シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

アウトソーシングの面接に落ちた。不採用の原因とは。

ユーザーが選んだ寮費無料の人気派遣会社ランキングNO.1

大手派遣会社が運営している安心感から、工場製造業求人サイト【e仕事】が当ブログのユーザーでは最も支持されています。

10月末まで新規登録者に2,000円分のnanacoカードプレゼント中!!

面接に落ちた

 

アウトソーシングは「はたらくヨロコビ」という求人サイトを運営している大手派遣会社です。

 

特に製造業の派遣に強く、業界ではかなり老舗の部類。

派遣会社はたくさんありますが信用できる部類だと思います。しかも最近は人手不足で猫の手も借りたいはず。

 

しかし、アウトソーシングの面接を受けたのに不採用になったという方もたまにいるようです。

 

なぜなのか、その理由をご紹介します。

 

アウトソーシングに落ちた原因

アウトソーシングは女性向けの仕事もありますが、基本的には男性向けの求人が多い派遣会社です。

 

というのも、アウトソーシングのお客さんの多くは自動車メーカーやその関連会社だからです。

 

こういった自動車の組立に関する仕事は結構体力的にハードなので男性しかできません。

 

ただし、中には簡単な仕事や軽作業の仕事も混じっているので、そういう仕事であれば体力はそれほど問われなかったりします。

 

こういった事情があり、アウトソーシングとしての必要な人材像は次のような感じとなります。

 

・男性

・健康で体力があれば嬉しい

・コミュニケーション能力

 

こんな感じ。

当たり前のようなことばかりですよね。

でも、工場の組立の仕事なのにコミュニケーション能力が必要かよ?

と思う方もいますよね。

 

いや、これが採用されるポイントとしてはとても重要なのです。

 

コミュニケーション能力に問題があった

先ほど、アウトソーシングで募集している求人は自動車メーカーの仕事が多いとお話しました。

 

その自動車関連の仕事の中でも3つの仕事に別れます。

 

①工場でアウトソーシングの派遣社員として働く

②工場でアウトソーシング正社員として働く

③工場で自動車メーカーの期間工として働く

 

みんな同じように見えますがかなり異なります。

 

まず①の派遣社員として働くですが、

これはわかりやすいですよね。

アウトソーシングの派遣社員として、指定された工場に派遣されるパターンです。

工場に限らず事務職でも派遣で来ている人は同じです。

 

仕事の指示は工場の社員から受けますが、所属はあくまでアウトソーシングとなり、給料などもアウトソーシングから支払われます。

 

指示されたことだけ文句言わずにきちっとやっておけばOKな立場です。

 

つづいて

②の正社員として働く。

こちらも所属はアウトソーシングの正社員という立場です。

派遣と違うのは長期雇用が約束されていることと、年収が450万円以上になる点です。

 

また、正社員という立場のため、派遣社員に指示を出したり、問題を解決したりといった能力が求められます。

 

さらにアウトソーシングは、お客様である自動車工場の中に自社のチームを送り込んでひとつの製造工程をすべて請け負うという仕事をしています。

 

要するに、人材の管理もするし、制作物のクオリティ管理もします!という手厚いサービスをやっているわけです。

 

逆に言うと、お客様の中にがっつり食い込んで仕事をしているため、失敗は許されません。

またクライアントであるお客様とお話する機会も多いため、正社員になるスタッフにはコミュニケーション能力が必ず必要となるのです。

 

最後に③の期間工として働くです。

期間工はアウトソーシングの社員ではありません。

自動車メーカーと雇用契約を結んで契約で決められた期間内に働く人達のことです。

こういった期間内従業員をアウトソーシングが集めて、自動車メーカーに紹介することで紹介料をもらっているのです。

 

そのため、自動車メーカーの基準で採用が決まる場合があり、自動車メーカーにアウトソーシングが推薦できないような問題点があれば紹介してもらえません。

 

このようにアウトソーシングの採用にもいくつかのパターンがあり、それぞれに採用基準があるのです。

 

ただ、一貫しているのは、正社員や期間工のようにお客さんと直接話をしたり問題解決にあたるスタッフは求めるレベルが高くなるということです。

 

