シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

初心者でもできる在宅ワークのデータ入力の仕事内容とは?必要なスキル・資格も解説

在宅ワークのデータ入力は稼げない?

 

在宅ワークには色々な種類がありますが、初心者・年齢・学生・性別問わず誰でもチャレンジしやすいことからデータ入力の仕事は非常に人気です。

最近はクラウドワークスで紹介してもらう人が多いですよね。


しかし、データ入力とはどんな仕事なのか、またどれくらい稼げるのかなど仕事について知らない人も多いでしょう。


そこで今回は、データ入力の仕事内容や給料の相場、さらに仕事をするために必要なもの、おすすめの資格など在宅ワークで始める上で役立つ情報をまとめました。


在宅でのデータ入力の仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

データ入力より人気!一番稼げる在宅バイトはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メールを送るだけの仕事で時給7,000円!新規登録者に8,000円プレゼント中!

 

在宅ワークでのデータ入力の仕事内容とは?

データ入力は、パソコンを使いWordやExcelなどに情報を入力していく作業です。
まずは、具体的にどのような仕事なのか、また向いている人の特徴や在宅ワークで始めるメリットからご紹介しましょう。

【データ入力の仕事は大きく分けて2つ】

一口にデータ入力の仕事といっても、クライアントによって様々な作業があります。
その作業は単純入力とテープ起こしの2つに大きく分けることが可能です。

 

・単純入力
資料やPDFファイル、スキャン画像などから得られる必要な情報を、WordまたはExcelに入力する作業です。
主に顧客情報の入力・売上データやアンケートの入力、名刺、伝票の入力などで求人が募集されています。

 

・テープ起こし
録音された音声を文字へと書き出していく作業です。
主に会議やセミナーの議事録の作成や対案・インタビュー音声から文字を起こすなどの作業を行います。


単純入力とは違い、音声を聞き取って文字を入力する作業なので、集中できるように静かな環境が求められる在宅ワークです。

基本タイピングが必要となる仕事です。


しかし、中にはコピー&ペーストで指定箇所に文字や数字、取得したフリー画像を貼るだけの、基本的にタイピングでの入力を必要としない作業で在宅ワークを募集するケースもあります。

【在宅でデータ入力の仕事をするメリット】

・未経験者やブランクも気軽に始められる
データ入力ではパソコンの操作やタイピングなど基本的なスキルや、指示書のルールに従って作業する力があれば、初心者でもチャレンジできます。


仕事をする上で、絶対に必要な資格も存在しないので、未経験者やブランクがある人にも最適です。


社内でも行える業務ですが、正社員だと入力作業以外に電話対応や受付、事務作業など他の仕事もこなさなければなりません。
しかし、在宅ワークならデータ入力だけの業務でいいという点がメリットです。

 

・自分のペースで仕事ができる
在宅でのデータ入力の仕事は案件が多いです。
また、分量も案件ごとに違うため、自分のライフスタイルに応じて受注できます。


分量を調整しながら受注をすれば、家事や育児で忙しい主婦や日中は仕事または学校に通う社会人・学生も無理なく仕事をこなせます。

【データ入力の仕事が向いている人の特徴】

データ入力の仕事にも向いている人がいれば、あまり向いていない人もいます。
具体的に、どのような人の適性があるのかご紹介しましょう。

 

・地道な作業が好きな人
データ入力の仕事は簡単な分、地道な作業が長時間続きます。
そのため、コツコツと作業を行うことが好きな人は苦に感じないでしょう。
しかし、単純作業に飽きやすく集中力がすぐに切れてしまう人には不向きです。

 

・パソコンの基本操作ができる
作業を行うためには、パソコンの操作ができることが前提です。
タイピングができることはもちろん、WordやExcel、Googleスプレッドシート・ドキュメントなど各種ツールを扱うだけの知識は最低限必要です。


また、クライアントとコミュニケーションをとるために、Skypeやチャットワークなどの連絡ツールを扱わなければならないこともあります。
仕事を受けた時に困らないように、ツールの使い方は確認しておきましょう。

初心者が在宅ワークでデータ入力の仕事を探す方法

在宅ワークとしてデータ入力の仕事を始めるにあたり、まずは仕事を見つけなければなりません。
データ入力を探す方法には、クラウドソーシングと求人サイトの2通りがあります。

 

・クラウドソーシング
クラウドソーシングでは、データ入力業務を求める案件がいくつも出てきます。


在宅向けの案件を取り扱っているクラウドソーシングサイトに登録をすれば、難なく案件は見つかるでしょう。

クラウドソーシングなら面接なしでデータ入力の仕事がもらえます!

