その他

物覚えが悪い人に向いている覚えることが少ない仕事やバイトとは

物覚えが悪い男性

物覚えが悪い人はどんなバイトや仕事に就いても、役立たず判定されてクビになることって珍しくないですよね。

本人は真面目で一生懸命なのに、仕事が覚えられなければ続かないのは本当にかわいそう!

そこで、今回は物覚えが悪い人に向いている仕事についてご紹介します。

物覚えが悪い人は仕事をする上で何が問題なのか?

そもそもバイトを探したりする時って、サクッと稼げる仕事を探しますよね。

いろんなことを覚えたりするのは時間がかかるし、正社員なら仕方ありませんがバイトなら頭を使わなくても稼ぎたいというのが誰しも考えるところです。

それなのに、コンビニみたいな覚えることだらけの仕事に就くと大変です。

接客からレジ打ち、品出し、清掃、発注まで商売に関するあらゆる仕事を経験するからです。

将来自営業をやるならやっておいて損はありませんが、こんなに覚えることがあったら短期では稼げないですよね。

だったらカフェとか飲食店だったら物覚えの悪い人でも働けるのでしょうか??

これも無理です。

飲食店も簡単そうに見えて意外と複雑で覚えることがたくさんあります。

接客の基本や、代わる代わるやってくる性格の異なるお客さんに対してうまく対応できるコミュニケーション能力が必要とされます。

メニューに書かれている料理の特徴を覚えたり、お客さんに聞かれた時にスムーズに返答できるくらいの記憶力が必要になったりします。

キッチンを一部任せられることもあると料理の基本も覚えなければなりません。

こんなの物覚えの悪い人には絶対無理な仕事です。

しかし、世の中の人達はイメージがいいからとか、すぐに稼げそうだからということで覚えることがたくさんある仕事に就いてしまいます。

でも、もともと学校でも成績が悪い人は物覚えが悪いですし、覚えることが多いバイトは時間をかけなければ絶対無理なのです。

覚えることが苦手な人の原因

物覚えが悪い人達が努力していないはずはありませんが。

しかし、周りの人と比べて覚えられないということは、何らかの原因があるはずです。

そこで、物覚えが悪い人の仕事の仕方として考えられる理由をいくつか紹介します。

興味が無い仕事をしている

仕事をする上で興味があるかどうかはものすごく重要です。

たとえば、好きでもない女の子に一生懸命アプローチする人なんていませんよね?

また、嫌いな趣味を継続するのも無理ですよね。

人は自分の興味のあることでしか最大限の能力を発揮できません。そのため、稼げそうだとか人気があるからとかで仕事を選ぶと失敗する可能性が高いのです。

しかし、興味のある仕事であれば、その仕事について貪欲に学ぼうとします。

なんなら、休日も仕事のことを考えてワクワクしてしまいます。ワクワクするのでネットで仕事のやり方を調べたり、職場で学んだ仕事の手順を思い出したりします。

こうなると物覚えが悪い状態とは無縁ですよね。

好きだから常に仕事のことを考えているからです。

もし、興味のない仕事をしていると感じている方は、仕事の中に少しでも興味のある部分を見つけるか、そもそも別の会社に転職した方が解決は速いです。

仕事の全体像をわかっていない

会社に入ると大勢の中の一人という位置付けで、いつの間にか歯車のように働いたりしていませんか?

営業なら営業の仕事だけをやって成果を出していればいいと考えるのは大間違いです。

仕事というのは、常に他の職種のスタッフや外部業社などの関係性で成り立っているからです。

木を見て森を見ずという言葉があります。

どんな仕事も他の仕事と繋がっていて、会社全体の利益を生み出している、という意味です。

なぜ物覚えが悪いと言われているかというと、他の人がどんな仕事をしているかが見えていないからです。

他の人の仕事が見えないから自分の仕事の意味合いや、やっている仕事のコツがわからなくなっているのです。

例えば、上司から「急いで13時までに書類をコピーする」仕事があったとします。

物覚えの悪い人は、「急いで13時までに」の部分が頭から抜け落ちて、ただコピーをしようとします。

なぜ抜け落ちるかというと、仕事を頼んだ上司の仕事が見えていないからです。

上司が13時からお客様と打ち合わせに入ることがわかっていれば、急いでコピーしなければならない理由がわかりますよね。

上司の仕事や焦っている様子が想像できるから、「急いで13時までに」が絶対に抜け落ちないのです。

このように仕事は一人ではなく他者との関係で成り立っているため、自分ことだけを考えて仕事をしているうちは物覚えが悪い状態が続きます。

メモを取っていない

記憶力いいからとか面倒だからとメモを取っていない人はいないでしょうか。

優秀だと言われる人を見ていると、なんでもメモを取る習慣が身についています。

優秀な人でさえメモを取って覚えようとしているのに、凡人であるほとんどの人がメモを取らずに仕事を覚えるなんて不可能ですよね?

