工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

製造業の職種一覧まとめ 工場の仕事の種類は結構ある

f:id:yuhi_t:20180221181613j:plain

 製造業で働こうと考えているみなさん、一言で製造と言っても実はいろんな職種名があることをご存知でしたか?

 

今日は工場で働ける職種について仕事内容を簡単に解説してみます。

工場の職種はこんなにたくさんある

製造業にはいろいろな仕事がありますが、すべてが求人サイトで募集されているわけではありません。

ここではよく募集の出ている代表的な職種名について説明していきましょう。

意外といろいろな種類があるのに驚くのではないでしょうか。

 

検査

工場で生産された商品にキズがないか、不具合がないかをチェックする仕事です。

集中力が必要な職種なので、あきっぽい人には向いていないかもしれません。

ただ、性格的に細かい方には楽しい仕事かと思います。

 

検品

倉庫などに運ばれてきた商品の数や注文内容に間違いがないかをチェックする仕事です。

なお、職種としては検品単独で募集があることは少なく、仕分けや梱包などの作業も一緒にお願いすることが多いです。

 

梱包

できあがった製品を箱に詰める仕事です。

製品によっては形がさまざまなため、箱にきっちり収めるためには慣れが必要となる職種です。ただし、誰でもできる未経験OKの仕事のため、求人サイトでよく募集がかかっています。

 

ピッキング

主に倉庫内で活躍しる職種です。伝票などに書かれた商品を、棚から棚を渡り歩いてピックアップする仕事です。

商品はカートにいれて集配所に集めます。その後梱包して配送されます。

 

軽作業

製造現場では検査・検品・梱包・仕分け・ピッキングなどを総称して軽作業と言っています

職場によって何を軽作業と呼ぶかは少し異なります。

 

清掃員

工場内のクリーンスタッフの仕事です。主に床の清掃作業を行います。

掃除機でゴミをとったり、クリーナーをつかってワックス掛けを行ったりする職種となります。

 

フォークリフト

倉庫で重たい荷物を持ち上げるフォークリフトの運転手の仕事です。最大荷重1トン未満のフォークリフトであれば、免許を持っている人の指導を受けることで免許がなくても運転できます。

ただし、免許を持っていた方が仕事の幅が広がるため持っていた方がいいと思います。

 

塗装

金属と金属の部品を熱を加えて溶かしたり、接合したりする仕事です。

防護服を着ますが非常に暑い仕事です。体力的にはたいへんですが、その代わりお給料が比較的高くて稼げる職種として知られています。

 

旋盤

機械を使って金属を加工する製造業でも重要な仕事のひとつです。

材料を回転させ、そこに刃物をあてることで削っていきます。

微妙な力加減やカンが重要な仕事で、職人と呼ばれるレベルになるにはかなりの経験を要します。

ただし、最近はコンピュータに削り加減を指示して旋盤加工することも増えてきているため、以前ほど大変な職種ではありません。

 

鋳造

 金属を溶かして型に入れ、冷やすことで部品などを製作さする仕事です。

製造業でも重要な職種の一つと言えます。

高熱で金属を溶かすため作業的にはきつい仕事です。ただし防護服を着て作業するので、これも慣れが必要となります。

 

組み立て

 自動車工場でドアやハンドルを人が手作業で取り付けている映像などを観たことがあるかたも多いのではないでしょうか。

製造業とは、このたくさんの部品を組み立てることで成り立っています。

そのため、組立は製品が完成する最終工程として非常に重要な職種と言えます。

なお、自動車部品の組み立てなどの仕事は男性が多く、電子部品などの小さな部品の組み立て工場には女性が多いという傾向があります。

 

生産管理

 生産管理とは、製造工程において製品が間違いなくつくられるよう管理する職種です。

材料の仕入れや、納品された部品の管理、生産ラインの人員配置など、まさに物作りを統括職種と考えていただけたらと思います。

そのため、だれでもできる仕事というわけではなく、製造業のさまざまな工程を経験した後に任される仕事と言えます。

その分、やりがいも大きくお給料もよいのが特徴です。

 

研磨

 回転する砥石に金属部品などを押し当てて、規定の形に加工するのが研磨の仕事です。

また、メッキによって塗装された部品などをパフに押し当てて鏡面仕上げを施すような仕事も同じ研磨の仕事です。

いずれもやや力がいる仕事で、どちらかというと男性が多い職種と言えます。

磨き上げた製品がぴかぴかに光っているのを見て充実感を感じる人も多いそうです。

 

クレーン

 クレーンといえば建設現場でよく目にする職種ですが、製造業でも活躍する場が多くあります。

特にクレーンを使うのは、工場内で重い部品などを運ぶ際に使用するケースです。

いわゆるクレーン車のようなものではなく、工場の天井にレールとワイヤーがぶら下げてあり、重たい部品をつり下げて電動で別の位置まで運ぶ機械のことをいいます。

こういった重たい部品をクレーンで吊るには玉掛けという技術が必要で、全国各地にある重機やクレーンの講習所などで学ぶことができます。

 

設備メンテナンス保全

 製造業といえば、工場内のあちこちでさまざまな機械や設備を使用していることはご存知かと思います。

こういった設備全般について、きちんと動くか、油はさされているか、汚れはないかなど定期的にメンテナンスをする仕事があります。

製造業の生産ラインが止まってしまえば、経営の大打撃なだけでなく、そこで働く人達によっても怪我などの危険につながる場合もあります。

こういったリスクを排除するために、製造現場での設備を常に保全する職種が設備メンテナンス保全というお仕事です。

 

プレス

 自動車のドアやボンネット、道路のガードレールなど、元は平べったい金属を金型に押しつけきまった型にに成型する仕事をプレスと呼んでいます。

プレスの仕事は決められた機械に材料をいれてボタンを押すだけなので、製造現場によっては未経験の人でも携わっている場合があります。

 

 まとめ

以上、製造業の職種一覧まとめでした。

いろいろな職種名がありますが、それぞれのお仕事のだいたいのイメージがつかめてもらえたのではないでしょうか。

 

もし、製造業の仕事に興味がある方は、ぜひ以下の製造業に強い求人サイトからお仕事を探してみることをオススメします。