シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

地方からの上京組が転職で失敗してしまう原因

ユーザーが選んだ寮費無料の人気派遣会社ランキングNO.1

大手派遣会社が運営している安心感から、e仕事が当ブログのユーザーでは最も支持されています。

9月末まで新規登録者に2,000円分のnanacoカードプレゼント中!!

失敗して頭を抱える

 

今年も多くの若者が就職のために東京に来ますよね。

 

ただ、仕事が決まっている上での上京であれば問題ないのですが、何も決めずに上京するとたいがい失敗します。

これは私の経験でもそうだったので断言できます。

 

そういった体験談も含めながら、計画のない上京が失敗する理由についてご紹介します。

 

上京転職に失敗する理由

上京してから転職に失敗する人達にはだいた共通点があります。

基本的には「無計画」ということなのですが、そのあたりをまとめて説明します。

 

①上京前に何の仕事をするか決めていない

まず最初に一番失敗しやすいのが、「何の仕事をやるか決めていない」ケースです。

 

そんなことがあるのか?と思われるかもしれませんが、これが結構あります。

 

というのも上京が憧れになっていて、仕事と結びついていない方が多いからです。

 

「東京は仕事がたくさんあるから簡単に転職できる」

「東京に行けばなんとかなる」

 

こんな風に考えている人はやばいです。

 

確かに東京は仕事がたくさんあって人手不足もあって、以前よりずっと転職しやすいです。

 

でも、私もこのタイプだったのですが具体的にやりたい仕事がない人は、地図を持たずにジャングルで戦うみたいなものです

 

そんなの無理ゲーですよね。。

 

やりたい仕事が決まっていれば、どんな風に仕事を探すか、どこに住むか、といったことがおのずと見えてきます。

 

やりたい仕事が決まっていないとなぜ転職で失敗しやすいかというと、どこかで必ずつまらない妥協をするからです。

 

東京で一人暮らしをはじめて、仕事がなかなか決まらないと、そのうち雇ってくれるならどこでもいいや!という考えに陥ります。

 

そうなるとやりたくない仕事や業種に転職することになって、最悪誰も入りたがらないようなブラック企業につかまることになってしまいます。

 

転職で上京するときに考えておきたい東京で働きたい理由

 

また、やりたい仕事が決まっていると、どの街で暮らしていけばいいかが何となくわかってきます。

 

たとえばIT企業だったら六本木や渋谷に集まっているので、その街に通いやすい路線でアパートを探します。

 

ちなみに東京はかなり広いです。

都心から離れればアパートの家賃も安くなって若者には住みやすいかもしれません。

 

でも、絶対に郊外に住んではいけません。

東京でも郊外には仕事がないですし、結局働く場所は都心になるため、電車通勤が苦しくなります。

 

転職活動をするにもいちいち電車賃がかかるため、しだいに都心から足が遠のいてしまいます。

 

私の場合もそうでした。

都心から足が遠のくと転職が億劫になります。

 

転職した後のことも考えて、絶対に東京23区内にアパートを借りることをオススメします。

 

②上京してからの仕事の探し方を理解していない

ちなみに上京してから転職活動をする人ってどういう方法を考えているのでしょうか。

 

  • 転職サイトで自分で探す。
  • ハローワークで探す。

 

こんな感じでしょうか。

たしかに転職サイトで仕事を探すのは悪くないですし、必ずチェックはした方がいいです。

 

ただし、転職サイトでやりたい仕事を見つけたとして応募したとしますが、それで必ず面接までいけると思ったら大間違いです。

 

だいたいあなたがやりたい仕事は他の人もやりたいと思ってください。

特に東京には仕事が多いですが、それ以上に仕事をやりたい人も多いです。

 

人気のある仕事はあっと言う間に優秀な応募者が集まって、面接にもたどり着けません。

 

ちなみに、私も人気のある職種に転職しようと転職サイトで50社ほど履歴書を送りましたが、面接してもらえたのはたった1社でした!

