シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

離婚後に住む家がない母子家庭シングルマザーも無料の部屋が借りられる。

母子家庭写真

今や日本の夫婦の3組に1組が離婚するという時代、皆さんの周りでも離婚している友人は珍しくないですよね。

 

でも女の人は離婚後に別居してシングルマザーとなると、かなりの収入がなければ、突然貧困家族へと真っ逆さまというのが現実です。

 

特に小さいお子さんを抱えた母子家庭となると、これまでとは生活が一変してしまうことになります。食べたいものも食べれないし、買いたい物もかなり我慢する必要があります。

最悪住むところがない、なんてことも・・

 

母子家庭の子供は満足いく教育を受けられないせいで学力も落ちますし、その結果中学生くらいになると勉強が追いつかず自然とぐれたり非行に走ることも珍しくありません。

 

そんな生活耐えられませんよね。

 

でも、今は21世紀、シングルマザーの母子家庭でも無料でアパートが借りられて仕事も紹介してもらうことが簡単にできるのです。

 

離婚後にシングルマザーが困ること。住む場所がない。

 さて、離婚して母子家庭となることで困ることを上げてみましょう。

 

 

・社会から孤立しがちになる

・子供の教育が難しくなる

・買いたい物が買えなくなる

・住む場所がない

 

 

ちょっと考えてみただけでもこれだけの困難が待ち構えていることになります。

実家が近くて両親を頼れる方は問題ないかもしれませんが、両親が地方に住んでいて頼れない場合はすべての問題を自分だけで解決しなければなりません。

 

これまで漫然と夫の給料をあてにしていた専業主婦の奥様にとっては地獄のような日々になる可能性もありますよね。

 

仮に自分だけが買う物を我慢すればなんとかなるかもしれませんが、子供がいるとそうはいきません。

 

子供は毎年お金がかかるようになります。

洋服はどんどん小さくなるし、塾や習い事も我慢させるのは忍びないですよね。

また、将来大学に行ったときのために毎月貯金をしておく必要もあります。

 

さらにアパートに住んでいれば毎月の家賃、2年後の更新費などお金はいくらあっても足りないのは間違いありません。

 

近所のスーパーでパートの仕事をしているくらいだと食べてはいけるかもしれませんが、とても満足いく生活は送れないということがわかっていただけるかと思います。

 

要するに、シングルマザーが生き抜くには、どれもお金があれば解決することばかりなのです。

 

シングルマザーのお金の問題

さて、このようにお金がかかる離婚後の母子家庭ですが、子供と自分2人分の生活を考えると、最低でも20万円くらいはほしいなんて考えますよね。

 

でもアパートの家賃は都心では安くても4,5万円はしますので、社会保険などを引くと手取りは13万円くらいになるのではないでしょうか。

13万円では明るい未来は望めません。

 

そうなると25万円はやはりほしい。。

 

これまで何の仕事もしてこなかったシングルマザーがいきなり25万円の給料を稼ぐのは至難の業です。

25万円といえば大卒の若者が2,3年目くらいに手にするくらいの額。

 

そんな金額を何の学力もスキルもない母子家庭の女性が得られるほど社会は甘くありません。

 

保険のおばちゃんになって必死の営業をするか、夜の商売に職を求めるか・・・

 

いずれも考えただけでも悲惨です。

 

しかし、最近の日本は人不足、空前の好景気です。職を選ばなければ結構仕事はあります。

しかも家賃補助までついて・・ 

 

住むところがないシングルマザーに賃料無料でアパートを提供

e仕事工場製造業求人サイト【e仕事】

 

一番のオススメは e仕事。

e仕事は大手派遣会社の日研トータルソーシングが運営しています。

 

全国に500ヶ所も登録会場があり、どんな地方の方でもすぐに相談ができる環境が魅力です。

寮費無料のお仕事も多く、アパートがオシャレなので女性の登録者が多いことでも有名です。

家族寮もあるので空きがあればすぐにはいれます。

 

