シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

面接を辞退しても求職活動実績になるの?

面接

 失業保険を受け取るには、求職活動実績を残し認定してもらう必要があります。

 

たとえば、ハローワークが行っている雇用保険受給説明会や就職相談、セミナー、資格試験の受験、職業訓練校の応募、求人サイトへの応募などが実績になります。

 

また失業保険を受け取れるのは、就職をしたいという気持ちを持っていて積極的に活動を行っている、働くことができて今すぐにでも就職が可能な状態である、仕事を探しているにも関わらず見つけるまでに時間がかかっているといった条件に当てはまる人という定めもあります。

 

求職活動実績は必ず残しておかなければいけないのですが、万が一面接を辞退してしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

今回は、面接辞退による影響について解説していきましょう。

 

面接を辞退でも求職活動実績として残すことはできる!

 ハローワークに相談し、面接の約束を取り付けてもらうことは求職活動をしている中でよくあることです。

 

面接も実績に含まれるのですが、何らかの事情で受けることができない状況になったら、実績として数えられるのか気になるという人はすくなくないはずです。

 

そこでまずは、面接を断ったとしても実績として残すことはできるという点から解説していきます。

 

・ハローワークの職業相談が実績になるから

ハローワークで転職先を探す就職相談は、実績に含まれます。

相談をした場合は、失業認定申告書の中にある求職活動という項目に職業相談と記入しておきましょう。

 

そして、仕事をスタッフから紹介してもらった場合は、さらにもう1回実績をプラスすることができます。

 

つまり、相談から紹介までしてもらうと2回分の実績を残せるということになるのです。

 

・応募するだけで実績になるから

求人を出している会社に応募した段階で、それが1回分の実績として数えられるのです。

応募したのであれば、失業認定申告書の中にある求職活動以外で応募の欄に記入することで実績として届け出ができるようになります。

 

なお、ハローワークの紹介以外にも求人サイトへの応募などで求職活動実績はカンタンに作れます。参考までに下記の記事もご覧ください。

www.hakenlist.com

 

面接辞退をするなら適切な方法で申し出よう

 ハローワークから仕事を紹介してもらったにも関わらず面接辞退したいと思うことはありますよね。

 

面接を辞退した場合であっても、求職活動しているという実績に残せる可能性もあるのですが、場合によっては認められないこともあるのでそれを踏まえた上で辞めることを検討しなければいけません。

 

続いては、万が一活動実績に残らないとしても面接辞退したいと思った場合にどうすればいいのか解説していきます。

 

・面接を辞する場合の連絡先

ハローワークから仕事を紹介してもらったのであれば、ハローワークの窓口に連絡をしなければいけません。

連絡は電話でも大丈夫です。

 

また、既に応募をしている場合や面接の日時が決まっている場合、面接が終了して結果を待っている場合は、応募した会社への連絡も忘れずにするようにしましょう。

 

ただし、会社への連絡はハローワークのスタッフに連絡をすべきか否か、確認してからにすることをおすすめします。

場合によっては、ハローワークから連絡をしてもらえることもあるからです。

 

・理由を聞かれた時の対応

ハローワークに面接辞退の連絡をして理由を聞かれたら、土日休みもしくは平日休みの仕事の方がいいと思うようになった、残業なしの会社を受けたい、通勤距離が遠いように感じた、他の求人が気になるから考え直したいといった理由を答えるのがおすすめです。

 

ハローワークのスタッフは、そのような連絡を何度も受けているので、対応にも慣れています。

 

そのため、それ以上詳しい理由を聞かれることはまずないと思って良いでしょう。

応募していた会社に連絡をして理由を聞かれたら、

 

・他の会社での採用が決まった、

・仕事内容がやはり合わないと感じた、

・家庭の都合で勤務が難しくなってしまった

 

といった理由を答えるケースが多いです。

 

・連絡をせずに面接を辞するとどうなってしまうのか

面接辞退を検討した時に、連絡をしたくないと思ってしまうものです。

 

しかし、連絡をせずに辞することになってしまうと、ハローワークにも連絡が行くので注意しなければいけません。

そうなるとハローワークから注意されてしまうことも考えられます。

 

そのため、辞退するならハローワークと応募先の双方に必ず連絡をしなければいけないことは重要なポイントになるでしょう。

  

求職活動したという実績を残す際に知っておくべき注意点

 失業保険を受け取るために必要となる活動したという実績を残す際に知っておいた方が良い注意点がいくつかあります。

最後に、その注意点についてみていきましょう。

 

・失業保険の認定申告をする際に嘘を書いてはいけない

これは当たり前のことですが、失業保険の認定申告をする際に嘘を書いてはいけません。

活動実績を残すことが難しかった場合、嘘でもいいから書いておけばいいという心理が働いてしまう可能性もあるかもしれません。

 

しかし、嘘をついて受給することになったらそれは悪質な行為とみなされてしまうので要注意です。

ウソをついたことがバレてしまうと、失業保険を受け取れなくなることもないとは言い切れません。

 

ただ受け取れなくなってしまうだけではなく、給付金の3倍の金額を返金しなければいけなくなってしまうのです。

このことから、求職活動したという実績はごまかすことなく記載しなければいけないということが分かるでしょう。

 

・失業保険を受給している間のボランティアなどの届け出をしなければいけない

失業保険を受給している間のボランティアなどの届け出をしなければいけないという点も、知っておくべき注意点の1つです。

 

失業保険を受給している最中に、ボランティアや手伝いをやってはいけないというわけではありません。

 

しかし、きちんと届け出をしておかないと不正受給だと見なされてしまう可能性があります。

特に、謝礼を受け取るようなボランティアの場合は、不正に受給していると思われてしまうことが考えられるので忘れずに届け出るようにしましょう。

 

何らかの形で収入を得た場合は、基本手当日額の減額や支給日の先送りといった対応が取られます。

 

・面接辞退のリスクを知っておく

面接辞退は、絶対にしてはいけないというわけではありません。

 

しかし、求人サイトなどから応募した会社の面接をした場合には、実績が無効になってしまう可能性があります。

 

例えば、身内の不幸や自身の体調不良、自然災害など特別な事情があるのであれば、辞退をすることになったとしても問題視されることはないでしょう。

 

辞退するのであれば、前述したようにハローワークや会社に対して丁寧な対応をする必要もあります。

 

そのような事情がないにも関わらず辞することになると、活動したという実績がそもそものこせなくなってしまうことが考えられるので注意しなければいけません。

 

失業保険を受け取るためには、実績を残しておかなければいけないのです。

 

しかし、これらの注意点を知っておかないとせっかくの実績が無効になってしまうこともあるので、念頭に置いておくようにしましょう。

 

まとめ

求職活動をしている中で、面接を辞退しなければいけない状況になってしまうこともあるでしょう。

 

面接を受けておくと求職活動の実績になりますが、辞退すると理由によっては無効になってしまう可能性があるので注意しなければいけません。

 

もし、辞退をしたいと思ったらハローワークに相談してみることをおすすめします。

 

そして、面接を辞するのであれば適切な方法で申し出るようにすると不正だと思われてしまうリスクは非常に低くなるでしょう。

 

きちんと失業保険を受け取れるようにするためにも、嘘の報告をしないようにしましょう。

正しく報告していれば、問題視されることもありませんし、適切なアドバイスももらえます。