工場求人を探そう

全国の工場求人や派遣・バイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

日研トータルソーシングを辞めたいのでバックレるはありか。

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、働くナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】働くナビはこちら

逃げるn

工場派遣のお約束といえば、入ってみたはいいけど職場も人も合わなかったということで、突然バックレる人がいる問題です。

 

実は私も若い頃は派遣をバックレたことがあるので、夜逃げした人のことは痛いほどわかります。

 

辞めるのは別に問題ないけど、バックレはどうかな、

と思いましたので、今日は日研トータルソーシングを辞めたい人へ向けたブログを書きます。

 

日研トータルソーシングを辞めるのはどんな人か

日研トータルソーシングは製造派遣の仕事がメインの大手派遣会社です。

ホームページを見てもわかりますが、自動車、半導体、電気、機械、化学、食品、住宅関連など幅広い業界へ派遣社員を送り出しています。

 

会社としてブラックかどうかというのは、ないと思います。

 

というのも日研トータルソーシングくらいの大手になると、ブラックであることが知れ渡ると人の採用が困難になるためです。

 

私の持論ではありますが、採用された企業をブラックかそうでないかを判断するのは、結局本人の考え方次第というところがあります。

 

メンタルが弱い人の場合、ちょっと怒られただけでブラックだ!というのが落ちですし、有給が取れないというのも実は本人が遠慮している場合もあったりします。

 

それほ上司や担当者に言えないからネットで声を上げてうさを晴らしているという人が多いです。

 

もちろん、まっとうなといったらおかしいですが、確かなブラック企業もありますので、そういう会社はすぐに辞めた方がいいですし、辞めることでなにか自由を奪われるようなことがあるのであれば、バックレることも私は賛成です。

 

しかし、ほとんどの会社は真面目に仕事をしていますし、ちょっと恫喝されたりというのはどこの会社でもおかしな人は何人かいるので、あるのかなと思います。

 

さて、日研トータルソーシングですが、求人サイトの仕事情報をざっと見ましたが、自動車関連の求人がやはりかなり多いです。

名だたる自動車メーカーへの派遣もたくさんあるようですが、下請けの部品工場の仕事も掲載されています。

 

だいたいにおいて、自動車関連の仕事はきついことが多いです。

特に組立の工程は力仕事がありますし、納期に迫られることもあります。

その勢いなので、職場もちょっとギスギスするのは仕方ないですし、失敗したら怒られるのはあたりまえ。

 

だから、一緒のタイミングで20人くらいに入社した人達が、一ヶ月で5人になっていたなんてことはよくあることなのです。

 

みんな合わないから辞めた。

ということです。

 

派遣会社に登録するというのは、そういうことでして、嫌なら辞める、続きそうなら様子を見て続けるという、そういう働き方です。

続けていけば当然ながらお金も貯まりますし、結婚もできるかもしれません。

 

ただ、無理して嫌な仕事を続けるのは私もすすめません。

 

特に先ほどのような自動車工場では、昼夜を問わずラインを動かしているので健康を害する人もどんどん出てきます。

だから、バックレるようなら担当者に「辞めます」、といえばそれで普通は止められないと思いますよ。

 

どうしても辞めるなと説得されたら、「次の仕事が決まりましたので」、

でOK。

 

なにしろ、人生短いですから、嫌ならどんどん辞めて別の派遣会社に登録しましょう。

 

バックレると損害賠償が発生するのか

さて、日研トータルソーシングをバックレで辞めると損害賠償が発生するのではないかと、おびえている人が多いようです。

 

いや、そんなことあるわけないじゃないですか。

単なる派遣社員ですよ。

派遣なんてバイトと同じようなものですから、バックレたってなんともなりません。

 

実際にバックレたことがある私が言うのだから間違いありません。

 

もし、派遣会社の担当者が損害賠償についてなんか言ってきたとしてもそれは脅しであって、法的な拘束力はありません。

 

もちろん、労働契約書にバックレたら損害賠償が発生するなど記載があれば別ですが、それでも派遣会社のバックレは日常茶飯事のため、ひとりひとりに損害賠償を請求していたら、裁判費用だけで派遣会社の機能がが停止しますよ。

 

ただ、普通に辞めるのはいいですが、バックレてしまうと、二度と日研トータルソーシングで働くことはできません。

 

一時期の逃げたい!という感情にまかせてバックレてしまい、その後の人生をダメにしてしまう人も多いので、ここはきちんと担当者に「辞めます」と伝えましょう。

 

まとめ

今日は、日研トータルソーシングをバックレる場合の問題点についてご紹介しました。

 

派遣会社の日本中に死ぬほどありますので、もちろん日研トータルソーシングにこだわる必要はありません。

 

また、先ほども述べたように自動車工場のようなハードな仕事をすると、もたなくてバックレる気持ちもよく分かります。

なので、派遣会社に登録して仕事をするなら、以下で紹介しているような大手で比較的簡単な仕事を紹介してもらえる会社に登録するようにしましょう。

 

簡単な仕事は時給が高くないものが多いのですが、精神的に心安らかになりますし、女子が働いている確率も高いので、仕事もずっと楽しくなりますよ!

 

派遣会社のバックレについては、合わせてこちらもお読みください。

日総工産をバックレるとどうなる?派遣を辞める前に読んでおこう