工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

頭が悪くてもバカでもできる稼げる仕事

 頭が悪い画像

 世の中には頭のいい人と悪い人がいますが、就職の際にも頭の悪さが、仕事先を狭めることがあります。

 

それでは、頭が悪いバカで無能な人たちはこのまま就職先に恵まれずに我慢する必要があるのでしょうか。

 

そんなはずはありません!

頭が悪い人であっても、頭を使わず仕事を選べて生活するのに十分な収入を稼ぐことは可能なのです。

 

本日はバカでもできる稼げる仕事についてご紹介します!

頭が悪くてもバカでも稼げる仕事ランキング

頭が悪くてもできる仕事は世の中に山のようにあるのです。

主なランキングはこちら。いずれも簡単すぎる仕事です。。

順位 職種 特長

1位

ピッキング 頼まれたものを棚から取ってくるだけ。誰でもできる簡単お仕事。

2位

梱包 段ボールに製品を詰め込む作業。

3位

仕分け 配送先ごとに製品を配置する作業。

4位

検査 製品が汚れていないかなどをチェックする仕事。

5位

組み立て 部品と部品を繋いでひとつの製品にする仕事

 

では、具体的に頭が悪くてもできる仕事内容についてご説明します。 

 

倉庫の仕事

皆さんは倉庫の仕事がどんな内容かご存知ですか?

 

倉庫は常に商品が搬入されたり、搬出されたりを繰り返している場所です。

世の中の物の流れの中心のような職場です。

 

もちろんこの倉庫の中にも役職や職種によっては頭の良い人が働いていますので、頭の悪い方のつけいるスキはありません。

 

しかし、頭が悪くてもできる稼げる仕事はあります。

 

ピッキングの仕事

 

f:id:yuhi_t:20180623113316j:plain

ピッキングは伝票やタブレットなどに記載された商品を倉庫の棚からピックアップして、また所定の場所まで運ぶ仕事です。

 

これなら字が読めて歩くことが出来れば誰でもできます。

 

もちろん未経験大歓迎の仕事で、学生から主婦の方まで多くの方が働いて稼いでいます。

皆さん頭が悪いわけではありませんが、未経験でもすぐに採用されるので働いているだけです。

 

効率よく荷物を集めてくるのはちょっとだけ頭を使いますが、それだけです。

 

こういった仕事で、これまで失った自信を回復して、別の仕事にチャレンジするというのもありだと思いますよ。

 

ピッキングの仕事内容をこちらの記事に書きましたので、ご覧ください。

ピッキング作業って本当につらいの?結構楽しいという話

 

 

梱包の仕事

梱包

梱包も誰でもできる仕事の代表格です。

 

段ボール箱の中に商品をひたすら詰め込んでいく仕事です。もちろん未経験OKの仕事で、頭が悪くても身体が動けば働くことが出来る仕事です。

 

仕事内容をこちらの記事で書きましたので、ご覧ください。

梱包作業バイトの仕事内容 

 

 

仕分けの仕事

f:id:yuhi_t:20180623113523j:plain

仕分けも頭が悪くてもできる仕事です。

 

倉庫内で配送先ごとに荷物を分別する仕事です。この仕事も簡単な文字が読めれば大丈夫。

頭を使うというよりも力を使う仕事です。

 

倉庫によっては重たい荷物を仕分ける必要がありますが、意外と女性も活躍しています。

 

逆に頭が良くてもやる気がない人には向かない仕事といえます。

 

倉庫の求人情報を探すなら

倉庫の仕事についてわかっていただけましたか?

