上京

就職・転職で地方から東京に上京する人に送る勇気の言葉とメリット

上京イメージ
上京は成長するチャンス

地方から就職や転職で上京することを考えるととてつもない不安におそわれますよね。

悪い人がいるんじゃないか?とか、孤独になるんじゃないかとか、勇気が出ない人も多いのではないでしょうか。

実際東京に来ると悪い人もいるけど、圧倒的にいい人が多くてメリットも多いんですけどね。。

東京に来れば上京はメリットだらけ

実は筆者も30年前に西日本のとある街から上京した田舎者です。

大学への進学で上京したのですが、正直なところ上京にはワクワクと不安が半々でした。

でも東京はメリットだらけのワンダーランドでした。

・メリット(1)テレビで見た風景に自分がいる

これは地方から出てきた田舎者としては一番感慨深いことではないでしょうか。

テレビドラマや映画で見慣れたあの風景の中に自分が存在することです。

当たり前といえばそうですが、地方にいると東京の情報しか入ってきません。

そのため、頭の中は東京の風景ですでにいっぱいになっていると思います。

憧れの女優やさんや俳優さんが立っていたあの場所この場所で自分が生活していることを考えると、それだけで自分がなんか偉くなったような気がするのです。

・メリット(2)すごい能力を持っている人達に会える

地方にもすごい人はいっぱいいます。

しかし、東京にはそれをはるかに上回るすごい人達が集まってきています。

そもそも上京しようと考えている時点で、向上心にあふれている人達の可能性が高いというのが一番の理由。

遊びにしても、勉強にしても、ファッションにしても、とにかく東京にいけば一番の物にふれられる、もしくは自分がそうなるんだと信じてみんなが上京しています。

そのため、すべての人がすごい訳ではありませんが、地方では信じられないくらい上昇志向が高く、かつすごい能力を持っている人達に出会うことが可能です。

・メリット(3)自分と違う考えに寛容な人が多い

地方にいると、特別な考えを持つことさえ禁じられることがあります。

たとえば、「博士になる」といえば地方でもみんなが応援してくれますよね。

しかし、「ナンバーワンホストになる」とか「声優になる」とか言っても、ほとんどの親はいい顔をしないのではないでしょうか。

そこに至るまでの道のりが大変なのも想像できるというのもありますが、何より田舎の価値観では、そういった仕事をたやすく容認できないためというのが大きな理由。

だいたい、田舎にはホストも声優もいません。

目の前にいない職業に対する疑心暗鬼というのは地方の大人達はみんな持っていて、見える物しか信用しません。

しかし、東京には考えられるあらゆる職業があって、それで食べている人達がたくさんいます。

そのため、突拍子もない職業につきたいと宣言しても、特に引き止める人もいません。

むしろ応援してくれる人が多いはずです。

東京は夢を叶えたい人を大きく包んでくれる暖かい場所でもあります。

・メリット(4)美男美女がやたら多い

もしかしたら地方と東京では美男美女がいる確率はそれほど変わらないかもしれません。

しかし街中で見かける美男美女の数は東京が圧倒しています。

やはり人の数の多さというのが一番ですが、もうひとつ理由があります。

それは、美男美女の人達は地方にいるころからチヤホヤされていて、基本的に自信に満ちあふれています。

周りから可愛がられることが多いので、どんな街、どんな職場でもうまくいくという自己優越感が高い傾向にあります。

そのため、田舎に留まっているのがもったいないと思うようになります。

これだけ顔がいいんだから都会にいってしかるべき!と考えるのです。

アイドルが地方から上京したがるのも同じ考えですよね?

