期間工

期間工はどのくらい稼げる?

期間工は稼げる

期間工とは、あらかじめ決まった期間内で働く契約社員です。

主に自動車メーカーや家電メーカーなどの工場で採用されている雇用形態で、ものづくりの仕事に関わることができます。

そんな期間工として働きたい場合、どのくらい稼げるのか気になっている方は多いでしょう。

一般企業のサラリーマンと比べて、期間工の給料は高いと言われています。

実際にどのくらいの収入が期待できるのか、今回は平均給与や手当などの期間工の給料事情についてご紹介します。

期間工はどのくらい稼げる?平均月収・年収の目安

期間工の実際の収入は、雇用先や期間など様々な要因で異なってきます。

そのため、どれくらい稼げるか明言できないので、平均月収や年収から目安を確認していきましょう。

期間工は時給や日給制となっており、時給の場合は1,200円前後、日給の場合は1万円前後としている求人が多いです。

例えば1ヶ月20日間働いた場合、月収は約20万円となります。

そこに各種手当や残業代が付くことで、月収30万円前後が平均的です。

年収は低くて360万円前後、高くて500万円近くとなり、平均年収は430万円前後が目安です。

国税庁が発表する「令和2年分民間給与実態統計調査」によれば、日本人の2020年の平均年収は433万円となっています。

期間工と他の雇用形態や職種との年収比較

まずますの年収が期待できる期間工ですが、他の雇用形態や職種と比べるとどうなのでしょうか。

ここで工場の派遣社員、一般企業のサラリーマンとの年収を比較してみます。

・工場の派遣社員との年収比較

期間工と同じく派遣社員も非正規雇用として働く雇用スタイルとなります。

工場の派遣社員も時給制が基本で、1,000~1,400円が相場です。

平均月収は27万円前後、平均年収は約320万円が相場となります。

工場の派遣社員の年収は、他業種の派遣社員の平均年収とも大差はないと言われています。

期間工の平均年収は約430万円となるので、工場の派遣社員よりも収入は高くなる可能性が高いです。

同じ非正規雇用でも収入に差が出る理由は、雇用形態に違いがあるからです。

派遣社員の場合、契約を結ぶのは派遣会社となり、そこを仲介して工場で勤務することになります。

送り先の企業から毎月手数料を受け取っており、そのマージンが運営費となり、派遣社員の給与も捻出されています。

一方、期間工は企業と直接契約となり、派遣会社などが間を取り持つことはなく、仲介マージンが発生しません。

その上、雇用先は給料水準の高い大企業であることが多いため、派遣社員よりも高額な収入に期待できます。

期間工も派遣社員も与えられる仕事に大差はありませんが、年収で比べると期間工の方が稼ぎやすいと言えます。

ただし、派遣社員は契約終了後、別の勤務先を紹介されるので、すぐに次の仕事が見つかるというメリットもあります。

何を優先するかによって、期間工と派遣社員のどちらを選ぶか決めると良いでしょう。

・一般企業のサラリーマンとの年収比較

ものづくりの仕事に関わりたいのであれば、メーカーのサラリーマン(正社員)として雇用され、働く手段もあります。

収入は勤め先によって異なりますが、一般企業のサラリーマンの平均年収は20代男性が360万円、30代男性は480万円程度が目安です。

期間工の平均年収430万円と比較すると、20代のうちは正社員よりも年収が高くなる可能性があります。

正社員は年齢や勤続年数、能力などによって昇給していくので、長く勤めるほど収入は増えていきます。

一方、期間工は最長35ヶ月までしか契約できず、大幅な昇給もありません。

そのため、若いうちは正社員以上の年収に期待できますが、30代の正社員と比べるとやや下回ってしまう傾向にあります。

また、期間工の勤務先となる自動車メーカーや家電メーカーは、他の業界と比べて年収は高めです。

