シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

生活できない一人暮らしのフリーター貧乏人が貧困から抜け出す方法

貧乏フリーター

生活できないほどの貧困家庭にもいろいろありますが、一番貧乏になりやすいのが一人暮らしでフリーターをやっているパターンだと思います。

 

もちろんフリーターでも正社員なみに年収400万円以上あるなら心配ありません。

しかし多くのフリーターの年収は軒並み200万円以下ですよね。

 

200万円くらいではいくら労働しても一生貧乏から抜け出すことはできません。

夢があってフリーターをしているかもしれませんが、お金がなければ夢も叶えられません。

 

実際私も20代の頃はフリーターでかなり貧乏しましたが、そこから抜け出しました。

そういった体験から貧困から抜け出す方法についてご紹介しますね。

 

一人暮らしのフリーター貧乏はいつか人生が詰む

そもそもがフリーターがダメなわけではありません。

 

「一人暮らしのフリーター」が一生貧乏なままなのです。

 

実家にいればお金を使うことがありませんよね。だから実家住まいのフリーターは問題ありません。

 

しかし一人暮らしのフリーターは毎月必ず家賃を払う必要があります。

 

いやいや、家賃くらい払えるよ!というフリーターの方も多いかもしれません。

私も実際そんな風に軽く考えていました。

 

月給15万円くらいあれば一人だし余裕で暮らせるって。。

今ではバカとしか言いようがありませんが若い頃は勢いだけで生きていたので将来設計がまるでありませんでした。

 

一人暮らしのフリーターは家賃以外にも光熱費やスマホ代も確実にかかりますよね。

 

そして恐ろしいのが2年に一度請求されるアパートの更新費用です。

意外とこれが痛い。

貯金なんか全然ないのに家賃一ヶ月分が問答無用で引き落とされます。

 

そのうち20代も後半になってくるとまともな生活をしている友人達は結婚しだします。

結婚式に呼ばれると1回に3万円ご祝儀を要求されますよね。

これがまた痛い。

 

私は若い頃、このご祝儀さえ払えないほど困窮していたため、友人にゴメンして2万円にまけてもらいました。

 

それってかなり情けない話ですよね。

 

20代後半にもなればまともな社会人だと年収400万円くらいもらっていてもおかしくありません。

 

彼らからすると3万円ぽっち払えないの?

哀れにしか見えません。

 

そして予期せぬ時に襲ってくるのが病気です。

なにも大きな病気ではなくても、普段予定していない出費はなかなか払うことができません。

 

そもそもフリーターは食生活がめちゃくちゃなので栄養状態がよくありません。

すぐに風邪を引いたり熱を出したりして、薬局で薬を買ってみては出費し、治らなくて病院にかかって出費しの繰り返しです。

 

今の時代お金をできるだけかけずに生活する方法はたくさんありませすが、今でもこれらの出費はじわりとフリーターのクビをしめていきます。

 

・家賃

・アパートの更新費

・冠婚葬祭費

・突然の病気

・国民年金

 

これらは誰にでも発生する出費のため、一人暮らしのフリーターは特に注意する必要があります。

 

こういった出費を重ねていても普通の社会人は出費を上回る給料が入ってくるのでなんてことはありません。

 

しかし、フリーターの最大の問題点はギリギリの生活費しか稼げないことです。

ぎりぎりの生活費しか稼げないから当然貯金はできません。

 

貯金は将来をバラ色にする原資なので、そのお金がないということは将来が真っ暗だということなのです。

 

貧困から抜け出す方法は「固定費の削減と給料のアップ」

こうした貧乏な一人暮らしのフリーターがやるべきことはとにかく固定費を削減することです。

 

私がオススメしているのは、

今の仕事をやめて派遣会社が提供してくれる無料の寮に入ることです。

 

それだけでそれまで毎月払っていた家賃5万円くらいが手元に残りますよね。

まさに突然お金持ちになったようなものです。

 

一人暮らしのフリーターの問題点は、安すぎる給料の仕事に甘んじていることです。

 

私も時給1000円くらいのカフェでアルバイトしていましたが、月給は12万円ほどでした。

 

それで生きられるわけない!

