工場の転職

製造業の工場勤務に向いている性格・人・能力

製造業イメージ

工場で勤務するって一般の人からするとちょっとハードルが高い感じなのでしょうか。

というのも自分の周りで工場や製造業で働いている人があまりいなくて疑問でした。

でも、工場の求人情報は全国でもたくさん出ていますし、仕事自体はいくらでもあります。

もしかして、自分は製造業向きの性格ではない、と思っている方もいるかもしれませんので、そういう方に製造業に向いているタイプや向き不向きについてご紹介しますね。

食品製造業の工場勤務に向いている性格

食品工場で求められる仕事と言えば、ベルトコンベアに流れてくる製品を検査したり、梱包したりというライン仕事が思い浮かびますよね。

製造された食品のチェックとは、製品にキズがついていないか、割れていないか、規定の数になっているか、パッケージに問題がないかなど、決められたチェックポイントに沿って製品調べる仕事になります。

ベルトコンベアで製品がどんどん流れてきますので、反射神経が良くないとつとまらないかもしれません。

ベルトコンベアのスピードは検査する方に合わせてはくれませんので、流れてくるものをチェックしきれない場合はライン作業がストップして全体に迷惑がかかる場合があるのです。

逆に、ベルトコンベアに流れてくる商品をテキパキとチェックしていくのが得意な方にとってはとてもやりがいのある仕事と言えます。

どちらかというと検査をスポーツ感覚で取り組める方に向いているといえるでしょう。

また、長時間にわたって同じ製品をずっとチェックし続けることを求められるため、途中で飽きてしまう人には向いていないといえます。

逆に、ずっと同じことの繰り返しの方がストレスがなくていいや!という方には食品製造業の仕事は向いています。

食品製造工場の体験談もぜひご覧ください。

 軽作業の製造現場勤務に向いている性格

倉庫や工場の中で比較的楽な作業を行う場合、軽作業と言われています。

仕分け、検品、ピッキング、梱包などの仕事を軽作業と呼ぶことが多いです。

仕分けに向いている性格

仕分けは荷物を選別する作業のことを言います。

封書や段ボールに入った商品を指定の場所から指定の場所まで移動させることが主な仕事となります。

想像していただければわかるかと思いますが、軽い封書やちょっとした小包は長時間作業していたとしてもきっと疲れませんよね。

特に女性でもできるような小包の場合は結構楽な仕事なので、あまり力に自信がない方に向いています。

逆に男性が扱うような大きな荷物を仕分ける場合、結構体力がいります。上から下、右から左に荷物を移動するだけで一苦労の可能性も。。

体力に自信のない方は仕事情報に応募するとき、どんな荷物を扱うかは確認してみてください。

なお、仕分けは様々な荷物がどんどんやってきますので、飽きるということはあまりありません。あくまで合う性格かどうかよりも、体力に自信があるかどうかの方が重要です。

ピッキングに向いている性格

伝票やタブレットに表示された指定の商品を倉庫の棚などから、ピックアップして所定の場所まで移動させる仕事のことをピッキングと呼んでいます。

たとえばamazonの大きな倉庫の中でカートを押しながら、指定の商品を探すような仕事です。だれでも出来る仕事の代表格です。

基本的に立ちっぱなしの仕事のため、足は疲れますが倉庫の中をあちこち移動しながら仕事が出来るのでストレスはあまりありません。

一人で出来る仕事でもあるため、上司は当然いますが常に上司の監視下で仕事をするわけではないからです。

宝探しのようなものなので、遊び心がある人に向いています

ただ、のんびりやっていて良い仕事でもありませんので、そのあたりはテキパキと倉庫の中を移動しながら商品を探し出す能力は必要です。

梱包に向いている性格

ベルトコンベアで流れてきた商品を段ボールの中に詰めていく仕事が梱包です。

商品の中には頑丈なものもあれば繊細なものもあり、なんでもガシガシ詰め込めば良いというものでもありません。

コツをつかめば結構素早く段ボール箱に商品を詰められますが、商品を壊さないように配慮する性格は必要です。

いずれにしても梱包は難しい仕事ではなく、黙々と仕事ができるかどうかの方が重要です。

社交的ではないが黙ってずっと働くのは向いているという無口な方にとっては天国のような仕事ではないでしょうか。

組立の工場勤務に向いている性格

組立は製造業の中でも特に多い仕事で、たとえば自動車工場でシャーシにドアをつけたりミラーを取り付けたりといった一連の作業はすべて組立の仕事となります。

当然ながら自動車工場では重いパーツの取り付け作業が発生しますので、男性が現場で働くことが多くなります。

また、小さな電子部品の製造工場ではプラスチックのパーツに決められた電子部品を組み込んでいくようなライン作業の仕事もありこちらも組立の仕事なります。

こういった座りながら小さなパーツを組み立てる製造工場では主に女性が活躍しています。

いずれの仕事ももの作りが好きな性格の方に向いています

ひとつひとつの部品が設計図を元にひとつにまとめられて、最終的には完成品となるという工程を楽しめる方には楽しい職場です。

また、いずれの作業も細かい部品やパーツの扱いがあり、ただ力仕事が得意なだけでは勤まりません。

手先が器用でスピード感をもって作業にあたれる方が向いています。

ぼーっとしている方には向いていません。

生産管理の工場勤務に向いている性格

製造業の中で司令塔の役目を果たしているのが生産管理の仕事です。

