シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

大人の発達障害は仕事ができない?続かない?その特徴と原因

発達障害でも大丈夫

 

こんにちは。近年、発達障害に関するニュースや特集を目にすることが多くなりましたね。

 

中でも、大人の発達障害は仕事が上手くできないことが多く、それが原因で引きこもりや無職になるケースが多く見られます。

 

今回この記事を執筆することになった私も発達障害が原因でつまずいた人間の1人です。

 

今回の記事では

  • 発達障害とは?
  • 発達障害の主な特徴
  • 発達障害による仕事のトラブル
  • 発達障害者が適職を探すには

 

これら4つの項目を紹介していきます。発達障害で仕事ができないと悩む人は是非、読んでみてください。

 

発達障害とは?

発達障害とは、脳機能の発達の偏りで生じる障害です。

 

発達障害には「自閉症スペクトラム(ASD)」「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」「学習障害(LD)」の3つに分類されます。

 

これらの障害は併発している場合が多く、人によって障害の特性が異なります。

特に幼少期では周囲から「変わった子」「出来の悪い子」などと言われ、自信をなくしていった結果、大人になって生きづらくなってしまいます。

仕事ができない原因の一つもそこにあります。

 

そのため、幼少期においても成人期においても「自信をつけること」が大事になります。

 

発達障害の原因は、親からの遺伝や環境要因など様々な説がありますが、明確にはなってません。

 

発達障害の主な特徴

先ほど紹介した、3つの発達障害の特徴を紹介します。

 

自閉症スペクトラム(ASD)

診断基準ではアスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害と呼ばれます。主な特徴として、

  • 人間関係が上手く築けない
  • コミュニケーションを取るのが苦手
  • こだわりが強い
  • 聴覚や触覚、嗅覚などの感覚過敏
  • 相手の気持ちを汲み取るのが苦手
  • 一方的な会話をする
  • 相手の言葉を真に受けてしまう
  • 急な変化が苦手
  • 集中力が人一倍ある
  • 一度に多くの動作を行うのが苦手
  • 優先順位をつけるのが苦手
  • ルールをきっちりと守る
  • 失言が多い

 

これらの特性がきっかけで、自閉症スペクトラムは対人関係で上手くいくことが少なく、孤立してしまうケースが多いです。

人とのコミュニケーションが必須の仕事では「できない」「続かない」と烙印を押されがちです。


ADHD(注意欠陥・多動性障害)

ADHDは不注意、多動性、衝動性の要素が顕著に表れる発達障害です。 ADHDの特徴としては、以下の特徴があります。

 

  • 落ち着きがない
  • 集中力がなく、気が散りやすい
  • 忘れ物をしたり、物を無くすことが多い
  • ルールや指示を守れない
  • 物覚えが悪く、短期的な記憶が苦手
  • 勢いで行動してしまうため、ミスをよくする

 

社会生活においては、遅刻や忘れ物、同じミスの乱発などを起こして社会生活に支障をきたすことが多く見られます。

仕事ができないと勘違いされるのも、このADHDが原因です。

 

学習障害(LD)

学習障害は「書く」「読む」「話す」「聞く」「計算する」、これら5つの能力のいずれかが困難な発達障害です。

 

文章を正しく読んだり、理解することや文字を書くこと、計算や方程式を使った問題が解けないといった困りごとが多く、周囲から「やる気がない」「努力不足」「仕事ができない」と怒られることが多いです。

 

発達障害による仕事のトラブル

発達障害の特性が原因で、仕事ができなかったりトラブルが多く発生します。

 

私も発達障害を診断されており、特性が原因で仕事ができないと言われ転職を繰り返してきました。

私の経験談に基づいて、仕事で起きたトラブルを5つ紹介していきます。

 

1.物覚えの悪さで仕事ができないと思われ周囲からの印象が悪くなっていく

どこの職場でも苦労したのが、物覚えの悪さでした。

「皆が平均的で当たり前」という風潮が強いため、物覚えが悪いと上司からの印象も悪くなり、関係が悪化していきました。

 

仕事を頑張って覚えようと努力をしても覚えられずに自分を追い詰めて、体調を崩して退職したこともあります。

 

2.何度も同じミスを繰り返し、怒られる

短期的な記憶が苦手なため、教えてもらったことを勘違いしたり忘れてしまうことが多く、それが原因で何度も同じミスをしてしまう事が必ずありました。

 

同じミスをしないことは鉄則ですが、意識してても仕事が出来ないため本当に辛かった記憶がハッキリとあります。

 

同じミスを何度もして、「自分はダメな人間だ」「仕事ができない」と思ってしまい生きることが嫌になっていました。

そこから、自信をなくして引きこもりの無職になることも珍しくはありません。

 

3.優先順位をつけるのが難しいので仕事ができないと思われる

発達障害者が難しいことの1つである「優先順位をつけること」。

 

優先順位をつけるのが本当に苦手で、どっちつかずになることがよくありました。

 

例えば、納期が本日までのAの仕事と納期が明後日までのBの仕事があったとします。

 

ですが、発達障害者は優先順位の高いAの仕事をほったらかしにして、優先順位の低いBの仕事に手をつけてしまう。

そんなことがよくあります。

 

そのため、優先順位を周囲に聞くなどして優先順位を明確にしていきましょう。

 

4.注意力がないため、細かいミスが出てくる

ADHDを診断されている私は、注意力散漫であるため細かいミスが多いです。

作業をした後に抜け漏れが1個はあったり、間違いがあることが今でも起こります。

 