 

日本で普通の人と同じような生活をするためには、絶対的に月給は手取りで18万円以上が必要です。

 

家賃が無料で手取りが18万円あれば、貧困から抜け出すどころかお金持ちになることだって夢ではありません。

 

今すぐ月給18万円が支給される仕事はこのあとご紹介します。

 

お金はお金を呼ぶ

さて、お金がある人と貧乏な人の違いはなんでしょうか?

 

なんだよそれ?って感じでしょうか。

 

なぞなぞみたいですが、

お金がある人はお金を持っているからお金持ちなのです。

 

たとえば生まれながらにお金持ちの人は、だいたい大人になってからもお金持ちですよね?

 

それってなぜだかわかりますか?

まず、お金がたくさんあるので生活費にいくらお金をかけても貯金が減らないのです。

 

毎月生活費に50万円くらいかけている人もたくさんいますが、貯金が5億円あれば死ぬまでお金が残り続けます。

 

お金持ちの人達はそういう考え方です。

 

さらに、お金持ちの人達は頭を使うのが得意なので、持っている貯金を株で殖やしたり、土地に投資したりしてさらに増やします。

5億円あれば十分だったのにいつのまにか10億円くらいをあっと言う間に稼いでしまいます。

 

資産家の人が死んだらすごいお金が残っていたなんて話はよくありますが、稼ぎすぎて使えないほどお金をもっているからです。

 

お金がお金を呼ぶというのはこういうことです。

 

なにも貯金を5億円つくる必要はありません。

生活費が15万円かかるならせめて30万円給料があれば、一生余裕で暮らしていけます。

 

貧乏なフリーターが目指すのはそこです。

そして普通の会社勤めをしている人達が目指しているのもこのレベルです。

 

生活費をできるだけ15万円くらいに抑える。

そしてそれを上回る30万円の給料を毎月もらう。

 

貧困から抜け出すためには、これだけなんです。

 

お金が人を呼び恋愛もうまくいく

このようにお金がお金を呼んでくると、不思議なことに人を呼び寄せることも可能です。

 

なんかオカルトちっくですが理由は簡単。

 

まず、お金があれば人の集まる場所(お金のかかる場所)に行きますよね。

そこで出会いが生まれます。

 

そしてお金があればファッションにお金をかけられますよね。

そこで人は引きつけられます。

 

多くの人は、人は見た目では無いといいますが、それは絶対嘘です。

世の中は見た目がすべてと言っても過言ではないというのが私の考え。

 

一度、大企業が入るオフィスビルの前に行ってみてください。

そこに出入りする男女の見た目が整っていること、来ている物にお金がかかっていることはすぐにわかります。

 

有名私立大学も同じです。

校門の前でちょっと立っていると、こういった大学の学生がいかにきちんとした格好をしているか、顔かたちが整っているかがよくわかると思います。

 

彼らは子供の頃から歯を矯正してもらったり、高い洋服を買ってもらったりして磨かれています。

それは親が見た目が人生を変えることをよくわかっているからです。

 

若くてフリーターの頃は見た目なんて関係ない!

なんて私も考えていましたが今思うと本当に世間が見えていない小さい人間だったなと恥ずかしくなります。

 

それくらいお金は重要。

そしてお金があれば人も呼び寄せ、異性を引きつけることも可能なのです。

 

貯金のできるフリーターになることが先決

ということで、まずは生活費を上回る給料を稼げるフリーターになることが先決です。

いきなり正社員を狙えるならそれでもOKですが、普通は難しい。

 

まずは派遣やバイトでも構わないので、給料が良い職場、そしてアパートを無料で貸してくれる派遣会社に登録しましょう。

 

派遣会社ならアパートは無料で仕事も紹介してもらえる

 

日本は今空前の人手不足というのはご存知ですよね?製造業の仕事は景気が良くて物がどんどん売れています。

そのため、工場で働く人が不足して困っている状態です。

 

工場は派遣会社から人を採用してどんどん人を増やしていますが、全然間に合わない。。

 