そしてすごいのが、お仕事未経験の方に研修も受けさせてくれて、しかも研修期間もお給料をもらえます。

寮費無料、研修期間も18万円支給

 

派遣でずっとやっていくのは大変だなと感じている方は、e仕事に登録して寮に入りながら正社員を目指すことも可能なのです。

 

e仕事にエントリーして入寮を相談する

※こちらから登録して担当者からの連絡をお待ちください。

絶対に寮と仕事を紹介してくれます。

遠くの人は旅費も出してくれます。

 

 企業も人不足で苦しい・・ 

企業側もなんとか人材を確保したいので、昔よりずっと有利な条件を求職者に提示して採用を始めています。

 

特に全国の製造業では人手不足が超深刻で、とにかく猫の手も借りたい忙しさです。

何の学力もない母子家庭の女性でも真面目に働いてくれさえすれば、アパートも用意してくれるし、がんばって残業すれば25万円くらい稼げる仕事を紹介してくれるのです。

 

ただし、仕事を辞めてしまうとアパートから出ないといけないです。住むところがまた無くなってしまいます。

 

だからずっと真面目に働く自信があるシングルマザーには超おすすめ。 

 

ちなみに最近の寮は超きれいです。こちらの記事に書きましたのでご覧ください。

派遣の寮ってどんな感じ?無料個室1Rで女性でも極楽!

 

その他、離婚後に住む家を確保する方法

さて、アパート寮を借りるという方法以外で離婚後に住む家を確保する方法考えてみます。

実家に帰る

実家に帰るのは王道のパターンですよね。

何しろご両親が健在なら子供の面倒をみてもらえますので。

しかも家賃もかからないので、仕事さえ見つければ何とかなる・・

 

でも実家が手狭で住む部屋がない場合や難しいですよね。

さらに兄弟がすでに住んでいたりすると無理。

 

また、最近のご両親は孫の面倒を見るのを嫌がる方も多いそうです。

というのも昔の親は40代で孫がいる方も珍しくありませんでしたが、最近の親はすでに高齢者になっている場合が多いからです。

 

子供が独立して、せっかく二人だけの静かな時間を過ごしたいと考えていたのに、今度は孫の面倒か、、と考える方も少なくありません。

 

孫はかわいいですが、それもたまに会うからというのもありますよね。

 

公営住宅に入る

公営団地は収入の少ない方の助け船の面もあり、福士枠の部屋があります。

シングルマザーなら応募することが可能です。

 

家賃も2DKで2,3万円で借りれるところもあり母子家庭にはありがたい存在です。

 

ただ、地域によっても家賃は異なりますし、なにしろ倍率が高いケースが結構あります。運がよければ1回の抽選で入居できますが、それも確かではありません。

 

母子家庭は有利に働く場合もあるそうなので、まずは応募してみましょう。

 

民間の賃貸アパートに入る

これは自分でアパートを借りたことがある方ならわかると思いますが、ほぼ不可能です。

 

まずアパートに入るためには収入のチェックがされます。

母子家庭で仕事をしていない方や、年収が少ない方は入居を断られる可能性が非常に高いです。

 

仕事をしていないなら生活保護を受けて、家賃が払えるという証拠を提出する必要があります。

 

離婚は前向きな未来のはじまり

 離婚って悲惨なこと、という風に世間では思われているようですが、嫌なダンナと別れて新しい生活を子供と始められるというのは、本来とても楽しいことのはずです。

 

でもお金のことだけがネックで母子家庭の女の人はみんな悩む。

 

でも今は昭和ではないですし、人手不足の世の中なので仕事はいっぱいなんです。

 

ぜひ今回ご紹介したような仕事も紹介してもらえてアパートも無料になるサービスを利用して住む場所を確保しましょう。

そして、お子さんと明るい未来を作ってくださいね。