工場求人を探そう

全国の工場求人や派遣・バイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

ピッキング作業ってつらいの?結構楽しいバイトという話

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、働くナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】働くナビはこちら

ピッキング


工場求人サイトでよく目にする軽作業の仕事の中でも「ピッキング作業」は特に募集が多い仕事ですよね。

 

言葉のとおり、商品を棚から拾い上げて集めるのがピッキングの仕事ですが、バイトや派遣で働く人の中にはピッキングはつらい仕事と考えている人も多いようです。

 

でも実は女性も大活躍していて、意外と楽な仕事だって知ってました。

今日は、このピッキングがどんな仕事なのかについてご説明します。 

 

ピッキングのバイトの仕事内容

たとえば、amazonやZOZOTOWNなどのような巨大倉庫は日本中にできていますが、こういった倉庫では広い構内に棚が並んでいて商品がたくさん並べられています。

 

よく倉庫の映像などでみる光景ですよね。

 

こういった広い倉庫の中で、伝票などを元に指示どおりに商品を集めてくるのが「ピッキング」のお仕事です。

 

普通はカートなどを押して棚から商品を取り出していく作業となります。

 

ピッキングする商品は倉庫によって様々です。

 

前述のamazonのような場合は小物の商品が大量にあるのが想像できますよね。

 

洋服、電化製品、おもちゃ、本、ゲーム、医薬品、化粧品、キッチン用品、食料品など様々。

 

ZOZOTOWNは当然ながら洋服と雑貨のピッキングとなります。ゾゾタウンのバイトはオシャレそう!ということで学生や女子にも人気らしいですね。

 

こういった小物商品の場合は女性でも活躍できる場がたくさんあります。

 

なお、以下のように職場によっては、「ピッキング」「梱包」「検品」「仕分け」これらの職種を1人で行う場合もあります。

 

 

(1)配送されてきた商品を伝票と照らし合わせて商品名や個数に間違いがないか検品

(2)倉庫の棚から商品を集める(ピッキング)

(3)段ボール箱に梱包

(4)配送先ごとに仕分ける

 

 

「ピッキング」だけをやりたい人は、派遣会社にそのように伝えた方がいいでしょう。

 

ピッキングのアルバイトは大手派遣会社スタッフサービスの子会社で紹介してもらえます。

ピッキングのバイトに登録

 

ピッキングの効率的な作業方法のコツ

ピッキングには有名な方式がいくつかあって、その代表とも言えるのが「摘み取り方式」と「種まき方式」です。

 

・摘み取り方式

先ほどご紹介したように、人が倉庫内を歩きながらカートやカゴに一つずつ商品を摘み取っていく方式を摘み取り方式と言います。

果樹園で果物をつみとっていくのに似ているのでこの名前がついています。

 

・種まき方式

こちらは摘み取り式とは逆の動きになります。

 

手に持っている種を必要なところに植えていくというイメージからも想像できると思いますが、商品をあらかじめ決められた場所に置いていく作業になります。

 

たとえばセブンイレブンの倉庫に搬入された商品を、各店ごとのカートに仕分ける作業を思い浮かべていただけるといいかもしれません。

 

これらのピッキング方式は商品の多さや仕分け先の数によって決められていて、バイトや派遣スタッフが考えることでありません。

 

倉庫の担当者があらかじめ決めている方式ですので、まずは指示に従ってピッキングをおこないましょう。

 

・最短経路を把握する

広大な倉庫でピッキング作業を行う場合、1日で10キロ以上歩くことも珍しくありません。

 

ダイエットや健康のためにもおすすめなのですが、そこはお仕事ですからできるだけ効率的に歩き回って商品をピックアップする必要があります。

 

最初はどこに目指す商品が置いてあるかまったくわからなく、つらいと思いますが、毎日作業していくうちに次第に商品の置き場所の目処がついてきます。

 

そのうち、ピッキングの最短経路をみつけるようになりますので、毎日作業しているうちに効率的に楽に働けるようになるはずです。

 

業種によるピッキングする商品の違い

先ほどamazonの例を出しましたが、amazonのような倉庫であればあまり大きな商品は扱いません。

 

amazonでも比較的大きな商品を売っていますが、発送するのは商品を扱っている各店舗からというケースが多くなります。

 

ただ、業種によっては扱う商品も巨大になりますので、大きな商品に関しては男性でしか扱えなかったり、そもそもフォークリフトで運ぶ必要もあります。

 

たとえば化粧品やお菓子などの比較的軽い商品であれば段ボールに入っていても、バイトの女性がピッキングすることが可能だって何となくわかりますよね。

 

でも、漬物工場の倉庫ではどうでしょうか?