 

オススメはクラウドワークス です。


クラウドソーシングを使って求人を探す際は、複数のサイトではなく1つに絞った方が良いです。


なぜなら、クラウドソーシングでは、案件を受けて納品するたびにクライアントから評価される仕組みとなっているからです。


複数のサイトから案件を受注すると評価が分かれてしまうため、企業に実績をアピールできず、仕事につながりにくくなります。

 

・求人サイト
求人サイトでも在宅ワークでデータ入力の仕事を受け付けている会社があります。
主にアルバイト・パートや業務委託という形で仕事を引き受けることになります。


未経験者や主婦向けの求人もあり、一度データ入力の仕事をやってみたいという初心者も探しやすいでしょう

 

・会計事務所の経験者はお仕事紹介サイトで登録

過去に会計事務所や税理士事務所で働いたことがある方は、データ入力や監査サポート業務のお仕事を在宅で紹介してもらえます。

以下のサイトに登録しましょう。

在宅で働きたい方募集中~会計事務所経験者~【ジャスネット在宅スタッフ】

 

データ入力の仕事の大変なところとは?

データ入力は簡単・楽というイメージがありますが、実は大変な部分もあります。

 

・長時間の作業になることもある
在宅ワークでのデータ入力は、時給制ではありません。
1件いくらと単価が付いているので、こなした分量に応じて収入が決まります。


勤務先で何時間働いて1日いくらという形ではないため、データ入力1つで稼ぐには相当の数をこなさなければなりません。


そのため、数をこなすために長時間入力作業を行わなければならないケースも少なくありません。

 

・スピードと正確性が必要
データ入力の作業では、正確性とスピードが重要となってきます。
どの案件にも納期があるので、その納期を守って入力を終わらせなければなりません。


1日にたくさんの量をこなすためにも、早く打てるだけのタイピングスキルが必要です。


また、どんなにスピードがあっても、入力情報にミスがあれば修正が必要になったり、クライアントからの評価が下がったりする場合があります。
正確に入力する力と納品前に念入りなチェックが求められます。

在宅ワークのデータ入力ではどれだけ稼げる?

データ入力の仕事を在宅ワークで始める際、気になるのは収入面でしょう。
どれだけ稼げるのか知ることで、自分がどのくらい仕事をこなせばいいのか目安が見えてきます。
ここからは、在宅ワークのデータ入力でどれだけ稼げるのか、平均単価や収入を上げるコツをご紹介しましょう。

【在宅ワークの仕事の平均単価】

在宅ワークで行うデータ入力は時給制ではなく、こなした量に応じて報酬を受け取れる形となっています。
そのため、1件ごとに単価が設定され、同じ入力作業でも作業内容によって平均単価は変わります。


例えば、与えられたデータをそのまま打ち込む転記のようなデータ入力の場合は、5~10文字で1円~、また入力件数1件あたり10円~50円の単価が多いです。


そのままのデータを入力してまとめていくだけなのでスピード重視の仕事となり、多く打ち込むとその分時給も高くなっていきます。


入力件数に応じた時給なので、短時間に多くのデータ入力を行った分だけ時給に反映されるところが特徴です。
入力前に予めよく使用する言葉や記号などを登録しておくなど、工夫によって入力スピードは変わってきます。
スピード重視で効率よく行うための工夫を考えてみましょう。

【在宅ワークでデータ入力を行う際のポイント】

仕事の内容によって時給が変わってきますが、元々の単価がそれほど高くないので、多くの仕事をしないと時給は高くなりません。
少しでも多くの仕事をこなして収入を多くするためにも、作業のポイントを見ていきましょう。