自分だったら都会に行ってもやっていけるはず!という自信が彼女たちを突き動かしているのです。

そして、本人の頑張りさえあれば、ブサ面でも美女と付き合える可能性があるのが東京のすごいところです。

出会う人の数が多いので、とにかく数を多く打てばなんとか美女と付き合うことだって不可能ではないのです。

また、お金を稼いで金持ちになれば、もっと可能性は高まります。

昔は振り向いてくれなかったような美女もお金さえあれば振り向いてくれることだってあるのです。

もちろん、性格が悪い美女も混じっていると思いますが、それは仕方ないとして・・

・メリット(5)意外と自然が多い。公園が巨大。

地方にいると東京はコンクリートジャングルだというイメージが強いです。

実際の所、ビルは多くてコンクリートジャングルには間違いありません。

しかし、街を歩くとわかりますが、いたるところに街路樹が植えられて、地方の寂れた街よりずっと緑にあふれているのに気づくと思います。

しかも、都内には巨大な公園が複数あり、それは地方では信じられないような大きさで自然の豊かさを日々感じることも可能です。

もちろん地方のように目の前に山があるという環境ではありません。

それでも、電車で40分もいけば、埼玉や神奈川の方にも山登りができるくらいの自然はたくさんありますし、人口が多い分、そういった山登りできる自然の整備がすすんでいます。

休みの日は山や海に行くという人も多く、むしろ地方にいるときより自然を満喫している人が多いのも都会のスゴイところです。

・メリット(6)文化的施設が豊富

ご存知の通り、東京は美術館やコンサートホールが非常に充実しています。

地方にいると、たまに日展がくるくらいでアートにふれる環境にありませんが、本物の絵に出会えたり、アーティストを間近に見られるのは東京ならではの醍醐味です。

こういった文化的施設にふれられることで何がメリットかというと、本物を見る目が養われることです。

本物を見る目というのは、生きて行くうえでとても大切で、たとえ将来アートの仕事につかないとしても必ず重要になってきます。

というのも、仕事ではレベルの高い人達が作る物作りにふれる機会がたくさんあります。

デザイン、ライティング、建築、コンピュータなど、あらゆる物のなかに芸術の要素という物はあり、仕事をしていく上で何が本物なのかを判断する目が必要になってきます。

たとえば、発注先の業者が作ってきたものを判断したり、営業だったらクライアントに物の良さをアピールしたり、そういう能力は本物を知っている人の方が言葉に真実味がでます。