 

面接さえしてもらえないのは、東京の一人暮らしでは相当地獄です。

相談する人もいないし、田舎に帰ろうかなと何度思ったか。

 

転職に失敗する人は転職を自分の力でなんとかしようとしますが、その考え方がまず間違っています。

 

上京して転職を考えている人がうまくいくためには、このあとご紹介する転職エージェントを頼る方法しかありません。

 

③転職先が見つかるまでの資金を用意していない

このように自力で仕事を見つけようとすると時間がかかります。

 

転職サイトで応募して、失敗してを繰り返しているうちにいつの間にか1年経っていたなんてことも珍しくありません。

 

実際のところ、私も上京してから転職先が決まるまでに半年以上かかりました。

 

その間、お金について考えたことありますか?

 

東京で一人暮らしをするとなると、最低でも毎月13万円はかかります。

だれも知り合いがいないなら交際費がかからないので、最悪10万円でも行けるかもしれません。

 

それでも、6ヶ月間仕事が決まらなかった場合、60万円かかりますよね。

その前アパートを借りるときに2,30万円は使っているはずなので、相当厳しいです。

 

貯金が相当なければ、転職活動をするためにお金を稼ぐみたいなそんな感じになってしまいます。

 

そのうち、転職よりアルバイト先の仕事の方が忙しくなって、当初いだいていた上京への憧れもなくなり、まじめに転職活動をしなくなります。

 

はい、それ私のことです。

 

人間はお金がなくなると、理想もなくなります。

 

こうして上京したはいいが、転職活動で失敗して田舎に帰る若者が少なくありません。

 

そのため、お金がいくらかかるかきっちり考えてから上京すること。

 

なお、お金が無いなら上京前に転職先をある程度決めることも可能です。

それも後ほど紹介する転職エージェントを利用すれば可能です。

 

④東京はすごいと勝手に萎縮してしまう

地方に住んでいると、東京の情報ばかり入ってくるので、何となく東京の人はすごいと思ったりしたことありませんか。

 

頭も良くてオシャレで、冷たい、みたいな。

 

実際のところ、私も地方にいるときはそういう風に思っていました。

みんなすごい大学を出て、東京で培った人脈を使ってバリバリ仕事をしたりして、田舎者が大人になってから入っていく余地なんてないんだろうなと。

 

30歳アラサーが転職で東京に上京するのはアリか

 

いま考えるとバカみたいですが、当時は本当にそういう風に思っていました。

 

確かに上京すると、男の人も女の人もスーツをビシッと着込んでいるので仕事ができそうに見えます。

 

しかしこれもほとんどはスーツマジックみたいなものです。

スーツが似合っている人は見た目に気をつけるのでたいがい仕事もできるのですが、それ以上ではありません。

 

ちょっとダサイ人でも仕事のできる人はいっぱいいますし、その逆もまたしかりです。

 

そもそも東京のビジネスパーソンなんてほとんどが地方出身者で構成されていますよね。

 

それを考えただけでも、東京の人だけが仕事ができそうに見えるのが幻だというのがわかっていただけると思います。

 

しかし、最初から東京の人はすごいと思ってしまうと、転職でも失敗してしまいます。

 

なぜかというと、面接官がすごい人だと思って勘違いしたり、すごい優良企業に面接できそうなのに自分には不似合いだと萎縮したりといったことになります。

 

転職ではとにかく萎縮がよくありません。

 

偉ぶる必要はありませんが、ちょっと実績を盛るくらいで話した方が面接もうまく行きやすいしイメージも良いですよ。

 

転職なんて、結局どれだけ自分を大きく見せられるかが重要ですから。

それによって年収が100万円以上変わることも珍しくないです。

 

だから、上京して転職しようと考えている人も、どうか自信を持ってこれまでの実績を話してほしいと思います。

 

そうすれば失敗することはありません。

 

地方から東京に上京して後悔したこと

 

上京前から転職支援エージェントに相談すると失敗が少ない

このように上京したての人が転職で失敗する理由の多くが、無計画に仕事を探すことだというのがわかっていただけたと思います。

 

上京して自分の力だけでやりたい仕事をどんぴしゃで見つけるのは、ほとんど至難の業というのが私の考え。

 

というのも、東京の地理的感覚や、よい企業の見極め方などは、東京に長く住んでいてはじめてわかることがたくさんあります。

 

そういう感覚がないと、自分が名前を知っている企業だけに応募して失敗するのが目に見えてしまいます。

 

そこでアドバイザーとしての転職エージェントを頼るのが最も成功への近道なのです。

 

