工場求人を探そう

全国の工場求人や派遣・バイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

日総工産の面接に落ちた原因とは

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、働くナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】働くナビはこちら

面接

日総工産といえば最大手の製造系派遣会社。

 

自動車メーカーへのお仕事紹介に強いのですが、実際日総工産に登録しにいって落ちたという人もいます。

日総工産の面接で落ちることはほとんどないと思いますが、自動車メーカーの期間工の場合は、日総工産で面接を受けたその後に、工場の近くで選考会と呼ばれるものがあります。

ここで落とされる可能性があります。

 

現在、日本は空前の人不足、特に工場系のお仕事は猫の手も借りたいほど忙しいというのに、なぜ面接で落とされたんでしょうか。

 

その原因はいくつか考えられます。

自動車メーカーの期間工を受けた場合

 

・体力がなさそうだった

・太りすぎていた

・年齢が40代以上だった

・以前も期間工だったが、3ヶ月ほどで辞めていた

・適性検査が不合格だった

・アルコール依存症だった

 

面接で落ちるには人それぞれいろいろな原因があると思いますが、思いつくのはこれらの要因です。

 

体力がなさそうだった

まず自動車メーカーの期間工は体力的に非常にきつい仕事で、その分の給料もいいのですが続かないでやめてしまう人が大勢います。

そのため、あまりにも病弱で体力的に無理そうな人や、そもそも太りすぎていて動けなそうな人ははなからはじかれる可能性があります。

 

年齢が40代以上だった

年齢も非常に重要です。

先ほどの体力にも関係してきますが、やはり年齢を重ねると期間工の仕事は体力的に厳しくなります。

それでも以前に期間工をしていた経験がある方なら、40歳以上でも採用される可能性はかなりあります。

しかし50歳以上になると、もうほとんど可能性はないと考えた方がいいでしょう。

 

以前も期間工だったが、3ヶ月ほどで辞めていた

期間工の経験があるにも関わらず、すぐに辞めてしまう人も派遣会社からすると要注意人物です。

期間工だけではなく他の仕事について契約期間満了ではなく途中ですぐにやめた経験が多すぎると、派遣会社では仕事を紹介するのに二の足を踏んでしまいます。

物事を長く続ける我慢強さがないと判断されるからです。

 

適性検査が不合格だった

選考会の際に簡単なテストを行います。

そのテストに引っかかった可能性があります。たとえば手先が不器用すぎないかどうかを調べるチェックを行いますが、これに引っかかったとか。

身体の動きのバランスを調べるテストに落ちたとか。。

普通はそのようなことはほとんどないようですが、まれにダメだった人もいるようです。

アルコール依存症だった

これはもうどうしようもないのですが、アルコール依存症の人や薬物中毒の人達は面接で落ちたとしても不思議ではないですよね。

きちんとしかるべき施設で依存症を治してから再度面接に挑戦しましょう。

 

 

以上、日総工産の面接で落ちた原因について探ってみました。

ここで紹介したことはまれなケースで、ほとんどの場合面接で落ちることはないです

 

そのため、お仕事を探している方はあまり深く考えずに日総工産に登録してみてください。

 

日総工産への応募 はこちらから