派遣会社の登録方法

期間工にも年齢制限はある!40代・50代は受からない!?

40代期間工

期間工の募集を受けたけど不採用になった人って結構いますよね。

それってもしかして年齢制限に引っかかった可能性があります。

派遣会社側は法律で決まっているので、大っぴらに年齢制限を期間工の求人情報に記載できません。

しかし、実際には社内にだいたいきまった年齢のハードルがあるので、40代・50代の人は落とされてもおかしくありません。

もちろん50代でも採用されるケースもありますが、レアケースなのでできたら40代・50代でも採用される派遣会社をみつけて登録することが重要です。

今回は、そんな中高年も歓迎の派遣会社をご紹介します。

期間工には年齢制限がある。受からないのには理由がある。

期間工の仕事に就いたことがある方はよくご存知だと思いますが、期間工はまじで体力を使います。

特に自動車メーカーの期間工は重たい部品を持つ必要があり、若い人でないと務まりません。

ちょっと想像してみてください。自動車の部品ってひとつひとつが鉄でできているのでやたら重いですよね。

そういった部品を1日に何百回と上げ下げするんです。

ドアひとつとっても、軽く2,30キロはしますよ。

そんなもの50歳代のおじさんが1日に何回も持ち上げるのは、ほとんど不可能ということです。

そのため、期間工はおおよそ30代までが採用されると決まっています。

もちろん採用されるためには病気や怪我がないかはチェックされます。

ただし、そこには抜け道があります。

40代・50歳代でも実は期間工に採用される可能性があります

それは期間工が採用されやすい季節を見極めることです。

というのも、採用担当者としては30代後半くらいまでの人を採用したいと考えますが、現場ではそうでもないことがあります。

それは繁忙期です。

自動車が増産体制に入っている時期(主に年末から春先まで)は、まさに猫の手も借りたいくらい期間工は大忙しです。

自動車の購入を検討する人が多くなる季節のためですが、これ以外にも海外に輸出している場合は、受注の状況から突然繁忙期になったりもします。

逆に中国や米国の貿易が停滞していたりすると、急に暇になったりもして、期間工は人がいるときと余っているときの差が結構あるのです。

そこで、40代以上の方が採用されるためには繁忙期に応募することが重要です。

繁忙期であれば採用担当者が30代までと決めていても、現場では40代以上でもいいよ!となるケースが結構あります。

まさにおっさんでもいいから手伝ってほしい状態です。

そのため、普段からできるだけ求人情報をチェックしておきましょう。

自動車がメーカーが繁忙期で人をほしいときは、突然入社祝い金がグッと上がります。

それまで、20万円だったのが突然50万円に上がったら、これは人不足で困っているなというサインだからです。

なお、50代の人でも以前期間工を経験したことがある場合はサクッと採用される場合もあるので、やろうと思ったらどんどん応募してみることをオススメします。

自動車メーカーが不採用なら部品メーカーに応募してみる

自動車メーカーがが体力勝負というのはわかっていただけたかと思います。

そのため、40代以上の方は部品メーカーの期間工を探して応募してみましょう。

部品メーカーであれば立ちっぱなしとは言え、自動車メーカーほど体力を使うことはありません。

女性の比率が多いのも部品メーカーの特徴のため、体力がなくても毎日にきちんと真面目に働ける健康体なら採用される可能性がかなり高いです。

期間工の仕事紹介なら中高年も歓迎の派遣会社に登録することが重要

このように期間工には見えない年齢制限があることと、繁忙期によっては40代以上の方も採用される可能性が高まることを知っていただけたかと思います。

ただ、それでも40歳代以上の方が採用される可能性は低いです。

そのため、保険として期間工以外の部品メーカーなどの仕事も積極的に紹介してくれる派遣会社に登録することを当ブログではオススメしています。

一番のオススメは工場ワークスという求人サイト。

工場ワークス

工場ワークス

工場ワークスは寮費無料の求人情報を中心に全国の製造業のお仕事に応募できます!

男性はもちろん女性でも活躍している人が多いのが特徴。

母子家庭シングルマザー・50代以上・60歳代以上のシニア・女性・ニートの方も歓迎です!住み込みで働けます!

※比較的楽で簡単な仕事を紹介してもらえるのでご安心ください!コツコツ働ける方なら誰でもできる仕事です。

工場ワークスで仕事を探す

まとめ

話があちこちに飛んでしまいましたが、期間工には隠れた年齢制限があることがわかっていただけたかと思います。

40歳くらいまでの方であれば採用される可能性が高いので、どんどん応募してみましょう。

そして50歳以上の方は経験者でない限り期間工に採用される可能性が低いため、他の製造分野の仕事を紹介してくれる派遣会社に登録することをオススメします。