部品の調達や管理、メーカーからの発注管理なども生産管理の仕事となります。

生産状況の把握をしていることから営業部とのやり取りも多く、人と話すことが多い仕事です。

製造全体の流れを見守っている役目を担っています。

生産計画に携わっていますので、製品の全体については理解が深いことが求められます。

また工場で働く人達の人選や確保などの仕事もあり、製造業の現場で活躍するフィールドは非常に広いといえます。

こういった進捗管理の仕事は、頭の回転もよくないとつとまりませんが、それ以上に部署を横断した多くの社員と円滑に仕事を進める柔軟な性格が求められます

自分の部署のことだけを考えるのではなく、会社全体の利益について考慮できる性格の方に向いています。

いきなり未経験の方が生産管理の仕事につくことは難しいのですが、経験を積んでいくことで管理を任せられるようになりますので、製造業の中ではやりがいの大きい仕事と言えます。

マシンオペレーターの工場勤務に向いている性格

マシンオペレーターは製造現場で様々な機械を取り扱う担当者のことをいいます。

扱う機器は工場によってことなりますので、一概にどの機械にどんな性格が合うかということは言えません。

ただ、機械操作は一般的に圧縮や切断や熱処理など危険な作業を伴う場合がありますので、慎重に作業できる方が向いているといえます。

機械操作の際には加工する製品のデータを入力するなど専門知識が求められる場合がありますが、中にはひたすらボタンを押すだけのような簡単な仕事もあります。

こういった仕事の場合は、すぐに飽きてしまいますので危険です。

いずれにしても機械操作は慎重な性格の方が取り組んだ方が良い代表的な仕事といえるでしょう。

検査の仕事に向いている性格

工場で作られた製品は最終的にチェックして、キズがないか、設計どおりできているかなどを検査する必要があります。

半導体などの工場では機械でチェックしますが、もっとアナログな製品の場合はたいがい人間の目で検査します。

たとえば、ガラスレンズ工場の場合、レンズについたキズや汚れを専用のルーペで一枚一枚確認します。

精密な部品であればあるほど検査にかける細かさや時間が多くなってきます。

もっと簡単な場合でいうと、たとえば食品工場などのライン作業では最終製品に包装をしたものがベルトコンベアに流れてきます。

包装の仕方は商品によって様々ですが、たいがいはスーパーに並んでいるようなものですので、ビニール包装がされています。

こういったビニール包装に穴がないか、印刷が適正かなどを目視で確認していきます。最初は慣れないかもしれませんが、次第になれていきます。

ご説明したように検査の仕事は細かく、現場によってはスピーディーにチェックしていく必要もあります。

性格としては根気の要る仕事であることは間違い有りませんが、体力はそれほど使いませんし、コミュニケーション能力も最低限で良いため、製造業では結構人気のある仕事です。

誰だって楽に仕事したいですもんね。

もし、検査の仕事に応募するようでしたら、どんな製品を検査するのかも事前に確認することをオススメします。

それによって、じっくり検査する作業なのか、またはスピーディーに簡易チェックする作業なのかがわかります。

製造業の仕事に応募するなら工場専門派遣会社で間違いなし

オススメはこちら↓

日研トータルソーシング

e仕事は製造系の大手派遣会社「日研トータルソーシング」が運営しています。

日研は長年の工場派遣の実績があり応募する人にとっても安心感があります。

おすすめポイントはこちら

全国に登録会場が500ヶ所以上ある!

日払い・週払いが可能!

寮費無料の仕事が充実

求人はたくさんありますが、自分で探すのは大変。

そのため、まずは登録してから担当者に仕事を紹介してもらうといいですよ!

公式サイトで登録

続いてこちらもおすすめ↓

※オススメの派遣会社のランキングを作りましたので、参考にご覧ください。

www.hakenlist.com

 まとめ

いかがでした?

一言に製造業と言っても様々な職種があって、それに合う性格や能力も異なることがわかっていただけたかと思います。

全体をとおして言えるのは、工場で働く人たちはもくもくと作業できるかが重要だということです。

ただ、いくら製造業に向いているといっても、いきなり自動車工場の組み立てみたいなハードできつい仕事につくのはおすすめしません。

まずは、簡単にかせげる仕事で腕試しをするのが長続きする方法ですよ。

サクッと稼ぐなら簡単な仕事を紹介してくれる派遣会社に登録!

「シール貼り」「加工」「検査」「梱包」など誰でもできる軽作業のバイトに応募するなら、最初は簡単なものから始めるのがオススメです。

特に未経験者や女性の方は、楽に稼げる仕事を紹介してもらった方が絶対安心。

簡単な仕事ならユーザーランキング第1位となった
工場・軽作業の求人サイト【e仕事】を当ブログではオススメしています。

e仕事は大手派遣会社として運営歴が40年以上と長いため信頼性が高く、紹介してもらえる仕事もたくさんあり、しかも全国500ヶ所で募集を行っています。

  • 日払い・週払いOK
  • 寮費無料
  • 正社員保全士の仕事なら研修期間も月給18万円支給


自分でバイトやパートの仕事を探すのは大変なので、とりあえず登録して担当者からお仕事を紹介してもらうのが鉄板です。

>>公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

新規登録者に5000円ナナコポイントをプレゼント中!