特にコミュニケーション能力は重要で、面接でアウトソーシングを落ちた人というのは、コミュ障だった可能性があります。

 

ただ、コミュ障でも派遣社員だったら採用されることもあるので、自分がどの仕事に応募したかが重要になるのです。

 

見た目に問題があった

このようにアウトソーシングはお客様である自動車工場にスタッフを紹介することを前提で面接をやっています。

 

そうなると、先ほどのコミュニケーション能力に加えて見た目がとても重要になってくるというわけです。

 

たとえば、見えるところにタトウがあるとか。

風貌がヤンキー風とか。

 

これらの人達は普通でも友達になりたくないですよ。

それが仕事となったら余計に重要になります。

 

タトウは必ず消してから面接を受ける必要がありますし、

ヤンキー風の人は髪を黒く染めるとか人に対する礼儀や言葉遣いをきちんとするとか、そういうのがめちゃくちゃ大事です。

 

工場の仕事と言えどもビジネスなので、見た目がとっても重要なのです。

 

釣り求人だった

これは考えたくないのですが、私も派遣業界に20年以上足をつっこんでいるので必ず釣り求人というのはあるものです。

 

釣り求人というのは実際には募集していないけど、人を集めるためにあえて求人情報に掲載している仕事です。

 

アウトソーシングはこういった釣り求人をやっていないと思いますが、他の派遣会社ではかなりの確率で釣り求人があります。

 

また、釣り求人ではないとしても応募した後に別の人が採用された場合なども、面接を受けても落ちる場合があります。

 

その際はアウトソーシング側が別のお仕事を提案してくれるので、素直にそちらを受けた方がいいというのが私の考えです。

 

もちろん気に入らなければ断ればいいですが、仕事って始めてからはじめて評価されていくものですので、その入り口でためらいすぎるのはどうかなと思っています。

 

私はアウトソーシング側の人間ではありませんが、特に若い頃は苦労した方が将来のためになるという考えです。

 

工場の派遣会社はいくらでもある

自動車メーカーの仕事を紹介してくれる会社は実はくさるほどあります。

もしアウトソーシングにこだわっているのであれば仕方ありませんが、そうでもなければ他の大手派遣会社にもどんどん応募してみましょう。

 

派遣会社の面接って相性も結構あるので、たまたまアウトソーシングの担当者と合わなかったというケースもあるはずです。

 

なので工場の仕事を諦めないでほしいです。

また自動車工場の仕事はそもそもハード過ぎるので、私としてはもっと軽い製品を扱う楽な工場で働いたほうがいいように思います。

 

その分ちょっとお給料は少ないかもしれませんが、自動車工場で身体を壊すよりも心身ともに健康に働けると思いますよ。

 

ちなみに、以下でご説明しているのが簡単なお仕事をメインで紹介してくれる大手の派遣会社です。

女性や中高年にもできる楽なお仕事を紹介してくれます。

 

工場の仕事に興味がある方は、ぜひ登録しておきましょう。

 

e仕事の日研トータルソーシングなら採用される!

e仕事

 e仕事は製造系の大手派遣会社「日研トータルソーシング」が運営しています。

日研は39年の営業実績があり応募する人にとっても安心感があります

 

ここを見ずして工場の仕事は語れません!

 アウトソーシングが不採用になった方もきっと採用されるはず。

 

e仕事は全国の製造業、軽作業などの求人情報を扱っていて全国に支店があります。

 

なんと、全国に166ヶ所も営業所があり、登録会場は500ヶ所もあります。

これは日本一の数かもしれません。

 

お給料を早くほしい人のために、日払い・週払いが可能となっています。

 

その他、寮費無料の仕事が充実していて、遠方の方でも引っ越ししてすぐに働くことができます。 ぜひ問い合わせてみてください。

 

さらに、研修期間中も月給18万円支給されるため、今すぐお金がほしい方にも絶対メリットが多い派遣会社だと思います。

 

いろいろな派遣会社で登録したくなりますが、迷ったときは、まずはe仕事で登録してみてください。

 

求人はたくさんありますが、自分で探すのは大変です。

そのため、まずは登録してから担当者に仕事を紹介してもらうといいですよ!

 

公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。