 

・入力スピードを上げる
在宅ワークで行うデータ入力作業は単価が低いです。
そのため、入力するスピードを上げて1つでも多く仕事をこなせば収入を上げられます。


しかし、入力するスピードを上げるのは簡単ではありません。
地道に作業しながら入力に慣れていくことと、便利なショートカットキーを使用して効率よく入力できるように工夫してみましょう。


最初は慣れなくてもコツコツとデータ入力を進めていくと、徐々に入力スピードやコツを掴んでいきます。
慣れてくると効率よく作業できるようになるので、たくさんの量をこなせるようになります。

 

・計画的な作業を心掛ける
データ入力の仕事を多くこなそうとした場合、複数の仕事を掛け持って進めていくことになります。
複数の仕事を同時に進行する場合、それぞれの仕事の納期が異なってくるため、様々な仕事を管理して計画通りに進めなければ間に合わなくなってしまうでしょう。


順調に仕事をしたいなら、納期のスケジュール管理などを徹底して間に合うように余裕を持って作業しましょう。


パソコンやスマホに表を作って、入力内容や納期を管理すると計画的に作業が行えるようになります。

 

・高収入の案件を見つける
データ入力の仕事には、案件や内容によって報酬が異なります。
データ入力作業の他に構成や図表作成など、複数の内容が加わると収入は高くなりやすいです。
少しでも1つの案件で高い収入を狙いたいなら、データ入力のみではない案件を見つけてみましょう。

 

・休憩を取り、メリハリをつける
在宅ワークでコツコツと仕事をしていると、気が付いたら予定としていた時間を大幅に過ぎてしまうこともあります。


このような場合は間に合わないからといって必死に仕事するのではなく、集中力を高めるために休憩を取ってみましょう。


データ入力の仕事は集中力が必要であり、正確に入力しなければミスしてしまう可能性もあるからです。


正確に効率よくデータ入力していくには適度な休憩を取り入れて、その後の作業を効率よく行えるように気分をリフレッシュしましょう。
時間を決めて定期的に休憩を取ると、気持ちも切り替えやすくなります。

 

要するに早く正確に大量に仕事をこなせる人気のある人は稼げるけど、そうでない人は全然稼げないということです。

在宅ワークで手っ取り早く稼ぎたい人はこちらのお仕事がオススメですよ!

↓ ↓ ↓

今なら登録するだけで8,000円プレゼント中!

www.hakenlist.com

 

データ入力の仕事を始めるために必要なものとは?

データ入力の仕事を始める際には、まず自宅で仕事ができる環境を整える必要があるでしょう。
仕事をするために用意するべきものや、あると便利なものをご紹介します。

 

・パソコン
データ入力の仕事を行う際に必須となるのはパソコンです。
デスクトップパソコンでもノートパソコンでもどちらでも問題ありません。


ただし、ノートパソコンを使う場合は最低限の基準として、ストレージがSSDでメモリが8GB以上あるものを選ぶと良いでしょう。


データ入力は基本的に在宅ワークですが、ノートパソコンを持ち歩けば出先のカフェなどでも隙間時間を利用して仕事ができるのがメリットです。

 

・Wi-Fi環境
データ入力の仕事はインターネットを通じてクライアントから仕事を受けデータを送るため、インターネット環境も必須です。


自宅のWi-Fi環境を整えておくと、快適に仕事ができます。
できれば回線があまり弱くなく、スムーズに通信できるWi-Fiが良いでしょう。

 

・ウイルス・セキュリティー対策ソフト
データ入力では企業の機密データや個人情報に関するデータも扱うため、パソコンにセキュリティー対策ソフトを導入しておく必要があります。


データ漏洩やウイルス感染などのトラブルが起こると仕事に支障をきたしてしまうので、データ入力を始める前に整えておきたいポイントです。

 

・ExcelやWord
データ入力の仕事では主にMicrosoftのExcelやWordを使用する場合が多いです。
ExcelやWordが入っていないパソコンの場合は、これらのソフトウェアも準備しておきましょう。

 

