工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

工場勤務が底辺な仕事だと誤解されている理由

f:id:yuhi_t:20180415153623j:plain

皆さんこんにちは!今日も工場求人探していますか?

 

さて、今日は工場勤務の人達をまとめて底辺扱いする理由についてちょっと語ってみたいと思います。

 

底辺にもいろいろな意味があるのですが、工場のお仕事をおすすめしていている私にとってはちょっと心外。

 

だって、工場で働く人達が日本経済を支えているんですから!

実際に工場で働いている人達の学歴

工場勤務が底辺と言われるのは、そこで働いている人達の多くの学歴が低いことが前提にあるからと考えられます。

 

工場に新卒で一番多く入社するのは高校卒の子たちです。

工場は常に人手不足なのですが、大学を出ているような高学歴の人達は工場勤務を下に見ているためやりたがりません。

 

そのため、地元の工業高校を出たような若者達が入社することが多くなるのです。

 

門戸が広くなっているということは、いきおい素行の悪い子たちも簡単に入れてしまうのですが、その点がまた工場勤務を底辺というイメージに結びつけることになってしまいます。

 

確かに、入口は底辺の学生だったのかもしれませんが、そんな彼らも工場という社会の中で揉まれていって、20代後半になるころには立派な社会人になっています。

 

中には学習意欲の高い子もいますので、工場の中でもどんどん出世していくことも珍しくありません。

 

ここで注意しておきたいのは田舎の小さな工場に入ると、なかなかお給料も上がりませんし、出世したところでたかがしれています。

 

そのため、工場勤務をするなら大手の名前が知られている工場に入ることをおすすめします。

 

だれもが知っているような、東芝や日立や三菱などはたくさん子会社の工場を持っていますので、たとえ工業高校出身者だとしても本人のがんばりによっては取締役レベルまで出世することも可能です。

 

単純作業の多さが底辺を連想させる

工場の下っ端の仕事は、とにかく単純作業の連続です。

部品を組み立てる、食品を詰める、仕分けするなど、中学生でもできる仕事ばかりのため、これを何年もやっていてもまったく成長しませんし、給料も上がりません。

 

こういったイメージが工場勤務を底辺と思わせる要因でもあります。

そのため、この状態から脱するために工場で底辺仕事をしていると思ったら、以下のようにステップアップを常に意識するようにします。

 

・単純作業に慣れる

・バイトや派遣で来ている子たちの面倒を見る仕事を覚える

・工場内の改善点を常に意識して上司に報告する

・製品を良くするためのポイントを考えて上司に相談する

 

こういったことをやっていくだけでも工場内での評価があがり、自然と給料やポジションは上がっていきます。

 

逆にこういったステップアップを行わなければ一生底辺のままです。

工場なら派遣やバイトからも成り上がれる

新卒で工場に就職しなかった場合も、派遣やバイトといった方法で工場に勤務することは可能です。

 

一見、派遣社員やアルバイトでは底辺から抜け出せないように思いますが、最近はそうではありません。

 

最初は派遣として働き始めますが将来的には工場の正社員として採用されるという仕組みがあり(紹介予定派遣といいます)この方法を使って工場に入社する人もいっぱいいます。

 

詳しくは派遣会社に登録するときに聞いてみてください。

 

 

確かに、世間の聞こえはあまりよくないので、工場で働いていると底辺扱いされるケースもあるかもしれませんが、結局それも本人次第。

 

ものづくりが好きで携わっているのであれば、事務や営業の仕事よりもずっと尊い仕事だと思いますし、絶対底辺の仕事ではありません。

 

それよりも有名企業とはいえブラック企業に勤めている方が底辺だと感じませんか?