シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

失業保険の認定日当日に求職活動実績が足りないときの対応方法

認定日当日に焦る

失業保険を受け取るために必要となる求職活動実績が当日になって足りないことに気が付くというケースもあります。

認定日を勘違いしている時に多いミスです。

 

求職活動実績が足りないことに気が付いたら、誰もが焦ってしまうでしょう。

 

そこで今回は、失業保険の認定日当日に求職活動実績が足りないときの対応方法について解説していきます。

 

もし、そのような状況になってしまった時に焦らないように求職活動を行っていて、失業保険を受け取ろうと考えているのであれば、ぜひ目を通してみてください。

 

認定日当日に簡単に求職活動実績を作るならインターネットで求人へ応募しよう

認定日当日に即効で求職活動実績が作れる唯一の方法は、

インターネットの求人に応募して活動実績にすることです。

しかも10分もあれば即日で求職活動実績が作れます!

 

詳細はこちらをご覧ください↓

www.hakenlist.com

 

失業保険の認定日当日に求職活動実績が足りないとどうなる?

 失業保険を受け取るためには、求職活動を行ったという実績が必要になります。

もし実績が足りなかった場合、失業保険はどのように対処されるのでしょうか?

 

認定日に求職活動実績が足りなかった場合は、不認定という処分を下されます。

これは、本来支給される予定だった手当が繰り越しとなるのです。

 

つまり、2回目の認定日までの実績が足りないと1回分休みとなり、2回目の手当てが次に繰り越されるということになります。

 

不認定とみなされた分は、減額されることはありません。

 

しかし、失業手当は仕事を辞めた翌日から1年間という定めがあることに注意が必要です。

 

不認定が複数回繰り返されて1年間が経過されたとしても、期間が延びるわけではありません。

その点も失業保険を受け取る際の注意点として覚えておく必要があるでしょう。

 

ハローワークからは何か言われる?

 認定日までに実績が足りなかった場合でも、ハローワークにいった方が良いです。

 

ハローワークのスタッフから何か言われてしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、放置してしまう方が良くない方向に進んでしまう可能性が高いと考えられます。

 

・スタッフからは求職活動していなかったことを指摘される

ハローワークに足を運ぶと求職活動していなかったことを指摘される可能性はかなり高いと言えるでしょう。

 

求職活動をしていなかった理由の中には、応募した会社からの連絡待ちで何もしていなかったというケースもあります。

 

応募した会社からどのくらいで連絡が来るかはっきりしないと次のステップへ進むことも難しくなってしまうため、そのようなケースは実は珍しくありません。

 

しかし、いつまでも連絡が来なかったり、不採用の連絡が来たりすることもないとは言い切れないため、認定日までに活動実績を残すようにハローワークのスタッフからは言われる可能性が高いです。

 

・ハローワークはどのように対応してくれるのか

ハローワークに応募先からの連絡待ちだという事実を伝えると、それを求職活動実績として数えてもらえます。

 

この対応は、ハローワークによって変わることも考えられるため、最寄りのハローワークにそのような状況であることを相談することをおすすめします。

 

手当を受け取れない可能性の方が高いケースではありますが、就職相談と応募で2回分の実績として数えてもらえれば、認定日に間に合わせることができるでしょう。

 

ここで紹介した事例はあくまでも一例です。

 

そのため、全ての状況でこれに当てはまるとは言い切れません。

もし、実績が足りないのであればハローワークに相談し、どうすべきなのか聞くようにしましょう。

 

簡単に求職活動実績を作ることもできる

 求職活動実績は、認定日当日に足りないという状況にならないようにするのか一番です。

しかし、ハローワークに頻繁に足を運べないという人も中にはいるでしょう。

 

そのような人は、少しでも簡単に実績を作りたいと思っているはずです。

最後に、簡単に求職活動実績を作るにはどうすれば良いのかという点についてみていくことにしましょう。

 

自宅からでも求職活動実績は作れますよ!

 

・求人サイトから応募する

求人情報サイトに掲載されている求人に応募するだけで、認定日当日でも求職活動実績として認められます。 

 

応募するなら求人件数が多い大手の求人サイトにしましょう。

 

 

 

これなら自宅からでも認定日当日に求職活動実績を作れます!

 

・ハローワークが行っているセミナーに参加する

ハローワークが行っているセミナーは、多くの求職者が参加しています。

この記事を読んでいる人の中にも、参加した経験があるという人は多いのではないかと考えられます。

 

このセミナーに参加した場合、実績の1回分として数えることができるので、参加しておく価値はあるでしょう。

 

セミナーは1度に複数行われることもあるので、あらかじめセミナーのスケジュールを確認しておくことをおすすめします。

 

中には事前に予約しなければいけないケースもあるため、こまめなチェックが欠かせません。

 

・派遣会社に登録して求人に関する問い合わせをする

派遣会社に登録し、職業相談をすることが実績になると知らない人も多いでしょう。

登録後に求人の問い合わせをすると、それが活動実績として認められるのです。

 

派遣会社の職業相談の中には、電話やメールを活用した問い合わせも含まれ応募をする必要はありません。

 

ただし、応募の可否だけではなく、仕事内容や採用条件などに関する詳しい問い合わせをしなければ実績として認められないので要注意です。

 

ハローワークによっては、考え方が違って認められない可能性も考えられます。

そのため、足を運んでいるハローワークに確認してから登録や相談をした方が良いと言えるでしょう。

 

派遣会社であれば、全国どこにでもあるようなリクルートのような大手の派遣会社が登録して相談するのに適しています。なぜなら求人をたくさんもっているからです。

 

 

・資格試験を受ける

資格試験も実は実績の1つとして認められています。

 

仕事をしていない状態だと受験料などの支払うのは気が引けるかもしれませんし、実績作りのためだけに受験をするのはどうかと思ってしまう人も中にはいるでしょう。

 

しかし、再就職に役立ちそうな資格試験を受けておけば、将来的に役立つ可能性もあります。

 

特に、TOEICのようにスコアを採用基準の1つに挙げている会社が多い資格もあります。

そのような資格の中で、就職後に役立ちそうなものがあれば受けてみるのも良いでしょう。

 

資格試験を受けた場合、合否やスコアは関係なく実績として数えることができます。

そのため、万が一不合格になってしまったり、スコアが思うように伸びなかったりしても問題はありません。

 

 まとめ

失業保険を受け取るためには、認定日までに実績を残しておかなければいけません。

しかしここで紹介したような理由から実績がないというケースも考えられます。

 

そうなった場合、支給が繰り越しになってしまうので注意が必要だと言えるでしょう。

足りないという状況を回避するためには、計画的にセミナーの受講や資格試験の受験などをしておくことをおすすめします。

 

そうすることで、認定日当日に慌てる必要もなくなりますよ!