工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

工場で働きたいなら知っておきたいポイント

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、働くナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】働くナビはこちら

工場の仕事

工場に就職したいという人にとって、どんな工場で働くべきなのかはとても重要ですよね。

できたら楽な仕事で稼ぎたいというのが一番だと思いますが、人によっては様々な基準があるので、今日は工場で働きたいと考えている人が求人情報をチェックしておくべきポイントについてご紹介します。

 

体力を使う仕事か楽な仕事か

工場の仕事と言えば身体を使って働くというイメージですよね?

テレビなどで工場の様子を見ていると、確かにラインに流れてくる製品を組み立てたりして身体を使うのは間違いありません。

 

しかし、工場の作る製品によっては体力を激しく使う仕事と、意外と楽な仕事があります。

 

あまり体力に自信がないのに、体力勝負の仕事を選んでしまうと、その後長続きしないため、体力を使う仕事かどうかを最初に確認しておくことは重要です。

 

【体力を使う仕事】

・自動車の組立工場

自動車工場の組み立て作業は一般的に期間工といわれる人達が採用されて働く職場です。自動車なので、一つ一つのパーツ自体が重かったり、納期が厳しかったりで体力的にはかなりハードです。

ただ、その分お給料がいいのでも有名で、体力に自信があるなら自動車工場はオススメです。

 

【楽な仕事】

・軽作業や検査

工場でも組立ではなく梱包や検査などの仕事は比較的体力を使いません。

特に検査スタッフは座ってできる仕事もあるので、目と肩は疲れますが基本的に楽な仕事言えます。

 

また、工場にこだわらなければ倉庫の仕事にも楽な仕事は結構あります。たとえばピッキングとかシール貼りの仕事とか、笑えるくらい楽なので、倉庫の軽作業の仕事もできたらチェックした方がいいですね。

 

工場の単純作業が好きか

工場の管理者になると複雑な仕事を任されるため単純仕事はありません。

しかし、このブログを読まれているような方は、未経験で工場の仕事につく方が多いと思います。

 

普通、工場の仕事では単純作業ができるスタッフを雇うことが多く、高学歴の正社員採用はあまりありません。

特に大手の工場ではまず単純作業要員となります。

 

一日中ラインに流れてくる食品を加工したり、部品を組み立てたり、そういった仕事なのでなかなか時間が経ちません。

何度も時計を見上げてまだ30分しか経っていない!なんてこともあります。

 

ただ、世の中には自分で考えて何か働くよりも指示された簡単な作業を延々と繰り返す方が楽だという方もたくさんいます。

工場で働きたいなら、ご自身がそういった単純作業が好きかどうかもわかった上で求人情報に応募するといいいですね。

 

工場の人間関係が良さそうか

どの職場にもあてはまりますが、人間関係は仕事を長続きさせるために超重要ですよね。

 

求人サイトに掲載されている情報だけでは人間関係の良し悪しはわかりませんが、まれに「人間関係がいい」「アットホーム」と書かれているので、チェックしておきたいところです。

 

また、多くの方は派遣会社に登録して工場の仕事を紹介してもらうと思いますので、派遣会社の担当者に派遣先の工場の雰囲気などを聞いてみるのもアリです。

若い人が多くてワイワイやっているとか、中高年のパートさんが仕切っているとか、そんな情報を教えてくれることもあります。

 

ただ、工場で働く人に知ってほしいのは、人間関係は自分で作るということです。

もちろん最初から意地悪な人がいたりするかもしれませんが、それも気の持ちようのところがあります。

意地悪だと思えばそういう風に余計に見えますが、厳しく指導してくれると思うといい人にも見えてきます。

 

そのため、最初の1ヶ月はちょっと我慢して働いてみましょう。あるときから同僚が認めてくれるようになると途端に働きやすくなります。

 

なお、しばらく我慢してもたえられないようなら、どんどん辞めて次の仕事を探せばいいと思います。

 

何を作っている工場で働くか

工場は日本中にたくさんありますので、どういう工場で働くかは選びたい放題ともいえますよね。

 

