シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

【副業を始めたい方必見!】副業の始め方やメリット・デメリットをご紹介!

本業と副業

 

副業を始めてみたいと思う方は、少なからずいるでしょう。


しかしその中には、始め方が分からないと思っている方も多いはずです。
副業と一言で表しても、様々なものがあります。
始める際には、メリットやデメリットがあるのも事実です。


そこで今回は、副業を始める上でのメリットやデメリット副業を始める前に知っておきたい副業の始め方、注意点などをご紹介します。


副業を始めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

副業を始めるメリットとは?

副業を始める前に、メリットを知っておきましょう。
副業を始めるメリットは、5つあります。
ここでは、そのメリットについてご紹介します。

 

・収入を増やせる

副業を始めるメリットの1つ目は、本業以外に収入を増やせることです。
副業で収入を増やせば、娯楽や貯蓄に使えます。


また副業を始めて収入源を分散させることで、本業の収入が絶たれた場合のリスクを減らせるでしょう。


しかし、自分が行う副業の種類や労力によっては稼ぎが変わります。
時給制の副業であれば費やした時間が収入になりますが、中にはそうでないものもあるので注意が必要です。

 

・スキルを磨ける

2つ目は、新しいスキルを身に付けたり今のスキルを磨けたりすることです。


副業を本業と同じ仕事内容にすることで、本業のスキルを活かしながら働けます。
副業でスキルを活用することで、効率的に副業を行えます。
さらに本業のスキルアップも期待できるでしょう。


また本業と異なる仕事内容にすると、新しいスキルを習得できます。
本業でプログラミングをしている人は、新しくデザインや接客などのスキルを身に付けると良いかもしれません。
副業でスキルを身に付けて、独立する方も多いです。


さらに経営スキルを磨けるのも、大きなメリットです。
副業の種類にもよりますが、お金に関する知識は最低限必要になります。


副業を行って経営スキルを磨くことで、独立も目指せます。
独立を目指す人は、早めに副業で経営スキルを身に付けておくと良いでしょう。

 

・人脈を広げられる

3つ目は、人脈を広げられることです。
働く場所を本業に限定してしまうと、人脈を広げるチャンスは少なくなります。


特に本業と関連しない業界の人と知り合う機会は、とても少ないです。
しかし本業とは異なる副業をすることで、本業ではチャンスがなかった人脈を広げられる可能性があります。


主に人脈を広げられる副業は、教室の先生や営業などでしょう。
教室の先生であれば、本業の仕事を活かせられるかもしれません。
スキルを磨くこともできるので、一石二鳥です。

 

・好きな時に好きだけ働ける

4つ目は、好きな時に好きなだけ働けることです。
本業の場合は勤務時間など、細かく決められている場合が多いです。


しかし副業はスキマワークとも言われていて、自分の時間を有効活用できます。
副業を行っている人の中には、本業と限定せずに複数の職業を短時間で掛け持ちしている方もいます。


自分の都合に合わせて働けるのは、嬉しいポイントでしょう。

 

・自分の才能を再発見できる

5つ目は、自分の才能を新たに発見できる点です。
副業を通して今まで気付けなかった自分の才能を新しく再発見できる可能性があります。


副業で稼いでいる芸能人がいるように、才能を新しく発見できれば稼げるでしょう。
本業の仕事をしていて、自分の能力を発揮できていない方は副業で才能開拓を行うのも良いかもしれません。

 

副業にはデメリットもある!

