工場求人を探そう

全国の工場求人や派遣・バイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

機械オペレーターを辞めたい5つの理由

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、働くナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】働くナビはこちら

機械オペレーター

機械オペレーターは機械に部品や素材をセットして加工する仕事です。

設定された数字が間違っていなかチェックしたり、高度になるとプログラムを入力したりとちょっと大変。

 

最近機械オペレーターを辞めたいという人も増えているようですが、理由はどこにあるのか、そのあたりについて今日はご紹介します。

 

給料が安い

まず根本的なところで機械オペレーターの給料は安いと言われています。

だいたい年収300万円台くらい。

 

工場の仕事なので300万円が安すぎるとは思わないですが、家族がいたり住宅ローンを抱えている人達は300万円では足りないのでしょう。

 

ただ、主婦のパートさんでも機械オペレーターをやっているところはあります。

バイトやパート程度に働けばいいという人には機械オペレーターの給料は魅力的だと思いますよ。

 

残業が多い

物作りの仕事に携わっている人達の宿命なのですが、納品日というのがあって、いついつまでに品物を作って納めないといけません。

 

この納品日に間に合わないと大変なので、いきおい機械オペレーターも無理して残業することになります。

きちんと残業代が出るようなきちんとした会社なら大丈夫ですが、中小の工場で働いているとサービス残業をするというケースも結構多いのではないでしょうか。

 

また、社長がバカだったりすると「みんなで頑張って納期を守ろう!」とか朝礼でみんなの士気を高めようとします。

しかし、社長が無理な納期の仕事を取ってきたのがいけないのに、社員に無理をしいているのはみんな気づいているので地獄でしかありません。

 

とにかく、納期管理がうまくできない営業や社長がいる会社はたいがい残業が多いです。

こういった会社で機械オペレーターをやっていると、土日出勤や残業は当たり前になって、しかも給料も安いということになるため、辞める人が続出します。

 

機械操作が覚えられない

マシンの操作は、時間をかければ誰でもできるレベルです。

プログラムの入力があると、苦手な人は苦労するかもしれませんが、2,3ヶ月勉強すれば誰でもできるのが機械オペレーターの仕事です。

 

もし機械操作が覚えられないということで悩んでいるとしたら、それは本人のせいではないと思います。

社員が技術を覚えられないのは、たいがい会社で研修する仕組みがないからです。

 

先輩から見て技術を盗め!とか昭和時代みたいな無理なことを言ってくる会社では機械操作を覚えることはできません。

 

こういった会社ではどんどん人が辞めていくのでいつまでたっても機械オペレーターが定着しないのです。

 

人間関係が良くない

先輩のパワハラ、セクハラ問題は最近どこの会社でも言われていることですが、工場のような職場では特にひどい状況です。

 

最近は変わってきましたが、昔からいる人の中には荒っぽい人が多いです。

もともと自分が新人の頃も怒られながら覚えてきた、という記憶があるためなのですが、今でも新人を怒れば教育になると考えているのです。

 

怒っても覚えられないのは考えればわかりそうなものなんですけどね。。

 

とにかく、先輩上司のマネジメントに対する教育ができていない会社では、それぞれのキャラクター任せになっているため、すごいいい上司にあたるか、最悪の上司にあたるかは運しだいということになります。

 

パワハラやセクハラにさらされて我慢できないと辞める若者が出るのは当然のことといえます。

 

同じ作業の繰り返しがつらい

機械オペレーターは最初の操作を覚えてしまえば、あとは単純作業の繰り返しです。

 

素材を機械にセットしてボタンを押すだけ!

 

とにかくこれの繰り返しです。しかも立ち仕事なので、体力的にもつらいです。

単純作業で楽は楽なんですが、時間がたたない。

 

営業や事務仕事のように何かを考えて工夫したりする業務だと、一日の時間があっと言う間に過ぎていくのですがね。。

 

なので、学歴の高い子や知的業務が好きな人は、機械オペレーターをやってみたもののつまらなさすぎて辞めるという傾向にあります。

 

もっと楽な仕事に転職するのもあり

 工場で働くなら、軽作業などの簡単な仕事につくことを当ブログではおすすめしています。

いずれも単純作業なので、飽きることは飽きますがモクモクとできますし、難しいことを覚える必要もないので、機械オペレーターが向かないという人も絶対できると思います。

あと、ストレスもすごく少ないと思います。

 

軽作業で人気の職種ランキングです。コチラも参考にご覧ください。

順位 職種 特長

1位

シール貼り 商品にシールを貼るだけの仕事。簡単すぎます!

2位

ピッキング 頼まれたものを棚から取ってくるだけ。誰でもできる簡単お仕事。

3位

梱包 段ボールに製品を詰め込む作業。

4位

仕分け 配送先ごとに製品を配置する作業。

5位

検査  製品が汚れていないかなどをチェックする。座ってできる仕事だから楽ちん。

  

ということで、今日は機械オペレーターを辞めたいという人の5つの理由についてお話しました。

 

ただ、機械オペレーター自体は結構人気がある仕事なので、向いている人は絶対合うと思います。

これから機械オペレーターの仕事をやってみようと考えている人は、派遣会社に登録してお仕事を紹介してもらうことをオススメします。

 

その方が、転職先の職場の雰囲気や仕事内容もわかるし、給与の交渉や職場環境の改善提案なども派遣会社が代わりにやってくれます。

 

オススメは、以下で紹介している大手の派遣会社です。

機械オペレーターの求人も多数持っているので、一度登録することをおすすめします!