 

倉庫の仕事で働くなら未経験でもすぐに採用される求人が多い、

働くナビがおすすめの求人サイトです。

 

ぜひ気になる仕事にどんどん応募してみてくださいね。

 

工場の仕事

 工場の仕事も比較的頭が悪くてもできる仕事がたくさんあります。

 

しかも稼げる。

 

ただ、たとえばいきなり自動車工場で車の設計なんかの仕事はできません。

こういった知識労働は頭の良い優秀な社員が行いますので、頭の悪い方のつけいるすきはありません。

 

頭の悪い方ができる仕事は工場でも末端の仕事となります。

 

先ほど倉庫のお仕事をご紹介しましたが、工場の中にも倉庫とおなじように、梱包や仕分けといった仕事がありますので、こういった業務は大丈夫です。

 

頭を使わないバカでもできる仕事の代表格とも言えます。

 

さらに工場では、組み立て、検査、研磨、旋盤、溶接、クレーンなどの仕事があります。

 

検査の仕事

f:id:yuhi_t:20180623113745j:plain

この中でも検査の仕事は頭が悪くてもできる稼げる仕事の定番と言えます。

 

ベルトコンベアで流れてくる制作中の製品にキズがないか?とか、きちんと電気が流れるかなどをチェックする仕事です。

 

やることはほとんど毎日決まっていて、頭がいいか悪いかというよりも、注意深く物事を観察できる、しかも長時間行えるかという能力の方が重要となります。

 

たとえば、子供の頃勉強はまったく出来なかったが一日中アリの観察をするのは得意だったとか、間違い探しが得意とか、そういったことが好きだった方は検査の仕事が向いていると思いますよ。

 

まわりからは不器用に見られるかもしれませんが、不器用なために一つのことに集中して取り組める可能性があります。

 

コチラに検査の仕事内容について書きましたのでご覧ください。

検査バイトの仕事内容

  

組立の仕事

f:id:yuhi_t:20180623131939j:plain

組み立ても自動車の組み立てから家具の組み立て、電子部品の組み立てまで様々です。

 

複雑な機械を取り扱う組立は少し難しいかもしれません。

 

ただ、組立の仕事もマニュアルがきちんと決まっていますので、普通はその日から作業できる仕事ばかりです。

 

たとえば、電子部品の組み立てなどは、決められたパーツを組み立てていくだけです。

パートのおばちゃんや女性もたくさん活躍している職場なので力仕事ではありません。

 

ただし、あまり不器用だと組立はできませんので、せめて手先だけは器用な人が向いているかもしれません。

 

なお、自動車工場の組み立ては男性の方が稼げるはずです。ていうか相当稼げます。

年収400万円くらいの人もざらにいるのが自動車の組み立てです。

 

こちらで仕事内容を紹介していますので、ご覧ください。

かなり稼げる組立バイト・派遣の仕事内容

 

 

研磨の仕事

研磨とは、自動車やバイクなどで使われるメッキ加工された部品などを磨く仕事です。

 

バイクのハンドルなどピカピカ銀色に光っていますが、ああいったメッキ部品はすべて手作業で磨かれています。

 

 この他にも金属の研磨や、宝石の研磨など研磨だけをとっても様々な製品を磨く仕事があり、頭が悪くてもできる仕事です。

 

重要なのは頭がいいかどうかではなく、こだわりです。

 

顔が映るくらい鏡面仕上げされた金属部品をみたことがる方も多いでしょう。

 

もうこの辺でいいやと作業を投げ出すのではなく、誰が見ても驚くほどきれいに磨く作業を続けられるかどうかが重要です。

 

 

 溶接の仕事



溶接も頭が悪くてもできる仕事です。

 

船の船底を溶接したり、建築建材の溶接をしたり、工場だけでなく建設現場にも活躍できる場がたくさんあります。

 

 溶接は一度技術を覚えてしまえば、あちこちの工場や建設現場で引く手あまたの仕事です。

 

しかも給料が高いときているので、若い方でこれまで何の仕事もやってこなかった方が取り組みやすい仕事として有名です。

 

とにかく溶接は人気があるので稼げると言われています。

 

ただし、現場はかなり暑いです。夏場は大変。それでも稼げる仕事といえば溶接ですので、挑戦する人はかなりいますよ。

 

 

工場の求人情報を探すなら

工場の仕事についてわかっていただけましたか?

