シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

評判のISO取得コンサルタント会社を比較ランキング・選び方/ISO9001

ISOコンサル風景

ISOの運用はコンサルタント会社にお願いした方が効率的

製造業で工場の仕事をしている人には有名なISO規格。

ただ、一般の人にとっては何のことがわからないという場合も多いでしょう。

 

このISOとは事業を行う上で定められた標準的な手順を踏むことで、経営改善や事業の継続を安定的にする役割があります。

特に有名なのがISO9001とISO4001です。

普通はISOコンサルタント会社に依頼すると認証取得をサポートしてくれます。

 

また、これとは別にISOには営業的な意味もあります。

というのも大手のメーカーから仕事を取るためには、下請け工場ではこのISOの取得が必須になっている場合が多いからです。

本来の目的と少し離れているのですが、ISOを取得していれば仕事が取りやすいというのも事実です。

 

このISOですが、自社でも取得は可能ですが、本来の業務を行いながら規格の要件に合わせて文書を用意するのは至難の業。

そこでISOコンサルタント会社に依頼する企業が圧倒的に多いのです。

 

今回はこのISOコンサルタントおよびコンサル会社の中で評判が比較的良いオススメの企業について勝手にランキングしてご紹介します。 

コンサルタントの選び方の参考にご覧ください!

 

一度は相談してみたいISO取得支援会社ランキング3選

 

第1位 ISOコム

ISOコム画像

 

ISOコム株式会社

東京と大阪に拠点があるISO認証取得支援コンサルタント会社です。

サービスは全国対応しています。

社長が前面に出ていてちょっとくどい感じですが・・まあいいでしょう。

 

設立18年の会社なのでかなり老舗の部類にはいるかもしれませんが、ここ2,3年で急速に顧客を増やしていると評判のコンサル会社です。

 

得意としているのは、ISO9001およびISO14001。

 

実績を見ると中小企業はもちろんですが、東証一部上場企業のISOコンサルトも行っているため信頼度は高いです。

 

なぜ選ばれているかというとISOのスリム化に力を入れているからと思われます。

 

普通ISOを運用する上では膨大な文書が必要になります。

これがISO担当者の負担となっていますが、実は本来必要のない文書やマニュアルを作っている場合も少なくありません。

 

こういったISOに潜むムダを省くことによって、担当者の負担を軽減することを目指しています。

 

そのため、お客様のために考えるというスタンスが各コンサルタントに染みついていて、そのことがお客様の信頼を勝ち得ている理由かと思います。

 

また、このコンサルティング会社の特徴として、コンサルタントの年齢が比較的高いという点があります。

イラストが紹介されていますが、年齢高そうです。。

ISOコムのベテランコンサルタント

これは、ISOの取得や更新に関する仕事は、お客さまの経営についての理解やサービスについての問題点などにおける洞察力も必要なためと思われます。

 

若くて経験の浅いコンサルタントでは、しっかりした提案ができないからではないでしょうか。 

 

しかもISOコンサルタント全員がISOの審査員の経験が長いので、審査に合格するノウハウがものすごいです。

 

ちなみにISOコムではISO9001・ISO14001の

認証取得100%合格保証をしています。

 

またもう一つのポイントとして、ISOコムは毎年の更新サポートで稼いでいるわけではない点です。

更新代行もお願いすればもちろんやってくれます。

 

ただ、それよりもお客さんが独り立ちできることを目的としているそうです。

 

最初にお客さんの実情をしっかりヒアリングしてくれます。

ヒアリングを元にISOを構築してくれるので自社にマッチした効率的なマニュアルができあがります。

 

そのため、翌年からはお客さまが自社でISOを簡単に運用できるようになるということです。

 

それだとISOコム自体はあまり儲からないと思うんですが、お客さんを育てて自立してもらうというスタンスが人気の秘密なのかもしれません。

 

ISOコム公式サイトはこちら

 

第2位 ISO総研

ISO総研

株式会社ISO総合研究所

こちらの会社社名を耳にされたり目にされた方も多いかもしれません。

ISO業界では最大手のコンサル会社ともいえます。

 

社員も100名を超えています。ホームページを見ると結構若い社員の方が多いのがわかりますよね。

 

おそらくすでに顧客となっているお客様のISOの更新などについて常時サポートするためにこれだけの人員が必要なのではないかと思います。

 

自社でISOの更新作業をするのは面倒なので、すべて丸投げしたい!という企業の場合はこういった若手のコンサルタントがたくさんいるところにお願いした方がいいです。

 

ISO9001の認証取得実績はもちろん、その他のISO規格の取得実績も多数あります。

そのため、大手の会社で安心感を求めてISOのコンサルタントを探している場合はこういった会社に依頼するのがいいかもしれません。

 

たとえば、打ち合わせが多い会社や、打ち合わせにISOの担当者が複数名くるとなんだか安心!みたいな会社ありますよね?