・デスクと椅子
データ入力はデスクワークのため、デスクと椅子も必要になるでしょう。
長時間働く場合は座る時間も自然と長くなり、体への負担がかかってしまいます。
特に腰などへの負担を軽減するためには、専用のゲーミングチェアを用意すると長時間座っていても疲れにくくなります。


また、デスクや椅子は自分の体の高さや位置にあったものを選ぶのがおすすめです。

データ入力の仕事で持っておきたいスキル

在宅ワークの中でも、データ入力は特別な資格やスキルがなくても始めやすい仕事です。
しかし、あると仕事に役立つスキルや持っておきたいスキルももちろんあります。

 

・タイピングスキル
データ入力の仕事は、タイピングが素早く的確にできるかが仕事効率に大きな影響を与えます。
文字量で単価が定められている仕事がほとんどなので、タイピングが速くできればできるほど稼ぎやすくなると言えます。


最初はタイピングが遅い人でも、慣れてくると徐々に速くなってくるので、仕事をしながらスキルをどんどん高めていきましょう。
ブラインドタッチがスムーズにできるレベルを目指すのがおすすめです。

 

・最低限のパソコンスキル
データ入力では専門的なスキルは必要ありませんが、ExcelやWordの作成や保存、入力方法など基本的な使い方はマスターしておくと良いでしょう。
また、パソコンのショートカット機能を一通り覚えておくと、作業効率が上がるので便利です。

 

・スケジュール管理能力
データ入力をはじめとする在宅ワークでは、会社勤めと違い自分で仕事のスケジュールを組み立てて実行することが求められます。
自分が受けた仕事の納品日を常に把握し、期限に間に合うように毎日の仕事量や時間を管理する必要があります。


家にいるとついだらけてしまう人や、スケジュール管理が日頃から苦手な自覚のある人は、手帳やスマートフォンのカレンダーなどを使う習慣を付けるようにすると良いでしょう。

 

・データ管理能力
データ入力の仕事では企業の情報を一時的に受け取るケースも多いですが、情報の守秘義務が必ず課せられます。


家族と共用のパソコンを使用する際は情報を共有しない設定にしたり、外部にデータが漏れないようにしたり注意する必要があります。


パソコンのウイルス・セキュリティー管理など、データ入力には作業以外に最低限のビジネススキルが求められることも覚えておきましょう。

 

・コミュニケーション能力
データ入力の作業自体は基本的に一人で行いますが、企業と仕事の連絡事項についてメールやチャット、電話などでやり取りする必要があります。
実際に面と向かって話さないからこそ、しっかりとしたコミュニケーション能力が求められるでしょう。


在宅ワークは実績を積み重ねると依頼が増えていくので、企業と円滑にコミュニケーションを取れるかどうかは意外にも重要な点になります。


自宅で行う仕事だからと気を抜くことなく、企業からの連絡には迅速な対応を心掛けると好印象です。

データ入力の仕事でおすすめの資格

データ入力の仕事はパソコンスキルやタイピングなどのスキルが必要なので、視覚がないと稼げないと感じる人もいるでしょう。
特別な資格は不要ですが、あれば仕事をする上で有利になるので取っておいて損はありません。


データ入力の仕事に活用できるパソコンやタイピング系の資格は数多くあります。
そこで今回は、数ある資格の中から特におすすめのものをご紹介しましょう。

 

・Word文書処理技能認定試験
文章作成に使われるWordを使って、ビジネス文書を作成できるか問われる試験が「Word文書処理技能認定試験」です。


階級は3つに分かれていて、級によって試験内容が異なります。
3級は実技試験のみを行われ、1級と2級は実技試験に加えて筆記試験があります。
Wordに関する認定試験であるため、試験で使うソフトはマイクロソフト社のWordのみです。


試験内容もWordに関する問題が出題されるので、ソフトを使いこなせているかを確認できます。
マイクロソフトオフィスを使いこなせるかを証明するためのものなので、データ入力だけではなく就職や転職でも自己アピールにつながる資格です。


・Excel表計算処理技能認定試験
Excelを使って、表計算ができるか問われる試験が「Excel表計算技能認定試験」です。
Wordの試験と同様に、級が3つに分かれています。