また、メモを取る効果としては「忘れない」というものの他にもメリットがあります。

メモは手書きで書かれているはずなので、書いた当時の情景などを思い出しやすい効果があります。

ただ単に仕事に手順を覚えるのは大変ですが、指示されたときの情景を思い出すとすぐに頭に入ります。

物覚えが悪い人にとってメモはいいことずくめなのです。

1日の終わりに仕事の振り返りをしていない

仕事が終わると開放感があって、プライベートの時間を満喫したいですよね。

でもちょっと待ってください。

その日に教えてもらった仕事は翌日になるとリセットされてしまい覚えることはできません。

そのため、1日の仕事が終わったら5分でいいので仕事の振り返りをしましょう。

メモを取っているなら、メモをもう一度見返して、仕事の手順を何度か復唱してみましょう。

頭の中だけではなく、声に出してみることで驚くほど記憶という物は定着しやすいです。

また5分の振り返りをしたら、明日の仕事の手順もメモに書き出しておきましょう。

この明日の仕事の手順は明日の朝、仕事を始める前にさっと見返します。

これだけで、その日の仕事にスムーズに入り、物覚えが悪いという状態からは抜け出せるはずです。

覚えることが少ない仕事も世の中にはたくさんある

しかし、世の中には覚えることが極限まで減らされた簡単な仕事もたくさんあります。

代表的なところでは工場の仕事です。

工場の仕事は物覚えが悪い人でもいけます!

工場

工場の仕事の基本は決められた作業を一定のスピードでこなすだけです。

具体的には組立の仕事だと、ベルトコンベアに流れてくる商品に決まった部品を付けるだけ!という仕事を延々とこなすような仕事です。

とにかく、コツコツ、モクモクと仕事ができる人が求められるのです。

何かを提案したり、改善したりみたいなことは求められません。

物覚えが悪い人でも一日中同じ作業の繰り返しをしていれば、十分に活躍できるのです。

まれに、商品が変更になったりすることもありますが、一度変更になった商品はまた延々と同じように作業するだけなので、ほぼ覚える必要がないのです。

そのため、工場の現場に行くとわかりますが、工場で働いている人の多くは勉強が苦手だったり、考えるのが苦手な人達ばかりです。

言われたことだけをモクモクとやるのが得意!という人達の集まりなのです。

工場でこのように物覚えの悪い人達を集めているのにはもう一つ理由があります。

それは、物覚えが良くて、いろいろな改善提案してきたり、作業をもっとよくしようと働きかけるような人がいると仕事が滞るからです。

工場では、とにかく決められた時間に決められた量の商品を完成させるというのがミッションです。

このミッションを成功させるために、ロボットのようにコツコツと働いてくれるアルバイトが最も重宝されるわけです。

ね、物覚えの悪い人でも稼げそうですよね?

あと、最近の工場は清潔できれいな環境で働けるところが多いので、女性スタッフが増えているのも特徴です。

工場の仕事だったら、工場のバイト専門の求人サイトで探すとすぐに見つかります。

以下オススメの派遣会社です↓

e仕事が日本で一番寮付き求人が充実している

日研トータルソーシング

工場製造業求人サイトe仕事

e仕事は製造系の大手派遣会社「日研トータルソーシング」が運営しています。

日研は長年の工場派遣の実績があり応募する人にとっても安心感があります。

おすすめポイントはこちら

全国に登録会場が500ヶ所以上ある!

日払い・週払いが可能!

寮費無料の仕事が充実

求人はたくさんありますが、自分で探すのは大変。

そのため、まずは登録してから担当者に仕事を紹介してもらうといいですよ!

公式サイトで登録

覚えなくても大丈夫!工場の職種別の仕事内容

工場の中にはいろいろな職種があります。中には覚えることが多い仕事もありますが、以下でご紹介する仕事は物覚えが悪い人にも向いていますので、ぜひ挑戦してみてください。

・組立

決められた部品を組み立てるだけ。物覚えが悪くても大丈夫。一つのことを一定のスピードで長時間こなすのが苦じゃない人なら誰でも採用されます。

・検査

完成した製品に傷がないかなどをチェックする仕事です。物覚えが悪いかは関係なくて、一つのことを長時間集中できるかどうかが採用の目安です。

・梱包

完成した商品を箱詰めする仕事です。商品はたいがいいつも同じなので、毎日同じように箱に詰める仕事をひたすら行います。

物覚えがいいかどうかは誰も気にしません。それよりある程度正確で体力があるかどうかが重要です。

・仕分け

梱包された箱を配送場所ごとに配置したり、トラックで入荷してきた別の商品を、決められた場所に運ぶ仕事です。

配置場所が変わったりすると覚える必要がありますが、そういったことはほとんどありません。

それよりも体力があるかどうかの方が採用される目安です。

まとめ

ということで、今回は物覚えが悪い人に向いている仕事についてご紹介しました。

誰もが物覚えがいいわけではなくて、物覚えが悪かったり要領が悪くても活躍している人はたくさんいます。

できるだけ自分の力量にあった仕事を見つけることで、ストレスの無い働き方ができますよ!

特に今日ご紹介した工場の仕事はオススメです。健康で真面目であればだいたい採用されますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

サクッと稼ぐなら簡単な仕事を紹介してくれる派遣会社に登録!

「シール貼り」「加工」「検査」「梱包」など誰でもできる軽作業のバイトに応募するなら、最初は簡単なものから始めるのがオススメです。

特に未経験者や女性の方は、楽に稼げる仕事を紹介してもらった方が絶対安心。

簡単な仕事ならユーザーランキング第1位となった
工場・軽作業の求人サイト【e仕事】を当ブログではオススメしています。

e仕事は大手派遣会社として運営歴が40年以上と長いため信頼性が高く、紹介してもらえる仕事もたくさんあり、しかも全国500ヶ所で募集を行っています。

  • 日払い・週払いOK
  • 寮費無料
  • 正社員保全士の仕事なら研修期間も月給18万円支給


自分でバイトやパートの仕事を探すのは大変なので、とりあえず登録して担当者からお仕事を紹介してもらうのが鉄板です。

>>公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

新規登録者に5000円ナナコポイントをプレゼント中!