特にトヨタやホンダや三菱といった大手の自動車工場なんかは人手不足が深刻になっています。

 

そのため、派遣会社はもっと人を集めるために派遣社員の待遇に力をいれています。

 

それが次のような好待遇になっています。

 

・大手製造業への仕事の紹介

・寮費無料のアパート提供

・遠方の方のための赴任費提供

・入社祝い金の大盤振る舞い(50万円も有り)

・無料の研修

・希望者は正社員にどんどん採用

 

すごくないですか。

 

仕事もアパートも無料で手に入って、後は働くだけなら、手元のお金がほとんどなくてもやり直すことができます。

 

まさに貧困から脱出する簡単な方法です。

 

入社祝い金がもらえるところなら、すぐにでも貯金ができるという仕組みなのです。

 

こういった寮費無料のアパートを提供する派遣会社には、男性だけではなく女性やシニアの人も殺到している状態。

 

人手不足は深刻なので、普通はほとんどの人が仕事を紹介してもらえます。

 

中でも一番おすすめの派遣会社は、

「日本一入寮環境が充実している派遣会社」として認定されているe仕事の日研トータルソーシングです。↓

 

工場で働くなら絶対この派遣会社に登録しよう!

工場の仕事で働くなら高時給の仕事を大量に扱っている「e仕事」が有名です。

フリーターでも大丈夫!

仕事と寮を紹介してくれます。

 

e仕事

 

工場製造業求人サイト【e仕事】

 

e仕事は製造系の大手派遣会社「日研トータルソーシング」が運営しています。日研は39年の営業実績があり応募する人にとっても安心感があります。

 

まさに業界のパイオニア!

ここを見ずして製造や軽作業の仕事は語れません!

 

全国の製造業、軽作業などの求人情報を扱っていて全国に支店があります。

 

なんと、全国に166ヶ所も営業所があり、登録会場は500ヶ所もあります。

これは日本一の数かもしれません。

 

お給料を早くほしい人のために、日払い・週払いが可能となっています。

 

また、住む場所がない方や遠方の工場に通う方には寮費無料のアパート寮を提供してくれます。

アパートには家電や家具、寝具などもすでに用意されているので、鞄一つで住み始めることが可能です。

 

さらに、無料で研修がうけられる上に、

研修期間中も月給18万円が支払われます!

 

いろいろな派遣会社で登録したくなりますが、迷ったときは、まずはe仕事で仕事を探してみてください。

 

>>公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

※絶対に仕事と寮を紹介してくれます。

 

日研トータルソーシング

現在入社特典で最大80万円進呈中で、これは大手自動車工場のお仕事なんかを希望した方だけになりますが、気になる方は挑戦してみてください。

 

>>公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

※絶対に仕事と寮を紹介してくれます。

 

貧乏でも一瞬で貧困から脱出できる

貧乏から抜け出すのはとても大変みたいな風潮が世の中にはありますが、それはまともな生活をしている人達が勝手に考えていることです。

 

実際には、今回ご紹介したようなアパートが無料になる仕事につけば翌月から貧困からはすぐに抜け出すことができます。

 

ただ、派遣会社の仕事は今お住まいの近くにあるとは限りません。

仕事のために遠方の工場へ派遣されることもあるため、住む場所が変わってしまうということもあります。

 

しかし、こういった派遣会社で働けばすぐにお金が手に入るので2,3年働いたら一度辞めて別の仕事に就くなり、正社員の仕事を探すなりということも簡単です。

 

なにしろ、2,3年も働けば普通貯金が200万円くらいは貯まります。

貯金があれば仕事探しを慌てる必要もありませんし、じっくりと将来のことも考えれます。

 

一度フリーターが貧困に陥ると気持ちがふさぎこんでしまい、なかなか抜け出すことはできません。(私の経験から)

 

それでも日本で生活している限り仕事はいくらでもあるということを知っていただきたいと思います。

 

特に若ければ若いほど貧困からの脱出は簡単なので、ぜひ今回ご紹介したような派遣会社に登録してお話だけでも聞いてみることをオススメします!