3級では実技試験のみを、1級と2級では筆記試験と実技試験を行います。
Excelに関する問題が出題されて実際に使いこなせるかワークシートを使って作成するため、Excelが使いこなせているか自分で確認できます。


こちらもマイクロソフトオフィスを使いこなせるという証明をするための試験なので、企業にアピールできる資格です。

 

・日本語ワープロ検定試験
誰もが知るタイピングの資格と言えば、「日本語ワープロ検定」です。
速度と文書作成に分かれていて、それぞれ決められた時間内で文字起こしや表や図形が入った文書を作成していきます。


級が上がるにつれて試験時間が短くなり、合格文字数も多くなります。
入力スピードや精密さが問われる検定なので、スキルアップを狙えるでしょう。


また、クライアント側へパソコンスキルを証明するためのものにもなります。
しかし、高校生でも取得できる民間資格であるため、企業側へのアピール材料にしたい時は最低でも準二級以上が必要です。

 

・キータッチ2000
日本商工会議所が認定している公的資格が「キータッチ2000」です。
階級の設定はなく、幅広い問題が出題されます。


また日本語だけでなく、数字やローマ字などが混ざったものも出題されるようになっています。
出題された文字を追いながら入力することで、ブラインドタッチのレベルアップにつながるでしょう。


そのため、初めてパソコンを使う人や早く入力ができるようになりたい人に向いています。

 

・パソコンスピード認定試験
文章を見ながらタイピングを行い、スピードと正確性を確かめる試験です。
日本語と英語の2種類あり、入力した文字数により級が認定される仕組みです。


階級級の内容は初段から5級まであり、一番上の初段を取得するためにはブラインドタッチと同時に正確さが重要となってきます。
民間資格なので、専門学校や商業高校でも行われています。
そのため、企業のアピールには1級もしくは初段レベルが理想です。


データ入力には正確さとスピードが求められるので、両方のスキルを兼ね備えているスピード検定の資格を取得しておくと仕事がしやすくなります。

 

・パソコン速記検定試験
データ入力の中には、音を聞いて入力する仕事もあります。
その時に役立つ資格が「パソコン速記検定試験」です。


この試験は書面入力や文書作成とは違い、ビジネス会話や説明文を聞いて入力する能力を検定します。
そのため、タイピングの正確さとスピードが問われる試験内容です。


課題1では、ひらがなで入力を2回行います。
課題2の前半12分間はカタカナや漢字に変換して入力をして、後半の8分間で校正を行います。


課題1と課題2の入力文字数を合わせて、各級の合格認定が決まります。
正確さやスピードがどちらも問われる試験です。
音声のデータを書き起こす仕事が多い人にピッタリの資格です。

 

・MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
Excel検定やWord検定とは違い、マイクロソフトオフィスのアプリケーションを全て使いこなせることを証明できる資格です。


マイクロソフトオフィスの基本の使い方やスキルなどを習得できるので、ビジネスにおいて広く活用できる資格です。
データ入力の仕事ではWordとExcelを使うケースが多いので、持っておいて損はない資格と言えます。

 

まとめ

データ入力は資料を元に文字や数字を打ち込んだり、音声を聞いて文字に書き起こしたりする仕事です。
特別な資格やスキルは必要なく、パソコンと入力スキルがあれば未経験者も始めやすいです。


在宅ワークなら子育てや介護などでしばらく仕事をしていないかったブランクの人はもちろん、外で働きにくい主婦やお小遣い稼ぎをしたい学生でもチャレンジできます。


その一方で、データ入力だけで稼ぐには大量の案件をこなさなければならないデメリットがあります。


納期も決まっているので、スピードと正しく情報を打ち込む正確性も必要です。
在宅のデータ入力で稼ぎたい場合は、計画的に作業を遂行するためのスケジュール作成やタイピングスキルの向上を心掛けましょう。


一度で大きな収入を得ることは難しい仕事ですが、地道な積み重ねで信頼を得て、仕事につなげていくことも在宅ワークでは大事です。