第一希望の企業に一発で採用されるのが理想的です。

合格の確率を高めるためにも、ここで採用されるためのポイントをチェックしていきましょう。

・最低限のコミュニケーション能力を身に付ける

面接官は、面接を通してコミュニケーション能力を確かめています。

ここで見ているコミュニケーション能力とは、聞かれた質問に対してはっきりと受け答えできるかどうかという点です。

大人しく口数が少ない人でも、面接官が質問したことにしっかり答えられるようであれば、最低限のコミュニケーション能力を持っていると判断できます。

職場内では他の従業員や同僚、上司などと会話する機会もあるため、誰とも話さないタイプだと協調性がないと判断される可能性もあります。

あまり自信がない人は、周囲の人と積極的に会話をしたり、スムーズな受け答えができるように面接の練習をしたりして、コミュニケーション能力を磨いておくと安心です。

・服装や身だしなみの注意が必要

面接に行く際は、服装や身だしなみにも注意が必要です。

期間工の面接では服装の指定はなく、私服で問題ありません。

しかし、清潔感に欠けている服装や派手すぎる服装は面接官からの心象が下がり、採用面で不利になる可能性があります。

悩んだ時は清潔感や誠実な印象を与えられるスーツがおすすめです。

スーツを持っていない場合は、清潔感を重視し、シンプルで明るい印象を与える服装にしましょう。

また、期間工では髪の毛の色も自由としていることが多く、染めていても問題はありません。

ただし、面接の際は、派手な色の髪にするのは避けましょう。

服装と同じく、派手な髪色は面接官から良い印象に見られない可能性があります。

確実に合格したいのであれば、履歴書の写真と面接の時だけでも暗い髪色に変えておくと安心です。

また、募集事項に染髪がNGとなっている場合は、その規定に沿うようにしてください。

・表情や話し方に注意

面接は表情や話し方も重要な部分となります。

ムスッとした表情と柔らかい表情の人では、後者の方が印象は良いと言えます。

印象を良くするためにも、質問に答える時など適度に笑顔を作り、人柄の良さをアピールしていきましょう。

ただし、ずっと笑顔を浮かべていると、逆にふざけた印象になってしまう可能性があります。

特に真面目な話や厳しい話をしている時は、笑みは控えてください。

また、面接中は丁寧な言葉遣いで話すことも重要です。

間違ってもため口で話すのは避け、敬語を使ってください。

他にも、ぼそぼそと小さい声で話すのも聞こえづらく、良い印象を与えません。

面接官が聞き取りやすいように、はっきりとした声で話すのも面接を突破するためのコツです。

・志望動機をしっかり伝える

採用面接の質問で避けて通れない内容と言えば、志望動機です。

面接官は「どうしてうちで働きたいのか」という理由を知るために、志望動機を聞いています。

期間工は期間限定も契約とは言え、契約中はその会社の一員であり、人手不足であってもやる気のない人を雇いたいとは思いません。

志望動機がはっきり言えないとなると、やる気がないと思われてしまう可能性があります。

聞かれた時に答えられないという事態を避けるためにも、志望動機を明確にした状態で面接に挑みましょう。

志望動機の内容は何でも構いませんが、その会社を選んだ理由や目標達成のためなら諦めず頑張れることを伝えられると、採用の可能性が高まります。

企業は長く働ける人を探しているので、「満了まで精一杯働く」という意思をしっかりアピールすると良いです。

・面接の回答を準備しておく

面接では志望動機以外の質問もあるので、それらもしっかり答えられるように準備しておきましょう。

実際、どんな質問をされるかは、その時にならないと分かりません。

しかし、面接でよく出される質問を把握し、回答を用意しておくことにより、実際聞かれた時に慌てず答えられます。

よく出される質問には、弊社の応募した理由、過去の健康状態、仕事に対する熱意、寮での集団生活は可能かどうかなどの内容が挙げられます。

いずれの質問もネガティブな回答にならないように注意してください。

また、面接の最後に「質問はありませんか?」と聞かれた際は、できるだけ質問することをおすすめします。

こちらから企業側に質問をするということは、それだけ入社の希望が強いことをアピールできます。