 

工場の仕事で働くなら未経験でもすぐに採用される求人が多い、

働くナビがおすすめの求人サイトです。

 

その他、全国の工場求人を大量に扱っている日本一のサイトでは、

工場ワークスも有名です。

 

ぜひ気になる仕事にどんどん応募してみてくださいね。

 

 

・運転手の仕事

 

f:id:yuhi_t:20180623134802j:plain

トラックのドライバーや、タクシーの運転手、宅配便の運転手など、免許を持っていればできる仕事は基本的に頭が悪くてもできる仕事です。

 

気をつけなければいけないのは、頭がいいのに要領が悪いタイプの方です。

どの道を通ったら最短で目的地につけるかとか、どこでお客さんをたくさん拾えるかなどは、経験や要領の良さが求められます。

 

頭が良いよりも、長時間ハンドルを握っていることができるガッツややる気の方が重要な仕事です。

 

運転手の求人情報はバイトル!で探すのがオススメです。全国でお仕事があるので、なんらかの稼げる仕事はみつかるはず。

 

 ・警備員の仕事

 

f:id:yuhi_t:20180623134845j:plain

建物の中を巡回したり、工事現場でダンプカーなどを誘導したりなど、警備員も誰でもすぐにできる仕事の代表です。

学生のバイトからフリーターまでたくさんの方が働いています。

 

研修はビデオを見て、旗の振り方を少し練習するだけで現場に向かいます。

工事現場の場合、基本的な作業としては歩行者が建設現場の近くを歩行する際の安全の確保、そして工事車両の誘導です。

 

ほとんどの仕事は1日やれば次の日も同じで、頭が悪くても絶対大丈夫。

 

それよりもいち早く動いたり、危険察知能力が高い人の方が向いています。

 

日勤と夜勤の仕事があり、夜勤の方が時給も高く、毎日現場にいけば25万円くらいは稼げる仕事です。

 

警備員の求人情報はバイトル!で探すのがオススメです。警備員の仕事情報がけっこう掲載されているので、絶対仕事がみつかります。

 

 

以上、頭が悪くてもできる稼げる仕事のご紹介でした。

 

実際には頭が良くても仕事ができない人はたくさんいますし、頭が悪いからといって仕事ができないわけではありません。

 

バイトや派遣で仕事を探している方や、頭が悪すぎて他の仕事が見つからない方、今日ご紹介した求人サイトで、ぜひお仕事を探してみて下さい。

 

ぜったい、頭が悪くてもできる仕事がありますよ!

 

続いてなぜ頭が悪いのか、その理由を探ってみます。

 

本当に頭が悪くてバカだと仕事ができないのか


頭が悪いパターン1

 

最初にご紹介するのは、「知識が無い」タイプです。

 

たとえば上司が、「この資料のポイントをまとめておいて」と言ったとします。

 

頭の悪い人は、この「ポイント」という言葉が意味していることがわかりません。
文字を読めることはできますので、資料に書いてあることの半分くらいは理解できます。


しかし、「ポイント」に込められた意味がわからないためその先の作業ができないのです。

 

この場合、ポイントとは資料に書いてあることの要約を書き出せということです。

 

しかし頭が悪いと「要約」自体もわかりませんし、資料の中のどの部分が要約すべき重要な箇所かがわかりません。

 

なぜこのようになってしまったかというと、子供の頃から読み書きをあまりしてこなかったことが原因です。

 

たくさん文章を読んでいれば、難しいことを覚えなくても、文章の流れや重要なポイント、お決まりのパターンなどを自然と学習するようになるはずです。


しかし、文章を読み込んだことが少ないとこの学習ができません。

 

さらにこういったタイプのかたは短い文章は読んだことがありますが、長文を読んだことがほとんどありません。
文章の流れや要点を見つけるのは長文を読むことが必要なのです。

 

頭がいい、というのは長文をたくさん読んだことがあると言い換えてもいいくらい大切なことなのです。

 

長文をたくさん読んでいれば単語が頭の中にたくさんストックされているため会話にも困りません。

 

また、長文を読んで物事の流れを理解していれば相手が言っている話の流れや仕事の組み立ても、取り組む前から想像できます。

 

こういったことが仕事を円滑に進めるために必要となる、いわゆる知識というものなのです。

 

頭が悪い人は、この「知識」がないため仕事ができないと考えられます。

 