大手企業となれば、平均年収は20代でも600万以上、30代は750万円以上になることもあります。

大手メーカーの正社員と比べると、期間工は収入の面で劣ってしまう可能性があります。

しかし、期間工は生活費の負担が軽減される福利厚生を完備していたり、手当の種類が多かったりするので、多少年収が低くても貯金はしやすいでしょう。

学歴や経歴などに関係なく大手企業で働けることもメリットです。

期間工に付く主な手当

期間工の給与には、基本給以外に残業代や様々な手当がつきます。

実際に付く手当は勤務先によって異なるので、代表的な手当をご紹介します。

・入社祝い金

今までのキャリアに関係なく入社時に給料とは別途で支給してもらえる手当で、人を集めるために入社祝い金を用意している企業は多いです。

金額は企業ごとに異なりますが、20~45万円と幅が広く、多いところでは100万円以上も支給してくれるケースもあります。

繁忙期や閑散期といった季節や契約期間、経験や能力などによって金額が変わることがあるので注意してください。

入社祝い金は、やむを得ない事情で契約期間中に辞めてしまっても返金する必要はありません。

しかし、入社して働いてくれることを条件に支給してくれるお金なので、辞めることを前提に入社するのは企業に迷惑がかかるので止めましょう。

・満了祝い金

契約期間を更新の際に、給料に上乗せされる形で支給される祝い金です。

企業ごとに満了一時金、期間満了金、満了慰労金、皆勤手当など様々な呼び方をされています。

期間工は3ヶ月または6ヶ月ごとに契約が更新されており、その都度、満了祝い金が支給されます。

雇用契約を締結した企業で長く働くことで、高額な満了祝い金を受け取ることが可能です。

満了祝い金には、大きくわけて満了慰労金と満了報奨金の2種類があり、企業ごとにルールは異なります。

満了慰労金は、出勤日数に応じて支給される手当です。

勤務日数が多いほど1日あたりの支給額は増えますが、逆に休みが多いと減っていくので注意してください。

満了報奨金は、契約期間中に無遅刻・無欠席、無早退の月の分だけ支給される手当です。

皆勤が条件となるので、わずか1分の遅刻、1日の欠席でもその月の分の報奨金がなくなる点に気を付けてください。

満了報奨金の場合、勤務期間に関係なく1日の支給額は一律が基本です。

・夜勤手当

二交代勤務や三交代勤務により夜勤が発生する企業の場合、夜勤手当を用意していることがあります。

夜勤手当は法律の定めがないので、企業の善意で導入されており、また支給額、時間などの条件も任意で決められています。

この手当が付くことで、日中のみ働く人よりも収入はより多くなります。

夜勤に抵抗がなく、少しでも多く稼ぎたい人は、夜勤手当のある求人を探してみると良いでしょう。

・経験者手当

過去に期間工の仕事がある人に対して支給される手当です。

経験者は即戦力となるため、人材を集める目的で経験者手当を導入している企業は多くみられます。

支給のタイミングは更新時で、支給額は期間に応じて1万~10万円程度が相場です。

こちらも契約期間が長くなるほど、支給額が増えます。

・選考会参加手当

期間工の選考会に参加し、企業の面接を受けることで支給される手当です。

こちらは雇用主の企業ではなく、仕事を紹介してくれる人材紹介会社が支給するケースがほとんどです。

選考会参加手当は、7万~10万円が相場です。

なお、基本的に初めて期間工で働く未経験者に支給される手当となっているので、支給条件をしっかり確認しましょう。

・生活費関連の手当

期間工には、生活費の負担を軽減できる手当が付くことも多いです。

例えば、水道代や電気代などの光熱費手当、食事費用を負担してくれる食事手当などが挙げられます。

他にも通勤の交通費を負担する交通費、家族を扶養している従業員に支給する家族手当などを用意している企業もあります。

