工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

足が悪く不自由でもできる負担のかからない座ったままできる仕事とは

座ったままできる仕事

 

みなさんこんにちは!今日もお仕事探していますか?

さて、このブログではこれまで主に工場のお仕事などをご紹介してきましたが、いずれも健康な方という条件つきのものばかりでした。

 

でも、世の中の流れとしては足が不自由な人やどこかに障害を持っている方も、健常者と等しく職業に従事できることが重要という風に変わってきていますよね。

 

私自身も今は健康ですが、いつ何時怪我をしてパソコンが打てなくなったり、歩けなくなったりするかはわかりません。

 

そのため、本日は足が悪い方が座ったままできる、「工場の座り仕事」についてご紹介します。

足が不自由でもできる「座り仕事」とは

工場の仕事と言えば、ライン作業に代表されるようにどんどん流れてくる製品を立ちっぱなしで組み立てたり検査したりというイメージですよね。

 

確かに、工場では立ちっぱなしの仕事がほとんどです。

そのためどちらかというとデスクワークが好きな人より常に身体を動かしている人の方が向いているといえます。

 

そんな工場の仕事の中にも一部「座り仕事」として求人情報で紹介されているお仕事があることをご存知でしょうか。

 

 

・電子部品の組み立て検査

電動ドライバーを使って部品を組み立てたり、外部から目視してキズなどがないかなどをチェックする仕事です。

自動車の組立のように大きな部品がないため、ずっと座ったままで働くことができるケースがあります。求人情報には「座り仕事」と書かれていますのでチェックしましょう。

 

・ハンダ付け作業

女性には馴染みが薄いかもしれませんが、電子部品はハンダによって接着されています。慣れないと熱くて危険な仕事ですが、やっていくうちに誰でもできるようになります。このハンダ付け作業も座ったままできる座り仕事です。

 

・縫製関係の仕事

ミシンで生地を縫ったり、革製品に穴を開けたりカットしたり、アパレルの製造工場はほとんどが座り仕事です。

ミシンが使えなくても切ったり貼ったりといった仕事を募集していることもありますので、足が不自由な方も求人情報をチェックしてみてください。

 

・ガラス製品の検査

拡大鏡を使ってレンズに加工されたガラス製品にキズがないかどうかを座ったままチェックする仕事です。

根気はいりますが、座ってできる作業なのでモクモクと働きたい人には向いています。

 

・プラスチック製品の検査

先ほどのガラス製品同様、プラスチック製品工場というのは日本中にたくさんあります。こういった完成品にキズがないかは座ったまま検査する仕事で、アルバイトサイトなどでも時々募集されています。

 

・シール貼り

小物(化粧品とかペットボトルなど)にシールを貼るという簡単な作業があります。大量にシールを貼らなければいけませんが、シール貼り作業は座ったままできる仕事ということで人気があります。

シール貼りのバイトってどんな感じの仕事?

 

・ラベルの点検

先ほどのシール貼りとも関連していますが、ペットボトルなどに貼られたシールやラベルが間違いなく貼られているかをチェックして段ボールに入れていく作業です。

シールがずれていたり、間違ったラベルが貼られていないかを検査します。

 

・一般事務

工場にも当然事務所がありますので、一般事務のお仕事を募集していることがあります。事務仕事はたいてい座ったままできる仕事ですし、一度入社すれば長くできるので人気があります。

また一定の規模がある企業としても身体障害者を一定程度雇用しなければならないルールがありますので、座ったままでしか仕事をできない足の悪い方を一般事務で雇用することも珍しくありません。

 

 

いずれも簡単な組み立てや検査の仕事が座り仕事の代表的なものです。

もちろん工場ではなく、一般企業の事務の仕事であればパソコンを使った座り仕事はもっとあります。

 

座り仕事にもいろいろある

このように座り仕事にも様々な種類があることを知っていただけたかと思います。

ただ、求人情報に書かれている座り仕事の中にも100%座り仕事であるものと、一部座り仕事というものがあります。

 

一部座り仕事の場合は、足が悪い方は採用してもらえない可能性があります。

一日中座り仕事ができる求人を探してみましょう。

 

また、足の不自由さによってもやれる仕事が変わってくる場合があります。

たとえばまったく足が動かなくて車椅子状態の方の場合、受け入れ側の工場で障害者の方が働ける環境が整っていないこともあります。

そういった環境では働くことはできません。

 

杖をつけば働けるとか、歩き方に不自然さが残るが歩けるとか、そういった方の方が座り仕事に採用されやすいと思います。

 

まとめ

以上、本日は足が悪くてもできる負担のかからない工場での座り仕事についてご紹介しました。

 

これだけ人不足の世の中ですから、足が不自由で悪いというだけで仕事がないということはなくなりつつあります。

企業も足が悪くてもできる限りの範囲で活躍できる方に対しては、どんどん仕事をお願いしたいというのが最近の世の中の流れかと思います。 

 

工場で座ったままできる「座り仕事」については以下でご紹介しているサイトで募集していることが多いので、ぜひチェックしてみてください。