 頭を使わないというのは、要するに知識がないということなのです。

 

 


頭が悪いパターン2

 

続いてのタイプは、「本当は頭がいいタイプ」です。

学校の成績はそれなりだった、出身校の偏差値も50くらいはあったというタイプです。


しかし、本人は頭が悪いと思って仕事も探さないから人生がまったく好転しないタイプです。

こういったタイプはだいたいた小学生くらいからクラスでも成績上位者だった可能性が高いです。


小学生時代に何もしなくても成績が抜群に良かったものだから、怠けることを覚えてしまいます。
子供の頃についた癖というのはなかなか直らないもので、そのまま怠ける性格を引きずります。

 

中学生にあがっても成績はかなりいい方です。
難関の私立中学には入れませんが、地元の公立中学なら楽勝です。
公立中学に入ってくる学生はそもそもたいして勉強が好きな子が多くないからです。
しかしこれも中学卒業が近づくと崩れてきます。


高校受験というイベントを目の前にして、これまで勉強を苦手にしていた素質のある子たちが一斉に勉強を始めるからです。

 

この時点で次第に劣等感を抱くようになります。


自分もしかして頭悪いのかもしれない、世の中にはもっと頭のいいやつが多いなと錯覚しだすのです。

 

その後は、高校、大学と次第に偏差値のランクを落としていって、大学を卒業するころには卒業自体も困難になってきます。
卒業できない人もいれば、かろうじて卒業したとしてもこれといった就職先もないままだらだらとフリーターになったり、最悪ニートになったりするのです。


当然そのころには自分がかつて賢かったことは忘れ、いかに自分が頭が悪く社会に不適合かという点だけに気が向くようになります。

こうなってしまうと、どこにも就職できません。

 

こういうタイプは地頭は良い可能性がありますので、どこかで仕事を見つけてしっかりした研修をしてもらえば自信を取り戻す可能性が大きいと考えられます。

 

仕事をうまくこなすということは「自信」をもって動けるかどうかも重要です。

だからきっかけをみつけて自信を取り戻してほしい。

 

しかし、そのとっかかりとなる仕事をみつけることに苦労するでしょう。

 

 


頭が悪いパターン3

 

最後のパターンは先述の2つのパターンとはちょっと違います。

 

頭は特に悪くないが「要領が悪いタイプ」です。

 

もしかすると仕事をする上ではこのタイプが一番やっかいかいもしれません。

なにしろ、頭は悪くないから自分がバカなのに気がつかず周りを攻めてしまうからです。

 

この要領の悪い人達の特徴は、仕事の優先順位がつけられないことが致命的です。

 

たとえば、新しい商品を作ろうと開発会議を開いたとします。

いろいろな企画書がでてきて、その内容も把握できますし、メリットやデメリットもなんとなくわかるくらいの頭はあります。

 

そのため、一緒に仕事をしたことがない人からみると、頭が良い方に見えることが少なからずあります。

 

そのことが問題をややこしくしてしまうのですが。。

 

このタイプの人達の悪いところは、企画書を読んだだけでそのあとなにもしないことにあります。

 

つまり物事を前に進める力がない点が問題なのです。

 

企画書にたいして、あーだこーだ文句をつけたり意見を述べたりした結果、まわりを様々な混乱に巻き込んだり、余計な仕事をつくって全員の残業時間を膨らませたりします。

 

これが、悪意があるのではなく、どちらかというと善意や正義感からきているので大変です。

役職者だったりすると、まわりの社員もむげにすることもできないし、会社全体がストップしてしまう大きな要因となります。

 

こういったタイプの方は、あちこちに転職することができますが、どの会社に行っても同じことを繰り返して最終的には仕事ができない人という烙印を押されてしまうのです。

 

 そのうち年齢が高くなりすぎてどこにも採用されないという悲しい結末となります。

 

 

以上が、なぜ頭が悪いかその理由でした。

一言に頭が悪いといっても様々なタイプがあることがわかっていただけたかと思います。

 

お仕事をお探しでバカでも稼ぎたいという方は、ぜひ今日紹介した求人サイトでお仕事を見つけてみてくださいね。