登録するなら全国に営業所を持っている大手の転職エージェントにしましょう。

全国規模でサービスをしている企業は、東京に出てくる前に地元で相談に乗ってくれます。

 

地元の営業所で、上京後の転職先の紹介や、面接の日取りなどを調整してくれます。

 

また転職先企業の中には、地元で面接をしてくれる企業も少なくありません。

東京は人手不足のため、上京して働いてくれるなら企業側もできるだけサポートしたいという思いがあるからです。

 

なお、転職エージェントの良いところとして、非公開求人というのを大量に持っているところに特徴があります。

 

なんで非公開かというと、応募が殺到するような人気の求人のため外に出さないで、おすすめしたい人だけに紹介しているからです。 

 

全国に転職エージェントは多数ありますが、一番のオススメは何と言ってもリクルートエージェント。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

転職実績は41万人と日本ではナンバーワン。

リクルートグループの抜群の知名度を活かして多くの有名企業と繋がっているのが特徴です。

地方では出会えなかったような有名企業を紹介してもらうことも可能です。

 

なお、こういった転職エージェントの利用はすべて無料です。

リクルートは企業側から紹介料をもらうカタチで商売しているため、求職者の人がお金を払う必要はないという仕組みです。

 

そのため、これから上京を考えていてまだ仕事が見つかっていない人は、ぜひ登録しておきましょう。

 

女性や職歴が無い方やとりあえず上京派は派遣がオススメ

職務経歴がアルバイトくらいしかなく、正社員での転職が難しそうな方は、派遣登録して事務などの簡単な仕事を紹介してもらいましょう。

  

派遣登録もやはり大手のリクルートスタッフィングをオススメしています。

 

リクルートスタッフィング

大手・優良企業のお仕事はこちら【リクルートスタッフィング】

 

上京組で未経験の職種なのに、意外と大手の企業に入れたりするのがリクルートスタッフィングの特徴。

 

 

女性の方だと派遣でとりあえず東京を楽しんでみたいという方も結構います。

20代はもちろん、30代でも求人自体はたくさんあるので、結構思いもしなかった有名企業を紹介してくれたりしますよ。

 

気になる方は、上京前に登録してリクルートさんの話を聞いてみるだけでもアリですよ。

 

ガテン系の方は工場の無料の寮に入ればお金がかからない

 なお、工場や軽作業の仕事がやりたい人は以下の派遣会社に登録しましょう。

東京にアパート寮があって無料で入れる場合もあります。

また、研修期間中も月給18万円が支給されるため、お金にも仕事にも困りません。

 

e仕事

e仕事

 e仕事は製造系の大手派遣会社「日研トータルソーシング」が運営しています。

日研は39年の営業実績があり応募する人にとっても安心感があります。

 

ここを見ずして工場の仕事は語れません!

 

全国の製造業、軽作業などの求人情報を扱っていて全国に支店があります。

 

なんと、全国に166ヶ所も営業所があり、登録会場は500ヶ所もあります。

これは日本一の数かもしれません。

 

お給料を早くほしい人のために、日払い・週払いが可能となっています。

 

その他、寮完備の仕事が充実していて、遠方の方でも鞄一つで引っ越ししてすぐに働くことができます。 もちろん寮費無料の寮もあるので、ぜひ問い合わせてみてください。

 

また、無料で研修がうけられる上に、

研修期間中も月給18万円が支払われます!

 

いろいろな派遣会社で登録したくなりますが、迷ったときは、まずはe仕事で登録してみてください。

 

求人はたくさんありますが、自分で探すのは大変です。

そのため、まずは登録してから担当者に仕事を紹介してもらうといいですよ!

 

公式サイトで登録

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

絶対に仕事と寮を用意してくれます。

 

地方から上京して転職すること自体は超オススメ

とういことで、今回は上京組が転職で失敗しやすい理由についてご紹介しました。

 

いずれも無計画だったり、思案が足りないことが転職失敗の原因だとわかっていただけたかと思います。

 

私自身もそうですが、上京して転職すること自体はとても素晴らしい体験に繋がっていて、これから上京を考えている方はぜひ早く東京に来ることをオススメしています。

 

でも絶対に失敗してほしくないので、今回ご紹介したような転職エージェントを利用して、うまく転職を成功させてくださいね!