工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

派遣会社の寮に入ったら住民票は移さないの?転出入届はどうする?

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、工場求人ナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】工場求人ナビ

住民票

派遣会社も特に地方の工場に派遣する場合、あらかじめ寮を用意してくれるケースが多いです。

 

いわゆる社員に一部屋ずつあたえられる学生寮みたいな形式のところもありますが、アパート寮といって外部の借り上げアパートの一室を貸してもらえることもあります。

 

また、寮費は無料だったり一部補助だったり派遣会社によっていろいろですので、そのあたりは派遣会社の面談の際に確認が必要です。

 

住民票を移すかどうか

さて、はれて仕事が決まり、いま住んでいる場所から別の街へ引っ越して働くようになる場合、気になるのは住民票を移すかどうかです。

 

住民票を移すには現在住んでいる市区町村役場に行って転出届けを出し、引っ越し先の役場に転入届けを出すだけですが、移さないことによるデメリットはあるのでしょうか。

 

ちなみに、法律では「引っ越してから14日以内に」住民票を移すように決まっています。

これを破ると5万円以下の罰金となっています!

 

といっても、こんなものきちんと守っているなんて面倒くさいですよね。

私も引っ越してから2年くらい住民票を移さなかったことあります。。

 

悪意がなければ引っ越してからすぐに住民票を移さなくてもおとがめはありません。

 

住民票を移動しないデメリット

では、住民票を移さないことによるデメリットはあるのでしょうか。

 

・引っ越し先で選挙に参加できない。

・運転免許証などの更新手続きが引っ越し先でできない。

・住民票だけでなく印鑑証明などの公的な書類が引っ越し先で出してもらえない。

・確定申告が引っ越し先でできない。

 

つまり、住民票を移さないということは、

 

昔住んでいたところにそのまま居住していることになっているため、こういった公的なサービスに関するあらゆることは、昔住んでいたところでやってね。

 

ということになります。

 

選挙にもいかないし、免許ももってないからいいか!

という方なら無理して住民票を移動しなくてもいいかもしれませんね。

 

特に一時的に派遣会社の仕事をするから引っ越してきたという場合であれば、そのままでもいいと思います。

 

ただ、親元を離れて新しい土地で自分の生活をはじめると考えている方は、絶対住民票を移動した方が便利だと思います。

 

まとめ

いろいろデメリットもありますが、工場の派遣で1,2年の予定で別の土地で寮にはいるくらいだったら住民票を移す必要はありません。

 

それ以上だったら住民票を移動することをおすすめします!

 

なお、郵便物は引っ越し先の寮に届くように郵便局にいって転送届けを出すようにしましょう。1年間は郵便物を引っ越し先に転送してくれます。

転居・転送サービス - 日本郵便