起こしてしまった時は「会社で働くのに向いてないのかな」と思ってしまいますし、自信をなくしがちになってしまいますね。

 

当然、周りの人達も発達障害だから仕事ができないと思ってしまいます。。

 

5.曖昧な表現が理解できないので仕事ができないと思われる

指示を出す時によく「あれ」や「これ」という言葉を使いますよね。

発達障害者は曖昧な表現が理解できないため、具体的な指示でないと困る場面に多く出くわします。

 

混乱して「あれってどれのこと?」ってパニックになりますし、聞き返して相手を怒らせた経験も。

 

具体的に伝えるのは本当に大事なことだと思います。

発達障害者が適職を探すには

発達障害者は向いていない仕事に関しては、とことん向いてません。

 

しかし、向いている仕事に就くと、健常者以上の実力を発揮することもあります。そのためにも自分に合った仕事を探しましょう。

 

ここでは、発達障害者が適職を探す手段としてオススメな「就労移行支援事業所」を紹介します。

私も就労移行支援事業所を利用して、適職を見つけたので、自信を持ってオススメしますよ。

 

発達障害が1人で出来る仕事を考える

 

就労移行支援事業所とは?

就労移行支援事業所とは障害や病気を持った方に対して、企業への就職をサポートする障害福祉サービスです。

 

発達障害以外にも身体障害、知的障害など様々な障害の方も利用できます。障害者手帳がない場合でも医師の意見書があれば、利用できますよ。

 

就労移行支援事業所のサービス内容

 

・職業訓練

PCスキルやSST(社会生活技能訓練)、軽作業、職場実習など会社で働く上で欠かせない技術を職業訓練で身につけていきます。

 

職業訓練には「週5日で1日6時間通所」「決まった作業を集中して継続させる」「自己分析を行い、実習につなげていく」「挨拶や言葉遣いなどの最低限のマナーを習得する」といった目標があります。

 

社会人としての基礎を学ぶにはうってつけの福祉サービスです。

仕事ができないと思っていた方も基礎を学ぶことで社会に馴染むことが可能です。

 

・就活サポート

職業訓練を通して、得意・不得意や職場で必要な配慮を把握したら就活に向けて対策を練っていきます。

 

障害者枠で働く場合、面接で「障害の特性」や「仕事する上でしてほしい配慮」など聞かれます。

 

そのため、自分を知ることが今まで以上に必要になります。

 

また、面接には就労移行支援事業所の担当スタッフが同行して人柄や得意なこと、苦手なことを後付けで話してくれるので不安を感じることなく面接に臨むことができます。

 

できること、できないことを知ってもらうのはとても重要です。

 

・定着支援

内定をいただき、就職した後も就労移行支援事業所から手厚くサポートされます。

入社してから半年間は、担当スタッフが当事者の職場を訪問します。

 

そこでは、職場の人と仕事の様子や仕事での困りごとを共有し、長く働ける環境作りをしていきます。

そのため、障害を隠して一般就労で働くよりも安心して働くことができます。

 

職歴のある発達障害の方は転職エージェントに登録することも考えよう

なお、これまで企業に勤務したことがある方は、障害者雇用専門の転職エージェントに登録しましょう。

 

無料で登録できるサービスで、様々な人材会社がサポートを行っています。

 

中でもオススメなのは大手人材会社のランスタッド。

 

障がい者の転職は実績豊富なランスタッドへ

 

ランスタッドは世界最大の人材会社と言われていまして、日本でも最も大きい転職支援会社の一つです。

 

※登録の前にこちらの記事もご覧ください。

障害者の転職支援サービス「ランスタッド」の特徴と評判

 

特に首都圏のオフィスでは精神保健福祉士の資格を持つ転職エージェントが担当してくれます。そのため発達障害の方も安心して相談できると思いますよ。

 

ランスタッドは障害者雇用に積極的な大手優良企業を中心にお仕事を紹介してくれます。

 

その他、次のような転職支援を行ってくれます。

 

・面接の日程調整

・年収の交渉代行

・自身の障害に合った企業の選定

 

ランスタッドの担当者は無理に転職を進めるのではなく、本人の意向や希望を尊重しながら適職を一緒に探していくというスタンスです。

 

他の大手の転職支援会社だと、とにかく早く転職させようとします。

というのも求職者を企業に紹介するとお金がもらえる仕組みだからです。

 

しかし、ランスタッドはそういったもうけ主義な感じはしません。

たとえば、これまで「仕事ができない」「長続きしなかった」方の多くは、企業側に発達障害の症状を理解してもらえなかったことが原因ですよね。

 

企業側の理解がなければ無理に転職しても意味が無いとランスタッドは考えているため、転職を急がせないのだと思います。

 

そのため、発達障害のある方が相談する転職窓口としては一番おすすめできます。

 

【公式】ランスタッドで登録

 

ランスタッドは全国に登録場所があるので、日本全国ほとんどの地域で発達障害の方の転職をサポートすることが可能です。

 

発達障害でも明るい未来は拓ける

発達障害者は仕事が出来ないという意見を多く見かけます。

 

しかし、自分の強みや弱みを知って自分に合う仕事を見つければ、これまでの過去が霞むくらいに仕事が楽しくなることもあります。

 

だからこそ、希望を捨てずに自分が輝ける居場所を探していってください。この記事を読んでいる人が幸せになることを心から祈っています。