シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

日研トータルソーシングの期間工ってどんな働き方?選考会とは?

期間工

 

 期間工の紹介会社としていくつもの大手企業がありますが、今日はその中でも日研トータルソーシングについてご紹介します。

 

日研トータルソーシングの期間工は、期間満了後も正社員に登用される確率が高いと言われているため、当ブログでも一番おすすめしています。 

 

期間工ってそもそも何だ?

 期間工はあらかじめ決まった期間を決めて働く期間従業員のことです。

企業によっては期間契約社員などとも言ったりします。つまりTOYOTAなどの企業側に直接雇用されるわけです。

 

働く場所は、自動車メーカーだけではありません。

電子機器工場や食品工場などでも期間工は募集されています。

 

しかし一番稼げるのは自動車工場と言われています。

とにかく期間工はお給料もいいし慰労金も出るのでお金目当てで働いている方がほとんだと思ってください。

 

工場では、誰でもできる簡単な組立や検査などのお仕事をすることになります。

 

ちなみに期間工は男性のイメージがありますが、女性でも採用される職場はありますので、気になる方は日研トータルソーシングに登録してからお気軽に質問してください。 

 

日研トータルソーシングを通して期間工になるとお得

日研トータルソーシング

※日研トータルソーシングは各種アンケートでも軒並み満足度が高い

 

期間工になるためには、何も必ず日研トータルソーシングを通す必要はありません。

自動車メーカーの募集を見て直接応募する方もいます。

 

ただ、日研トータルソーシングを通して応募するメリットがたくさんあるので、実際には多くの期間工志望者が日研トータルソーシングにまず登録してから期間工になるのが現実です。

 

メリット1 入社祝い金が上乗せされる

普通企業に直接応募して入社すると入社祝い金としてお給料の他に10万円とか20万円がプレゼントされます。

それだけでもうれしいですが、日研トータルソーシングを通して企業の期間工になるとさらに10万円(最大15万円)が追加されます

 

この追加の祝い金がおいしいので、日研トータルソーシングを通して期間工になる方が有利なのです。

 

メリット2 期間工に採用されるコツを日研トータルソーシングが教えてくれる

企業に直接応募して採用面接を受けることも可能ですが、その場合は結構ハードルが高いです。

 

というのも、企業側も毎日たくさんの期間工の面接をしているため、できるだけ活躍してくれそうな方だけを取りたいと考えます。

そのため、企業ごとに採用基準があって、その基準を満たしていない方は採用されません。

 

そういった裏事情を知らないとやみくもに企業に応募して撃沈することになりますよね。

 

そのため日研トータルソーシングのような紹介会社が間に入っているのです。

日研トータルソーシングはこれまで期間従業員を11,000名送り込んでいる実績があります。

 

これだけ実績があるのは、どの自動車メーカーがどんな人物を採用したがっているかがわかるからです。

 

これから期間工になろうと考えている方、特に未経験の方はについては日研トータルソーシングを通して企業に入社した方がメリットがかなり大きいということです。

 

日研トータルソーシングから期間工になる流れ

 さて、日研トータルソーシングに登録して期間工になる流れですが、これは他の人材会社と特に変わりはありません。

 

①日研トータルソーシングに登録する

期間工への応募は日研トータルソーシングが運営する「e仕事」というサイトから可能です。

特定の希望メーカーがある場合は、サイト上で探して応募します。

 

なお、特に希望メーカーがない場合や、期間工についてよくわからないという方は、とりあえず日研トータルソーシングに登録して、面談に来る際にいろいろ説明を受けると良いと思います。

 

その場でいろいろな企業を紹介してもらえますよ。

 

日研トータルソーシングに登録

※こちらから登録すると担当者から連絡がありますのでお待ちください。

 

②面談に参加する

担当者から連絡があったら、お近くの日研トータルソーシングまでご来社ください。

 

田舎だからダメ?

そんなことはありません!

日研トータルソーシングは全国に拠点が166ヶ所あると言われています。

 

ということは、1県に3つの登録場所があるということです。

そのため、地方の方でも気軽に来社できる環境があるのが大きなメリットと言えます。

 

面談ではカウンセリングを行います。

これまでのお仕事の経験をお聞きして何ができるのか何ができなかを明確にします。

 

また、日研トータルソーシングがどのような立場で企業を紹介しているかという仕組みについてもご説明して、納得していただきます。

 

その他、簡単なスキルチェックもありますが、これは中学レベルの内容なのでこれで落とされるということはありません。

 

③企業の紹介

 カウンセリングでひととおり説明したところで、企業の紹介に移ります。

 

TOYOTAの期間工を募集しているとか、マツダの期間工は今は募集していないとか、現状の求人募集の状況を具体的に説明します。

 

なお、企業によっては受かりやすい企業とそうでない企業があります。

以前期間工をやったことがある方は比較的採用されやすいですし、また年齢が若い方も採用される可能性が高くなります。

 

もちろん、中高年の方でも採用されるお仕事はありますのでご安心ください。

 

④企業の選考会に参加する

 日研トータルソーシングから紹介してもらう企業が決まったら、あらかじめ決められた日時に企業の選考会というのに参加します。

 

選考会でどんなことを聞かれるのかとか、必要な書類は日研トータルソーシングが事前に準備してレクチャーしますのでご安心ください。

 

なお、企業によっては日研トータルソーシングの社員が同行してくれるので気が楽だと思いますよ。

 

⑤企業から内定がある

 選考会から1週間くらいで内定の連絡があります。

内定後は就業までの準備に入ります。

 

ここでも日研トータルソーシングが必要な物や書類などをすべて教えてくれるので、心配することはありません。

 

⑥お仕事スタート!

 晴れて合格した企業で期間工として働き始めます。

  

日研から紹介できる自動車メーカー

期間工募集

日研トータルソーシングでご紹介できる期間工の一部です。

6ヶ月で230万円とか見ると今すぐ応募してみたくなりますよね。

特にお金に困っている方は!

 

特にTOYOTA系列の仕事なら職場環境も福利厚生もきちんとしているので応募したくなります。

 

こちらの画像は最新版ですが、募集内容や金額は常に変動していますので、登録後にご確認ください。

 

未経験者は絶対日研トータルソーシングを通した方がいい

 ということで、今回は日研トータルソーシングから期間工になる方法やメリットについてお伝えしました。

 

期間工は現在どのメーカーでも不足気味で、採用されやすい状態にあります。

景気が悪くなると採用されずらくなるため、期間工になるなら今がチャンスかもしれません。

 

今回ご紹介したように日研トータルソーシングを通して期間工になると、お金の面でも採用の可能性が上がるという面でもかなりメリットが大きくなります。

 

特に期間工未経験という方は、絶対日研トータルソーシングのような人材会社に登録して職場を紹介してもらった方がいいですよ!