また、求人情報などでは分からなかったことを聞けるので、入社前の不安を解消できることもメリットです。

質問の回答と合わせて、企業に聞きたいこともピックアップしておきましょう。

・可能であれば即入社を希望する

面接で「いつから入社できますか?」など、すぐに入社可能かどうか質問されることがあります。

すぐに入社できる場合は、できることを伝えると採用の確率が高まる可能性があります。

人手が不足しているメーカーは、1日でも早く即戦力となる人材を確保したいところです。

実際に入社する時期は2~1ヶ月程になるケースがほとんどですが、「すぐに入社できる」と伝えることで、企業が提示する入社日に入ってくれる可能性が高いと判断されます。

その結果、採用の可能性が高まるというわけです。

期間工に採用されやすいのはこちらの求人サイト

期間工.jp

期間工.jp

期間工の求人に応募するなら「期間工.jp」がもっとも有名で採用されやすいです。

大手人材会社アウトソーシングが運営する期間工専門の求人サイトです。

「トヨタ」「日産」「スバル」「キヤノン」「村田製作所」など、日本が誇る名だたるメーカーの求人だけを紹介しています。

期間工は工場の仕事の中でも給料が高いことで人気。

未経験1年目から年収400万円以上も全然夢ではないです。

2,3年働いて短期的にお金をがっつり稼ぎたい方に向いている仕事と言えます。

>>公式サイトにアクセス!

期間工.jpの特徴

・入社祝い金だけで70万円のメーカーも!

・満了慰労金が総額300万円超えのメーカーも!

・月収25万円以上の求人が中心!

期間工で美味しいのは入社祝い金や、満了慰労金が異次元の金額なことです。

将来お店を始めたいとか、世界一周してみたいとか、そんなお金のかかる夢も期間工なら叶えることも可能です。

実際、期間工で働いている皆さんは、将来にやりたいことがあってお金を貯めている方が多い傾向にあります。

また基本的には無料の寮で住み込んで働くのが期間工の働き方のため、お金を使うことがあまりありません。

そういった意味でもお金が貯まりやすい仕事と言えます。

>>公式サイトにアクセス!

期間工.jpで募集中の主なメーカー

・トヨタ自動車
トヨタの募集要項を確認して応募する

・日産自動車
日産の募集要項を確認して応募する

・スバル
SUBARUの募集要項を確認して応募する

・村田製作所
村田製作所の募集要項を確認して応募する

まとめ

期間工は学歴や経験、資格の有無を問わず応募できるため、誰でも受かる仕事と認識している人が多くみられます。

しかし、合格率は50~80%となっているので、応募した人全員が採用されているわけではありません。

企業のニーズにマッチしない人材と判断された場合、たとえ合格率が高いメーカーでも不採用となってしまう可能性があるので注意してください。

少しでも合格率を高めたい方は、ご紹介したいポイントを押さえて対策しておきましょう。

寮費無料で最もおすすめの派遣会社
寮付き派遣会社はたらくヨロコビ

はたらくヨロコビ

「はたらくヨロコビ」は工場系の人材派遣会社のアウトソーシングが運営する求人サイトです。東証プライム市場に上場している大手派遣会社なので、信頼性も抜群。

ご紹介している求人情報にも大手メーカーの仕事が充実しています。

入社祝い金として最大50万円がもらえる仕事もあり!

女性も大募集なので、工場の仕事未経験の人もどんどん応募してみましょう。

お金がなく、住む所や仕事がない方に最も優しい派遣会社です!

・寮および社宅費用無料

寮付きの求人はエアコン・テレビ・電子レンジ・ベッド・冷蔵庫が備え付けになっています。鞄ひとつで引越できるのが魅力。
また、こちらの派遣会社の紹介で入寮できる寮は職場から近くに設けられているため、毎日の通勤も楽ちんです。

・即入寮も可能

今すぐお金が欲しい、住む場所が無いから確保したいという方のために即入寮も可能です。寮費無料のアパートでゆっくり休めます。
もちろん、敷金・礼金・保証金・保証人なども一切不要です。
また赴任旅費を支給してもらえるので、貯金がない方も今すぐ働き始められます。

公式サイトで登録

※登録して面接するだけでギフト券1万円プレゼント!
※来社不要。WEB面談も可能です。