そういった本物の言葉を語れるようになるのも、こういった文化的施設が充実して、それらに触れることで培われるのです。

・メリット(7)時代のスピードや雰囲気をリアルに感じられる

そして何より重要なのは、上京すれば時代の空気を間近に感じられることです。

時代の空気とは、街行く人のファッションや、人々の話す言葉や、建築物や、究極に言うと東京を覆っている匂いみたいなものでしょうか。

そういう匂いの中に時代のリアルというのは詰まっていて、常にそれらを体感することで、ネットには落ちていない本当の知識や情報を身につけることができます。

今の若い人はスマホですべて情報を集められると考えているかもしれませんが、上京してその空気に触れることでしかわからない情報というものは必ずあります。

悪い人の避け方

デメリットもちょっとだけお話しておきましょう。

上京する上で一番不安なのは悪い人がいるのではないか?ということではないでしょうか。

確かに、地方にいると親や親戚の目があるため悪いことをすること自体が難しいですよね。

しかし東京で一人暮らししていると誰の目もありません。悪い人達は歯止めがきかないので、どんどん悪くなってしまいます。

ただ、普通の生活を送っていて悪人に会う可能性はほとんどゼロに近いです。

もし悪い人を避ける方法を知っておきたいというのであれば、次の点に気をつけましょう。

・友人とお金のやり取りはしない

・消費者金融でお金は借りない

・儲かる話があるという人には近づかない

・宗教の勧誘があったら一人でついていかない

・ギャンブルはしない

東京に限らずどこにいても気をつけたいポイントですが、お金がからむ話には一定数の悪い人が潜んでいると思った方がいいです。

それがたとえ友人であってもです。

一人暮らしでかかる費用がわかっていれば怖い物なし

上京して一人暮らしするのにお金はかかりますが、それがわかっていれば計画が立てられます。

よくないのは、なんとなくお金がかかるような気がして勇気を出して上京しないことです。

・食費:3万円

・洋服代:2万円

・光熱費:1万円

・交際費:2万円

・住居費:4万円

・その他:1万円

合計 13万円

最も多い住居費をなんとか4万円までに抑えれば13万円くらいで一人暮らしすることが可能です。

アルバイトでも毎日働けば18万円くらいはいきますし、正社員なら新卒でも手取り18万円くらいあるので、一人暮らしは楽勝だと思います。

もちろん、もう少し年齢が上で給料が高ければもっと余裕の生活が送れます。

上京する前に転職活動の準備をしておく

とにもかくにも、上京するのが不安な人の最大の問題は、仕事とお金ですよね。

そこで、上京する前から仕事を探す準備をしておきましょう。新卒ですでに就職活動済みの方はスルーしてください。

転職や、職歴がなくてとりあえず東京で仕事を探したいという方にオススメの仕事探しの方法をご紹介します。

まず重要なのは、

ひとりで仕事を探すな

です。

そもそも、東京の地理にうとく、どんな会社があるのかも知らないのに、いきなり転職サイトで仕事を探してもほとんど仕事はみつかりません。

ほとんどが門前払いでしょう。

そこで、上京する多くの人が利用しているのが転職エージェントです。

転職エージェントは一人一人に担当者がつくことから始まります。

都内に転職エージェントは多数ありますが、一番のオススメは何と言ってもリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

ガテン系の仕事は「e仕事」で登録すればお金と寮が手に入る

なお、工場や軽作業の仕事がやりたい人は以下の派遣会社に登録しましょう。

東京にアパート寮があって無料で入れる場合もあります。

また、日払い・週払いがあるためお金にも仕事にも困りません。

e仕事

日研トータルソーシング

e仕事は大手工場専門派遣会社の代表格。

どうせ登録するなら一番に登録しておきましょう。

【オススメポイント】

・登録会場は500ヶ所

・日払い・週払いが可能

・無料寮完備の仕事が充実

公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

絶対寮と仕事を紹介してくれます。

失敗すれば地元に帰ればいいじゃない

成功するまで地元には帰れないという考えって結構ありますよね。

実際のところ、私もそうでした。

何か東京でつかみたい、何者かになりたいというのが若者の衝動でもあり素晴らしい点だと思います。

しかし、それにとらわれる必要はないと感じています。

事実、私も学生時代に上京しましたが、その後一度地元に帰って就職しています。

就職はしましたが、やはり地元では自分のやりたいこともできないし、何より東京でがんばっている友人達がまぶしく見えました。

そのため、もう一度上京することにしました。2度目の上京です。

田舎がダメというわけではありませんが、圧倒的に競争が激しい都会で泣いたり笑ったりしながらもう一度勝負してみようと思ったんです。

勝負をしないで逃げている自分が嫌だったというのもありますが・・

でも勝負して上京して良かったと思っています。

自分なりにいろいろな挑戦もして成長もして、大成功は収められなかったんですが、自分なりに満足できる生き方をしたという自信にあふれています。

上京して失敗したっていいんです。

絶対成功する必要もないです。

でも一番良くないのは、上京したいという気持ちに嘘をついて地元にいることです。

そんな中途半端な気持ちで地元にいても、地元の友人や仕事仲間に迷惑だよね、というのが私の考え。

とにかく中途半端が一番良くないです。

まっすぐ自分を信じて上京しましょう。

メリット・デメリットそれぞれあるかもしれませんが、絶対上京して良かったと思う日が来ると思いますよ!

寮費無料で最もおすすめの派遣会社
寮付き派遣会社はたらくヨロコビ

はたらくヨロコビ

「はたらくヨロコビ」は工場系の人材派遣会社のアウトソーシングが運営する求人サイトです。東証プライム市場に上場している大手派遣会社なので、信頼性も抜群。

ご紹介している求人情報にも大手メーカーの仕事が充実しています。

入社祝い金として最大50万円がもらえる仕事もあり!

女性も大募集なので、工場の仕事未経験の人もどんどん応募してみましょう。

お金がなく、住む所や仕事がない方に最も優しい派遣会社です!

・寮および社宅費用無料

寮付きの求人はエアコン・テレビ・電子レンジ・ベッド・冷蔵庫が備え付けになっています。鞄ひとつで引越できるのが魅力。
また、こちらの派遣会社の紹介で入寮できる寮は職場から近くに設けられているため、毎日の通勤も楽ちんです。

・即入寮も可能

今すぐお金が欲しい、住む場所が無いから確保したいという方のために即入寮も可能です。寮費無料のアパートでゆっくり休めます。
もちろん、敷金・礼金・保証金・保証人なども一切不要です。
また赴任旅費を支給してもらえるので、貯金がない方も今すぐ働き始められます。

>>公式サイトで登録

※登録して面接するだけでギフト券1万円プレゼント!
※来社不要。WEB面談も可能です。