・その他企業独自の手当

企業が独自で出している手当も様々なものがあります。

例えば、赴任旅費手当が付く場合は、配属先に行くまでの交通費、荷物の輸送費は、赴任旅費手当などを会社に負担してもらうことが可能です。

この他にも、年末年始に働いた場合は正月手当、労働環境が過酷になりがちな夏季に働いてくれた時は夏季手当などが支給される企業もあります。

期間工は支出が抑えられ貯金がしやすい

期間工は、貯金がしやすい仕事と言われています。

その理由は、手当や福利厚生・待遇により生活にかかる支出を抑えられるためです。

期間工では、従業員が生活する寮が提供されることが多いです。

寮に入る場合、その間の賃料は無料、または月数千円程度で済むので、すでに賃貸暮らしの人は大幅な家賃削減となります。

現在は相部屋の寮はほとんどなく、ワンルームや3DKタイプの個室が基本となっているため、プライバシーが守られた空間で生活することが可能です。

食堂や大浴場が設置されている寮もあります。

また、光熱費も無料、もしくは数千円と少ない料金で済むことがほとんどです。

工場内や寮内に食堂がある場合、1食あたり数百円で食べることが可能なので、食費を節約しながら満足のいく食事ができます。

食堂がないケースでも、毎月の給与に加え食事手当により食費を軽減することが可能です。

このように、期間工は手当や福利厚生・待遇が充実した求人が多いため、生活費の支出を大幅に抑えられます。

抑えた分を貯金に回せるので、他の仕事よりも稼ぎやすく、貯金が貯まりやすいと言われているのです。

期間工で稼げる仕事探しのコツ

期間工の仕事でしっかり稼いでいくためには、好条件の職場を見つけることが大事です。

ここからは好条件の期間工求人を探すためにも、仕事探しのコツをご紹介します。

・工事系専門の求人サイトを活用する

期間工の求人は色々な求人サイトに掲載されています。

しかし、好条件かつ効率良く探したいのであれば、工事系求人を専門に取り扱う求人サイトの活用がおすすめです。

一般的な求人サイトは募集業種・職種が多いため、期間工以外の求人もヒットしやすく、効率良く探せない可能性があります。

メーカーの採用情報から探す方法もありますが、どの企業が期間工を募集しているのか、各会社のサイトをチェックしなければならず、探すのも求人を比較するのも大変です。

一方、工事系専門の求人サイトは工場の求人しか掲載されていないので、求人内容を比較しながら、効率良く自分が希望する条件に合った仕事を探せます。

期間工の求人が充実している期間工.jp

期間工.jp

期間工.jp

期間工の求人に応募するなら「期間工.jp」がもっとも有名です。

大手人材会社アウトソーシングが運営する期間工専門の求人サイトです。

「トヨタ」「日産」「スバル」「キヤノン」「村田製作所」など、日本が誇る名だたるメーカーの求人だけを紹介しています。

期間工は工場の仕事の中でも給料が高いことで人気。

未経験1年目から年収400万円以上も全然夢ではないです。

2,3年働いて短期的にお金をがっつり稼ぎたい方に向いている仕事と言えます。

>>公式サイトにアクセス!

期間工.jpの特徴

・入社祝い金だけで70万円のメーカーも!

・満了慰労金が総額300万円超えのメーカーも!

・月収25万円以上の求人が中心!

期間工で美味しいのは入社祝い金や、満了慰労金が異次元の金額なことです。

将来お店を始めたいとか、世界一周してみたいとか、そんなお金のかかる夢も期間工なら叶えることも可能です。

実際、期間工で働いている皆さんは、将来にやりたいことがあってお金を貯めている方が多い傾向にあります。

また基本的には無料の寮で住み込んで働くのが期間工の働き方のため、お金を使うことがあまりありません。

そういった意味でもお金が貯まりやすい仕事と言えます。

>>公式サイトにアクセス!