でも、何を作っている工場で働くかによって、働きやすさも変わってくるので、製品物を知っておくことは重要です。

 

先ほどもお話ししたように、自動車工場はハードな仕事なので体力がない人は避けたいところです。

 

また、食品工場も何を作っているかによって働きやすさが異なります。

たとえば、漬物工場などはその酸っぱい匂いがダメという人もいますし、パン工場やケーキ工場は甘い香りが好きという人もいます。

ただ、これも毎日嗅いでいると慣れてきます。

 

あとは、工場の中が清潔かどうか、熱いか、寒いか、みたいなことも重要です。

 

食品工場は基本的に腐ってはいけないものを作っているので、室温も低めだとおもっておいがほういいです。寒さがダメな人は避けた方がいいですね。

 

逆に溶接作業があるような工場だと猛烈な暑さで体力が消耗します。

 

また、電子部品や化粧品を作っているような工場は、ホコリが入ることが致命傷になるため、非常にクリーンな環境で働くことができます。

こういった工場は女性にも人気がありますが、そんな清潔な環境のせいかもしれません。

 

工場のどんな職種で働くか

工場には実はいろいろな職種があって、皆さんが得意分野で働いています。

 

・組み立て

・食品製造

・検査

・設備管理

・梱包

・仕分け

・清掃

・フォークリフト

・ピッキング

 

主な職種としてはこんな感じです。

 

設備管理以外は単純作業なので、学歴がなくても未経験でもたいがい採用されるお仕事です。

職種によって時給も異なり、また大変な作業か簡単な作業か分かれます。

 

また、自分が組み立てをやりたいと志望しても、工場側でダメだと判断されたら別の職種に割り当てられることもあります。

必ず希望どおりになるわけではないことも知っておきましょう。

 

正社員か派遣バイトか

最初にお話ししておきますが、工場の仕事はほとんどが非正規となります。

派遣会社に登録して働く派遣スタッフやアルバイトという立場になることを知っておきましょう。

 

工場系派遣サイトの人気ランキングはこちらをご覧ください。

工場求人サイト・製造系派遣会社の比較オススメ10選ランキング!

 

工場の仕事で正社員になるのは結構ハードルが高くて、というのも工場は誰でもできる単純作業で成り立っているからです。

正社員になるということは、単純作業だけではなく、人の配置を管理したり、部品や素材の買付を任されたり、企画立案を行ったりという能力が求められます。

 

もちろん最初からそんな高度なことは求められませんが、正社員になるということは将来そういった高度な仕事をやってもらうということが前提となっています。

 

楽な仕事だけやりたいという人では無理なのはなんとなくわかりますよね。。

 

そのため、学歴がなくても優秀であれば正社員になることも可能ですが、そもそも単純作業がやりたくて働きたいという人がほとんどだと思いますので、そこから正社員になるのは難しいです。

 

工場の正社員で就職する方法

ただ、工場に派遣社員として入っていても正社員になる道があります。

 

紹介予定派遣という仕組みです。

最初は派遣会社を通して派遣で入って仕事を経験してもらいながら、6ヶ月後に正社員にしてあげてもいいよ、という働き方です。

 

当然ながら、工場側もその6ヶ月間に仕事ぶりなどを判断して正社員にしてもいいなと思ったら正社員にしてくれます。ダメな場合もあります。

 

求人情報の中に「正社員登用有り」とか、「紹介予定派遣」と書かれている仕事は、正社員になれる可能性があります。

 

さらに、派遣会社を通さず、工場が募集している正社員求人に直接応募する方法もあります。リクナビやマイナビといた正社員求人サイトで掲載されているパターンです。

 

この場合、大手の工場は無理だと思いますが、中小の工場であれば意外と正社員採用を募集しているところがあります。人気のない工場なら未経験でも学歴がなくても採用してくれる工場はあるので、ハローワークなどもチェックしてみるといですね。

 

お給料は高いか安いか

やはり一番気になるのはお給料ですかね。

派遣社員で働く場合は時給換算になります。

 

時給850円~1,700円

 