副業には、メリットがあると同時にデメリットもあります。
メリットばかりに見える副業のデメリットとは、一体どんな部分なのでしょうか?
ここでは、副業のデメリットについてご紹介します。

 

・体力的・精神的に圧迫されてしまう

副業とは本業に加えて別の仕事をするので、体力的・精神的に圧迫されてしまうことが大きなデメリットでしょう。


短い時間の仕事でも、本業と並行することになるので、決して楽ではありません。
また仕事量が増えるため、休日が減る点もデメリットとして挙げられます。
休日が減ってしまうと、自分のプライベートが取れなくなってしまいます。


その結果、体を壊したり娯楽の時間に当てられなくなったりする可能性が高いです。
さらに時間や気を取られすぎると、本業に悪影響を及ぼすこともあります。


副業を始める場合は、プライベートな時間と本業を考慮すると良いでしょう。


・税金の管理が大変

副業を始めると収入が増えた分、所得税の負担が増えます。


会社では源泉徴収した所得税を、年末に過不足がないか調整する年末調整を行います。
しかし副業を行うことは所得が増えることになるので、個人で所得税を払うために確定申告をする必要があるのです。


年末調整でも不足分の所得税を差し引けますが、会社によっては副業を禁止している場合があります。


本業の会社にばれないためには、個人で確定申告をしなければなりません。
特に副業の所得額が年間20万円を超える場合は、確定申告が必要になることを覚えておきましょう。

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください。

www.hakenlist.com

 

・収入が出るまでに期間を要する副業もある

副業には、様々な種類があります。
その中で、収入が出るまでに期間が必要になる副業もあるのです。


特にハンドメイドの販売やイラスト作品に関しては、初期費用が必要になります。
こうした初期費用が必要な副業に関しては、最初から収入があるとは限りません。


続けていくことで収入が増えていくようになるものが大半のため、最初から稼げるか分からないことを覚えておきましょう。


しかしアルバイトなど時給制で働く場合は、働く時間に応じて最初から収入があります。
手っ取り早く稼ぎたいという方は、スーパーやコンビニでアルバイトをすると良いかもしれません。


副業を始める上で大きなデメリットになるのが、税金などのお金に関する問題でしょう。
副業を始める場合は、必ずしもお金に関する問題は付きものです。


特に所得税の問題は副業をする上で必ず付いてくるものなので、覚えておきましょう。
他にも副業に力を入れすぎて、本業がおろそかになってしまう可能性もあります。


その結果、本業とのトラブルになる可能性もあるでしょう。
そのため、本業の会社で決められている副業に関するルールを確認しておくと安心です。

 

副業の始め方とは?

副業に対してのメリットやデメリットを理解した上で、今後副業を検討する人や今すぐにでも始めたいと思う人もいるでしょう。


厚労省の取り決めでもモデル就業規則の中に副業や兼業の記述があり、推奨している企業も増えてきました。


しかし、副業を始めたいと考えていても始め方や方法を知らない人も多いでしょう。
自分に適して副業を始めるには、どのような手順で進めていくと良いのでしょうか?
副業を始めるポイントをご紹介します。


【副業を始めるポイント】

・どれくらいの空き時間があるかを確認する

副業を始める前に、副業にどれくらいの時間がかけられるのかを確認してみましょう。


副業は空いている時間に行うものであり、本業に支障が出てしまうと副業として成り立ちません。


会社員の場合は就業時間や休日が決まっているため、始業前や就業後、休日などを副業のために活用しやすいでしょう。
主婦の場合は、家事や子育ての間の時間を副業に活用できますが、毎日同じ時間を副業に使えない場合もあります。


このような場合は1週間にどれくらいの時間が使えるかを平均で計算して、空き時間を確保できるようにしてみましょう。


・目標を明確にする

副業は本業の他に、プライベートな時間を削って行います。
そのため、どのような目的で副業を行っているのか目標をしっかりと持つと続けやすくなります。


忙しすぎてしまうと目標を見失しないがちになりますが、明確な目標を持って再確認しながら行うとやる気も出てくるでしょう。


また目標も副業の成果が感じられるものだと、モチベーション維持にも繋がります。
何のために取り組むのか、副業をしてどうなりたいのかなどをはっきりとさせておきましょう。


・会社の就業規則を確認する

副業を検討する前に、本業である会社の就業規則を確認しましょう。
現在は副業を許可している会社も多くなってきましたが、全ての会社で許可している訳ではありません。


また副業の内容によって許可される場合もあります。
会社の就業規則を確認して、許可されているのか、業種によって許可されるのかを確認してから始めましょう。


もし就業規則に違反した場合、解雇や減給などの対象になる可能性もあります。
どちらも頑張りたいのなら、会社の就業規則を最初に確認しておくと安心です。


・家族と話し合う

副業を検討している場合、プライベートな時間が少なくなってしまうため、家族に負担や迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。


