シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

倉庫内軽作業バイトの動きやすい服装って何やねん。夏と冬でちょっと違うよ。

軽作業服装

 

明日から倉庫で働くっていうときに派遣会社からの指示で「動きやすい服装」で来て下さい、といわれることよくありますよね?

 

しかし、いったい「動きやすい服装」とはどんな格好なのか考えてしまうことも。

まさか、上下ジャージで行くわけにもいかず・・

 

こんな写真しかなかったのですが、動きやすい服装の良い例です。。

この人達今すぐ倉庫で働けますよ 笑

基本はこれでOKです。

 

今日は人材会社で20年働いた筆者が動きやすい服装について解説しますね。

 

※お仕事をお探しの方はこちら大手派遣会社ランスタッドから登録

軽作業バイトにエントリー

 

  

軽作業バイトの動きやすい服装とは

まず、倉庫で働くということはピッキングや梱包、仕分けなどのいわゆる倉庫内軽作業の仕事をするということでいいですよね?

 

軽作業の仕事は立ったままで動かない仕事とは異なり、あちこち歩き回ったり、しゃがんだり立ち上がったりという動作を繰り返すことになります。

 

さらに、荷物や商品を何度も触ったり持ち上げたり動かしたりという手先をガンガン使う仕事ということになります。

 

広大な倉庫内を歩き回り商品を取ってきて梱包→配送先別に仕分ける。

 

ものすごくざっくりですが、倉庫の仕事とは大まかにこんな感じです。

もちろん、この中でも職種によって細分化されていることもありますが、だいたいこのような仕事をするところだと思っておけばいいです。

 

このことから言えるダメな服装とは、

 

・ダボダボした服はダメ

 

・袖口がふわふわした服はダメ

 

・スカートはダメ

 

・革靴はダメ(安全靴はOK)

 

・爪が長いのはダメ

 

・アクセサリーはOKだけど手首でジャラジャラしているのはダメ

 

こんな感じです。

ということは動きやすい服装とは、この真逆でいけばだいたいOKです。

 

・上は夏の場合Tシャツやスウェット、冬はセーターでOK。

 

・下はズボン。ジーンズや細身のパンツ。ストレッチ素材だと動きやすい。

 

・靴はスニーカー一択。

 

・爪はできるだけ短く切っておく。

 

・ピアスなんかはOK。腕時計は梱包や仕分けの仕事の場合は、傷がつくかもしれないから傷がついても大丈夫なチープカシオとかにしておく。

 

※パーカーがダメとか言っている人もいますが、紐がぶら下がっているのがダメだと思っているのかもしれませんが、私が知る限りでパーカーがダメというところはありませんでした。

 

髪型

髪型は職場によって考え方がちょっと違うと思いますが、普通は特に気にする必要もありません。

ほとんどの職場は多少の髪型や髪色は気にしないでしょうし、何しろ動ける人の方が尊重されます。

 

ただ、貞子のような髪が長い方であきらかに作業に支障をきたしそうな場合は、きちんと後ろで結んでいきましょう。

 

メモ・筆記用具

服装とは関係ありませんが、倉庫では何か指示をもらってメモしておかないといけない場合もあります。

とりあえずバッグの中にメモ帳と筆記用具だけは入れて出社しましょう。

 

 エプロン・作業着・軍手

軽作業エプロン

倉庫内軽作業バイトではホコリをかぶった品物を触ったり、床に置かれた段ボール箱を上げ下げする仕事があります。

当然ながらそれらを触っていると服が汚れることがあります。

 

そのため、職場によってはエプロンや作業着を支給してくれるところがあります。

この点は、派遣される前に派遣会社から事前に連絡がありますので、チェックしておきましょう。

 

自宅から持参するような指示があれば、自分で用意する必要があります。

またエプロンはいらないと言われたけど、初日に働いてみて自分でエプロンがあった方がいいなと感じたら次の日から持っていっても大丈夫です。

 

なお、エプロンをして作業する職種ではピッキングが多いと思います。

エプロンの種類は何でもOKですが、花柄や汚れやすい白いエプロンだと職場でかなり浮くはず。

紺色・茶色・えんじ色など無地で地味な色のエプロンの方が汚れも目立たず良いでしょう。

 

軍手についてはだいたいの場合、職場で用意されているはずですが、この点も派遣会社に確認しておきましょう。

 

ロッカー

アルバイト用にどの倉庫でもロッカーが用意されているのが普通です。

バッグや上着などはこのロッカーにしまって仕事をします。

まれに鍵のついていないロッカーの場合がありますので、その際は貴重品などは身につけるようにしましょう。 

 

軽作業バイトの夏・冬の服装

それから、この点も重要なので読んでおいてください。

倉庫の中は広いため、夏も冬も空調がきいていないことがあります。

巨大な体育館みたいなものですから・・

 

夏はめちゃめちゃ暑かったり、冬はめちゃめちゃ寒かったり。

これは配属された倉庫にもよるので、もちろん空調管理された倉庫もあります。

たとえば大手の倉庫などではすでに冷暖房完備のところも増えています。

 

派遣会社から仕事を紹介されるときに、時給や仕事内容だけではなく倉庫の空調のことも必ず聞くようにしてください。

空調が完備されていればかなり働きやすくなるはずです。

 

もしエアコン完備でないときは、

 

・夏はできるだけ薄着で動ける服装にする。

 

・冬は会社からジャンバーを支給されることもありますが、寒い場合は自分で極厚ヒートテックを着るなり用意をする。

 

ただし、冬は動いているうちに結構暑くなってくる場合もありますので、心配なのは夏場の気温です。

 

健康管理が大事な倉庫内軽作業の仕事なので、どんな服装でいけばいいか、空調のことも考えておいた方がいいですよ。

 

軽作業バイトで人気のお仕事ランキング

軽作業ではシール貼りやDM封入のような座ってできる仕事がおすすめです。コチラも参考にご覧ください。

順位 職種 特長

1位

シール貼り 商品にシールを貼るだけの仕事。簡単すぎます!

2位

袋詰め お菓子や化粧品をビニール袋にいれるだけ!短期で多い仕事。

3位

DM封入 ダイレクトメールを折って封筒に入れてのり付けするだけ。座り仕事だから楽。

4位

ピッキング 頼まれたものを棚から取ってくるだけ。誰でもできる簡単お仕事。

5位

検査  製品が汚れていないかなどをチェックする。座ってできる仕事だから楽ちん。

6位

お菓子箱詰め 工場のラインでお菓子をパッケージに入れていく仕事。

  

まともなバイトは大手の派遣会社に登録した方がいい

 いかがでした?

今日は倉庫内軽作業の動きやすい服装についてお話しました。

 

倉庫内軽作業は派遣バイトの中でも常に募集があって、人気のある仕事です。

しかもたいがい誰でもすぐに採用されるので、今すぐ稼ぎたいという人にはもってこい。

 

今回おはなししたような服装についても気をつけて、ガンガン稼いでくださいね!

なお、今日ご説明したように空調によって服装は異なります。

 

そのため、冷暖房が完備されたできるだけ大手の会社が運営している倉庫で働くことをオススメします。

 

大手の倉庫の仕事は大手の派遣会社に登録して紹介してもらう方が断然近道です。

以下でご紹介する信頼できる大手の派遣会社に登録して、軽作業の仕事を担当者から紹介してもらいましょう。