派遣で簡単な仕事の場合、職種や勤務地によってこのくらいの幅があります。

 

当然ながら、つらく複雑な仕事ほど時給が高く、楽な仕事ほど時給が安くなります。

 

なお、自動車工場の組み立て作業はたいへんなので給料がものすごく高いです。

30歳くらいで年収450万円くらいも堅いです。

しかも入社祝い金として50万円くらいを給料とは別に支給してくれる場合もあるので、稼ぎたい人はとにかく自動車メーカーの期間工の仕事に応募しましょう。

 

自動車工場の仕事は日総工産が運営する工場求人ナビでたくさんチェックできます。

工場求人ナビ

 

また、大手企業の工場は時給が高く、中小の工場は時給が安いです。

これは工場に限らず他の業種でもそうですよね。

 

そのため、派遣会社に登録したらできるだけ大手の工場に派遣してもらうようにお願いしてみましょう。

 

工場勤務で夜勤があるかないか

 工場は繁忙期になると昼夜を問わず動いていますし、製品によっては一年中夜間動いているところもあります。

 

夜勤は割り増し料金がでるので、稼ぎたい人は夜勤ができる仕事を探してもいいと思います。

 

働き方としては、1週間昼勤したら、次の1週間は夜勤で働くといった感じです。

 

身体が昼夜逆転になれないとつらいですが、30代までなら結構大丈夫です。40代超えるとちょっと厳しいですけどね。。

 

また、夜勤は働いている作業者が少ないところが多く、管理職もあまりいないので、昼より働きやすいと考える人もいるみたいですね。 

 

残業があるかないか

 夜勤と同じように残業があると残業代がつきます。

残業は部署によっても異なります。

まったくない場合もあり、入社前に派遣会社の担当者に残業があるならどのくらいかも聞いておきましょう。

 

残業にも関連しますが、工場の仕事は祝日が多いと働ける日が少なくなるため月収が下がってしまいます。

そのため、残業できるときにがっつり稼いでおかないと、祝日が多い月はお給料が少なくなってしまうので要注意です。

 

工場に寮が完備されているかどうか

 お金がない人にとって工場で寮に入れるかどうかは結構重要ですよね。

 

最近は派遣会社も人集めが大変なため、大手の派遣会社であればたいがい寮を持っているところが多いです。

特に工場が地方の不便なところにある場合、寮を用意してもらえないと遠方から引っ越して働くのは大変です。

 

また、寮費が無料になる派遣会社も最近は増えていて、できたら寮完備でなおかつ寮費が無料のところがあれば、そういった仕事に応募しましょう。

寮費が無料のところは光熱費も無料のところが多いので、それだけでかなり貯金ができます。

 

 寮については、最近はレオパレルの借り上げアパートを持っている派遣会社が多く、もちろん個室ワンルームで生活することができます。

寮とは言ってもプライバシーは守られているので、女性でも安心です。

 

こちらに無料で派遣会社のアパートに住む方法を書きましたのでご覧ください。

家なし仕事なし。無職で住む場所がない人がアパートを無料で借りられる簡単な方法

 

工場が募集しているか派遣会社が募集しているか

 工場の求人サイトでは、派遣会社が運営しているものと、工場が直接運営しているものがあります。

 

ほとんどは派遣会社が運営しているサイトです。

工場が運営しているものは自動車メーカーの期間工のサイトくらいではないでしょうか。

 

そのため、工場で働きたいなら、まず工場系の求人サイトで派遣登録して派遣会社のエージェントに仕事を紹介してもらうのが一番の早道です。

派遣会社では全国の求人情報を持っていますので、応募した方の希望条件に沿った仕事を的確に紹介してくれます。

 

工場の仕事を見つける方法

 以上が工場で働きたいなら知っておきたいポイントでした。

 

最後にご説明したように工場で働く場合は、多くの人が派遣会社に登録してから紹介してもらう流れが一般的です。

 

なお、派遣会社も大手から中小までさまざまありますが、以下で紹介するような大手の派遣会社に登録してください。その方が仕事もたくさんの中から選べますし、担当者もきちんとした人が多いですよ。