ライフスタイルの変化を家族に理解してもらうためにも、副業を始める前に家族と話し合っておくのがおすすめです。
家族と話し合って副業を選ぶことも大切なので、話し合っておくと協力も得やすいでしょう。


・副業を選ぶ

副業といっても様々な内容のものがありますが、特定の時間労働で報酬を得るものと、成果が報酬になるものがあります。
特定の時間労働で報酬を得るものは、働いた分だけ収入が得られます。


成果が報酬になるものはハンドメイドやネットビジネス、投資などが対象です。
働いた分だけ収入になる副業は、一定の市場価値×働いた時間で収入が決まり、一般的なアルバイトと同じ扱いとなってしまうため、収入は簡単に増えません。


売れた分が収入となる副業は、商品などが売れないと収入がなく、売り方などの工夫も必要です。


一定の収入が欲しいなら特定の時間労働、キャリアや実力を報酬にしたいのなら成果は報酬になる副業がおすすめなので、結果から副業を選んでみましょう。

 

副業を始める時の注意点

魅力的な副業であっても、注意したいポイントがあります。
副業を始める前に、以下の注意点を確認しておきましょう。


【副業を始める際の注意点】

 

・本業に影響が出ないようにする

副業はあくまで副業であり、本業をメインとして働くことが前提です。
副業を始めて本業に支障が出てしまうと、会社から副業を制限される可能性もあります。
本業で最大限の力を出して両立できる自信がなければ、副業を変えたり控えたりするのが望ましいでしょう。
本業に支障が出ないように時間や副業の内容、業務などを見直し、余裕が生まれるように調節するのがベストです。


・確定申告を忘れない

副業を行うと収入が増えるため、所得税の金額も変わってきます。
会社に勤めている場合、所得税は給与天引きが基本で年末調整の際に精算されます。
しかし、副業の場合は会社で行う年末調整の計算に含まれないため、確定申告で収入を申告しておくと安心です。


年間20万円以上で確定申告が必要ですが、2ヶ月以上副業として雇用される場合は副業先に年末調整が不要であることを伝えておきましょう。


副業先で引かれた税金も確定申告によって調整される場合があります。
正しい収入を申告して見合った税金を納めるためにも、確定申告を行いましょう。


・短時間で稼げるという言葉を信じない

副業の場合、いかに効率よく収入が得られるかを重視して選ぶ人もいます。
また、副業先では副業したいという心理を利用して「簡単に儲かる」や「短時間で高収入」といった言葉を並べて魅力的にみせるものもあります。


副業に興味があり、何をしようか迷っている場合、安易に短時間で高収入などの魅力的な言葉に惑わされず、無理なく継続しやすい副業を選ぶようにしましょう。


・副業は隠さない

副業を始める場合、最初に勤めている会社に申告する必要があります。


しかし会社の就業規則で認められていない場合、副業を隠して行うのは控えましょう。
会社が副業を許可していないのには理由があるだけでなく、隠して行った場合は解雇されるケースもあります。


解雇にならなくても、副業を行っていることで本業を手抜きにしていると言われたり、人間関係が悪化したりする可能性もあります。


副業を隠してトラブルになる前に、副業をする理由や支障が出ないことをきちんと説明し、会社にも協力してもらえるように伝えましょう。

 

詳しくはこちらの記事が参考になります。

www.hakenlist.com

まとめ

副業は簡単に行えるものではなく、本業に関係する副業を行うと大きなメリットになりますが、私生活に支障が出たり体力的に厳しい面があったりします。


また安易に副業を始めてしまうと、後悔することもあるでしょう。
継続して収入を得たいなら副業選びからきちんと行い、副業における注意点を確認してから始めましょう。


所得税の増額も視野に入れ、目標達成までを明確に意識すると自分に合った副業が見つかるでしょう。