期間工.jpで募集中の主なメーカー

・トヨタ自動車
トヨタの募集要項を確認して応募する

・日産自動車
日産の募集要項を確認して応募する

・スバル
SUBARUの募集要項を確認して応募する

・村田製作所
村田製作所の募集要項を確認して応募する

・大企業の求人を探す

大企業は社会保険や福利厚生、手当が充実していて、法令遵守に徹底する企業が多いので、安心して働ける環境が整っています。

企業力の低い中小企業の場合、福利厚生や手当が大企業と比べて少なく、自分が望む給与を得られない可能性があるでしょう。

知名度が低い企業の場合、どんな労働環境かなど企業の情報を集めにくく、応募しても良いのか判断しにくいリスクもあります。

大手企業は企業に関する情報を集めやすいので、自分に合った環境かどうかを判断しやすいと言えます。

・給与ばかりを重視しない

期間工でしっかり稼ぎたい人は給与ばかりに目を向けてしまいますが、それだけを重視して選ぶのは避けましょう。

企業によって用意している手当や福利厚生は異なるので、稼ぎやすさや働きやすさも違ってきます。

例えばA社とB社の給与を比べてA社が良かったとしても、B社は手当が充実していて、それを加味して総合的にみるとB社の方がお得というケースもあります。

寮費や水道光熱費が無料かどうか、住み込みの寮に家具や家電はあるか、食事代の補助はあるかなど、手当や待遇を比較し、お得に働ける仕事を探してみましょう。

・正社員登用の実績を確認する

製造業は需要のある仕事ですが、人材が不足している企業が多くみられます。

これは大企業も例外ではありません。

企業の中には、期間工から正社員に登用しているところもあります。

優秀な人材を期間限定の契約社員にしておくのは惜しいと考えて、人手不足の解消も兼ねて積極的に登用に取り組む企業も増えているのです。

正社員になることで、退職するまで安定した給料やボーナスが支給されます。

企業によっては退職金が出たり、さらに福利厚生や待遇が充実したりする可能性もあるでしょう。

正社員としてキャリアを積んでいくことで、期間工時代以上の年収にも期待できます。

求人情報の正社員登用ありとあった場合は、その企業の登用実績を確認するのがおすすめです。

登用実績が多い企業であれば、将来正社員として働ける可能性が高まります。

面接時の質問では聞きづらい場合は、人材紹介会社を通じて企業の情報を教えてもらうと良いでしょう。

まとめ

今回は期間工がどのくらい稼げるのか、平均収入や代表的な手当をご紹介しました。

企業によって月収や年収には幅がありますが、期間工の年収は日本の平均年収とほとんど変わりありません。

しかし、工場の派遣会社や一般企業に勤める20代のサラリーマンと比べると、高年収に期待できます。

働く企業ごとに用意している手当・福利厚生は異なるので、求人ごとに募集要項を比較し、稼ぎやすい期間工の求人を探してみてください。

寮費無料で最もおすすめの派遣会社
寮付き派遣会社はたらくヨロコビ

はたらくヨロコビ

「はたらくヨロコビ」は工場系の人材派遣会社のアウトソーシングが運営する求人サイトです。東証プライム市場に上場している大手派遣会社なので、信頼性も抜群。

ご紹介している求人情報にも大手メーカーの仕事が充実しています。

入社祝い金として最大50万円がもらえる仕事もあり!

女性も大募集なので、工場の仕事未経験の人もどんどん応募してみましょう。

お金がなく、住む所や仕事がない方に最も優しい派遣会社です!

・寮および社宅費用無料

寮付きの求人はエアコン・テレビ・電子レンジ・ベッド・冷蔵庫が備え付けになっています。鞄ひとつで引越できるのが魅力。
また、こちらの派遣会社の紹介で入寮できる寮は職場から近くに設けられているため、毎日の通勤も楽ちんです。

・即入寮も可能

今すぐお金が欲しい、住む場所が無いから確保したいという方のために即入寮も可能です。寮費無料のアパートでゆっくり休めます。
もちろん、敷金・礼金・保証金・保証人なども一切不要です。
また赴任旅費を支給してもらえるので、貯金がない方も今すぐ働き始められます。

公式サイトで登録

※登録して面接するだけでギフト券1万円プレゼント!
※来社不要。WEB面談も可能です。