 

そういう会社には合っているかもしれません。

 

でも、コンサルって子供じゃないんだから、普通は一人で行動するものなんですけどね・・

 

一応デメリットとしては、すべて丸投げできるということはISOを自社の経営戦略に沿って運用することを諦めることになります。

 

ISOは本来自社のサービスに沿って運用することで最大限の効果を発揮する点にあります。

それをコンサルティング会社に依存してしまえば、せっかくとったISO認証の意味がなくなります。

自分たちでISOを運用してサービスに活かしていくんだ!という考えをもっている企業には合わないと思った方がいいです。

 

たとえば、なんとなくISO9001を取ったら、それを表彰状みたいに飾っておくのが仕事になっているような会社って結構ありますよね?

 

そういう会社の場合は、毎年の更新とかが面倒だと思いますので、ISO総研みたいなところに更新代行のコンサルをお願いした方がいいかもしれません。

 

ISO総合研究所公式サイトはこちら

 

 第3位 スリープロサポート

スリープロサポートの画像

スリープロサポート株式会社

東京・大阪・福岡に拠点があるISOコンサル会社です。

600社の実績があり、こちらもISO総研同様この業界では大手のコンサル会社となります。

 

他社と異なる特徴として、ISO9001や14001以外の規格にも積極的に対応しているところとなります。

たとえばBCMS、ETS、病院機能評価 、苦情対応マネジメントシステム等にも対応している部分が企業担当者としては安心できるのではないでしょうか。

 

スリープロサポート公式サイトはこちら

  

ISOコンサルタント会社の選び方ポイント

世の中にたくさんあるコンサルタント会社の中で、適当な企業を選ぶのはとても大変です。

ここでは優秀なISO9001のコンサルタントを選ぶ方法とポイントについてご紹介します。

 

・コンサルティングは人件費削減になる

ISOのコンサルには大きく分けて2つあります。

 

ひとつは、新たにISOを取得する場合です。

ISO認証取得といいますが、いちからISOを取るためかなりハードルは高いです。

自社内に詳しい人がいればいいのですが、そうでない場合は絶対コンサルタントの助けを借りた方がコストパフォーマンスもいいでしょう。

 

よくわからないものをいちから勉強するのは非常に時間がかかり、本来の業務がおろそかになるのは間違いありません。

コンサルタントへの費用をケチると、後で自分のクビを絞めることになります。

 

もう一つの目的としてすでにISOを持っていて、毎年の更新審査をコンサルしてもらいたい場合です。

こちらの場合は、自社内でできるケースが多いと思いますが、以前担当していた方が退職して引き継ぎがないと、最悪審査が通らない場合があります。

 

こういった、社内にISOのことを知る人がいなくなったような場合に、コンサルタントをお願いするといいでしょう。

 

・価格は適当か

もちろんコンサルティング費用は安いにこしたことはありません。

しかし、安い価格にはやはり理由があります。

 

たとえば、大手のISOコンサルティング会社の場合ですと、決まり切ったマニュアルで仕事をするように決められているため、せっかくコンサルタントに来てもらっても、話が通じないということはよくあることです。

 

いくらマニュアル化されているとはいえ、各社ごとに業務の内容や扱うサービスの種類が異なるため、ISOコンサルタント会社は臨機応変な対応ができることが求められます。

 

臨機応変な対応ができるということは、ベテランのコンサルタントでなければ無理です。

そして、ベテランのISOコンサルタントを抱えているような会社は当然ながらコンサル費用が他社と比べて高くなるのは当然なのです。

 

変な若造にコンサルを任せるか、それともちょっとお高くてもベテランのコンサルタントが来てくれるところにお願いするか、経営者ならもちろん後者を選ぶことをオススメします。

 

また、遠隔地に会社がある場合も交通費や出張費は別途請求されるため費用は全体的に高くなります。

地元に優秀なISOコンサルタントがいれば、相談すればいいのですが、そんなにうまく優秀なコンサルタントは地方にはいません。

 

できたら東京や大阪にいる実績の多いコンサルタントに交通費をきちんと支払って来てもらう方が、長い目で見るとお得だと思います。

  

・相性がいいか

コンサルタントをお願いする場合、相性がいいかどうかはとても重要です。

というのも、ISOの認証取得にしても更新作業にしても、社内の複数の人間を動かして何度も会議を開く必要があります。

 

コンサルタントの人間性に問題があると、この会議がスムーズに運用できません。

 

この点についても、ベテランのコンサルタントを複数抱えている会社にお願いした方が、場慣れしているので絶対安心です。

 

まとめ

以上、今回はISOコンサルティング会社を比較する点についてご紹介しました。

 

弊社ではいくつかの工場でISO9001の認証取得の相談を受けたことがありますが、その際今回ご紹介したISOコムに依頼しています。

 

というのも、先ほどご紹介したようなベテランのコンサルを多数抱えているという点が、認証取得を最後まで確実に成功させるために一番の安心感になるからです。

 

また、認証取得したISO9001やISO14001を自社の経営改善に結びつけて話してくれるのは、他のコンサルティング会社にはない特性だと思います。

 

その辺もオススメできるポイントです。

今後のISOコンサルタントの選び方の参考にしてください。