シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

上京したら人生が変わった

ユーザーが選んだ寮費無料の人気派遣会社ランキングNO.1

大手派遣会社が運営している安心感から、工場製造業求人サイト【e仕事】が当ブログのユーザーでは最も支持されています。

10月末まで新規登録者に2,000円分のnanacoカードプレゼント中!!

人生は変えられる

 

このブログを読んでいる人達が知りたいのは、上京したら人生が変わるのかどうかってことですよね。

 

だって、なんの保証もないのに上京するなんて不安しかありませんから。

 

でも、上京したら人生が変わるとかってそんなことは当たり前なんです。

だって、地方に住んでいるときの何倍もの刺激とチャンスが背中を押してくれるから。

 

あとは、そのチャンスに乗るか乗らないかだけだと思うのです。

 

上京して人生が変わったの俺だ

ちなみに私も地方から上京して人生が変わった一人。

 

何をもって変わったかは人それぞれなのですが、

私は地方にいたころは年収200万円程の契約社員でした。

 

それが上京して様々な会社で転職を重ねることで、現在は年収1000万円程になっています。

 

地方にいた頃はイベントや広告制作の会社のいたのですが、ほとんどアルバイト扱いでした。

当然ながら将来に対する希望も持てず、結婚なんて夢のまた夢でした。

 

将来に対する不安が大きくなったのは、年収が低いこともさることながら、転職先となる企業がほとんどないことです。

 

普通年収を上げるためには、スキルを上げると同時に転職を重ねる必要があります。

でも地方ではそれが不可能です。

会社自体がないんだから。。

 

スキルも身につかない、年収も上がらない。

 

これだと地方にいても絶望しかありません。

 

私は27歳の時に上京しました。

最初は小さな出版社に潜り込みました。

何のスキルも無いのに人手不足だったせいかすぐに採用。年収はいきなり300万円にアップしました。

 

その後3年ほど出版社で働き、小さなIT企業に転職しました。

東京では小さな会社とはいえ、ものすごい売上を持っていたり社員に高年収を保証する会社がゴロゴロしています。

 

自分が採用された会社もそんな企業でした。

年収はいきなり450万円になりました。31歳の時です。

もちろん大企業に勤めている友人からするとこの年収はかなり低いのかもしれません。

 

でも、自分のように何のスキルもなかった地方出身者が20代後半に上京して、年収を簡単に上げられたのは、ちょうどいい転職先がたくさんあったからです。

 

その後、会社の成長とともに年収もアップして、最終的には35歳で550万円になりました。

 

そして35歳の時にそれまでの経験や人脈を活かして独立することになりました。

2年程で年収は1000万円になりました。

 

27歳:200万円

28歳:300万円

31歳:450万円

35歳:550万円

37歳:1,000万円

 

これが地方にいたままだったらどうだったろう?といまよく考えます。

たぶん今でも年収350万円くらいだと思います。

 

上京してたくさんあるチャンスの中から気にいったものを掴んで、かつ努力していただけで年収はぐんぐん上がっていったのです。

 

まさに上京して人生が変わったの俺です。

 

年収の話だけしましたが、上京してから10年ほどの間には本当にたくさんの人に会ってすごい刺激を受けました。

 

 

地方では出会わなかったようなITの知識をもった友人、ものすごいハングリーな経営者、様々な職種で活躍するいろんな人に影響されて毎日自分が成長しているのを実感しました。

 

もちろん、そういう人達と話ができるように自分も努力して変わっていく必要があったのですが。

 

とにかく、田舎にいた頃の自分が相当ぼーっとしていたことに気づかされました。

 

お金の面でも、人の面でも人生を変えるような出会いがゴロゴロしているのが東京なのです。

 

上京なんて大したことじゃないから始める

散歩

ちなみに上京を考えている人の多くはいろいろなデメリットを考えて上京を断念しますよね。

 

・東京は怖い

・東京で一人暮らしは寂しい

・お金がないから上京できない

 

何もやらない人達はデメリットをどんどん考えついてやらない理由を作るが好きです。

 

昔の自分もそうだったかもしれません。

でも、上京なんて大したことじゃないんですよ。

 

上京してみてわかることは、ものすごいスゴイ人もいれば、ものすごいダメな人もいて人間のるつぼだということ。

 

案外自分はできる人間なんだってわかるのが東京でもあります。

 

あと、上京して街が合わないと思ったら地元に帰る人達も結構多いです。

上京したり地元に帰ったりを繰り返している人もいたりします。

 

そういう人の中では上京に対するハードルがめちゃくちゃ低くて、東京に行くのは合宿しにいくくらいの感覚。

 

なので、上京上京と構えて、東京に行かないのは本当もったいないと思いますよ。

 

たかが東京ですよ。

 

上京に反対する人は上京のメリットもデメリットも知らない

あと、上京しようとしすると親や友達が反対する場合もあります。

 

気をつけたいのは、その人が本当に心配しているのか、それともあなたのチャンスを奪おうとしているかです。

 

私が考えるに、親だろうが何だろうが、他人の未来を予測することは誰にもできないということです。

 

上京を反対する人の多くは、上京したこともなかったり、上京したことによるメリットもデメリットも体感していない人達なのではないかなと思うのです。

 

もし自分が上京して人生が変わった経験があれば上京を賛成してくれますよね?

 

上京を反対されているという時点で、その人達は上京のなんたるかを知らないということです。

 

親や家族が反対して転職のための上京をさせてくれない時の説得方法

 

東京は人々の欲が最も集約されている街だからエネルギーがある

上京して人生が変わる可能性が高い理由の一つとして次のようなことが考えられます。

 

・お金に対する欲を持った人が多い

・仕事に対する欲を持った人が多い

・異性に対する欲を持った人が多い

 

こういった欲を持った人達というのは、周りの環境をどんどん良くしようと改善を重ねる熱を持っています。

 

こういった欲というか熱というのは、社会を変えていく原動力になるのでとても重要なのですが、日本人はこういった欲に対してちょっと悪いイメージがあります。

 

しかし、経済が良くなってみんなの生活が良くなるというのは、結局この欲のエネルギーがあるかどうかにかかっているのです。

 

欲がなければ何もしなくていいや、と考えますよね。

 

お年寄りの家の中がだんだん汚れてきたり痛んでくるのは、欲がないからです。

老い先短いと思えば新しいことをやろうと考えません。

 

地方にいるとちょっとそれに似た感覚があります。

もちろん、地方の中にもどんどん経済をよくしようという人はたくさんいますが、大多数の人達は欲が足りない。

 

「これでいいや」と思っているように見えるのです。(私見です)

 

そんな場所にいていくら自分だけががんばっても人生は変えられないですよね?

 

そのため、手っ取り早く人生を変えたいなら上京することが一番の方法だと私は思うのです。

 

まとめ

いかがでした?

今日は上京して人生が変わった自分の経験を交えてお話しました。

 

私自身が上京して人生が変わったので、これから上京をする予定の方にもぜひ早く東京に来てほしいなと思いながら書きました。

 

ただ、上京するからには仕事を探す必要があります。

仕事がなければ人生を変えることもできないですもんね。

 

まだ仕事を見つけていない方、上京してから転職する方法についてはこちらの記事をご覧ください。

上京して転職するための流れを解説する

 

東京で人生を変えるような出会いがあることを祈って!