 

漬物はひとつひとつが水分を含んでいて重量があるため、これが段ボールに50個でもはいっていれば、ひとつひとつがいくら小さくても集まると相当な重量となります。

 

これはバイトの女性がピッキングするのは無理ですし、そもそも段ボール箱100箱分を仕分けてください、というようなオーダーだと男性でも難しいかもしれません。

その場合はフォークリフトの出番です。

 

また、インテリア用品などの大きな家具を扱う倉庫でも同様の問題が発生します。

 

特に高い棚に置いてあるソファをピッキングする場合は、昇降機に載せて下ろしたりする必要があり、もちろん一人では無理なので2人でピッキングする必要があるでしょう。

 

このように業種によって扱う商品の大きさがかなり異なります。

 

求人情報でバイトや派遣の仕事を探すときは、その会社がどんな大きさの商品を扱っているかをきちんと把握してから応募することをおすすめします。

 

こういった情報はアルバイトの求人サイトではわからないものです。オススメは派遣会社に登録してお仕事を紹介したもらうこと。

 

派遣会社経由の仕事なら、どんな仕事内容かもわかるし、嫌なら断ることも可能です。

 

ピッキングのバイトを紹介してくれるおすすめの派遣会社

 ピッキングの求人情報

※テクノサービスで実際に募集されているピッキングの求人

 

テクノサービス

「オー人事」のCMで有名なスタッフサービスグループの派遣会社です。

スタッフサービスは全国で100万人が登録する日本最大級の派遣会社なので安心して登録できます。

50代くらいの方も大歓迎です。

 

簡単な仕事をすぐに紹介してくれるところに特徴があります。

 

公式サイトでエントリー

 ※登録は1分で完了します。

 

こちらの働くナビという公式サイトでエントリーしてから面談に行きます。

 

ピッキングのバイトがあればその場で紹介してもらえます。

 

当日仕事がなければ、その後ピッキングのお仕事が募集されたときに優先してお知らせしてもらえるようになります。

 お仕事メールを受け取ることで確認もできます。

 

ただし、残念ながら18歳以上しか登録できないので高校生はダメですね。

 

 

続いてもう1社ご紹介します。

 

ランスタッド

ピッキングの求人

※ランスタッドで実際に募集されているピッキングの求人例

 これなんか確実にAmazonの倉庫バイトの求人ですね。Amazonのピッキングをやりたい人はランスタッドに登録するのが手っ取り早いと思います。

 

ランスタッドは最近名前をよく聞くようになった外資系の派遣会社で、世界で最も大きい派遣会社としても知られています。

 

担当者の方が親切で紳士的です

外資系だからなのかわかりませんが、派遣会社ってちょっとイメージが悪いところもありますが、ランスタッドは大丈夫。

 

公式サイトでエントリー 

※入力項目が少し多いので登録に3分くらいかかります。

 

ランスタッドは全国に支店も多いので、このブログをお読みの方がお住まいの近くにもきっと登録場所があるはずです。

 

ピッキングのバイト時給相場

時給:1,000円~2,000円(関東)

結構時給に幅がありますね。2,000円くらいの時給は深夜残業なども含んだ場合のケースが求人情報に記載されているためです。

 

 だいたい都会だと1,200円くらいはもらえると思っておいた方がいいと思います、中には900円というところもありますが、その場合ピッキングする商品が軽いことや、勤務地が田舎だったりするケースかと思います。

 

なんの資格も必要なく未経験でもいきなり始められる仕事としては、かなり楽に稼げる時給ではないでしょうか。

東京のピッキングバイト時給例

お菓子のピッキング 時給1,300円

衣類や小物のピッキング 時給1,000円以上

ネジなどのピッキング 時給1,200円

壁紙のピッキング 時給1,100円

電子機器のピッキング 時給1,100円

 

大阪のピッキングバイト時給例

自動車部品ピッキング 時給1,100円

医療品のピッキング 時給1,200円

金属部品のピッキング 時給1,000円

文房具のピッキング 時給1,000円

水道管パーツのピッキング 時給1,150円

 

東京と大阪ではそれほど時給に差がない感じでした。最低ラインが時給1,000円で扱うものによっては1,200円くらいになるようです。

 

それ以外の地方

名古屋や福岡など地方の都会といわれる地域の時給も調べてみましたが、だいたい東京や大阪より100円安いくらいの時給と思ってください。

 

ピッキングの服装

f:id:yuhi_t:20171107171453j:plain

ほとんどの倉庫では自由な服装で働けます。

といっても、もちろんスカートなどではうごきづらいためパンツをはいていった方がいいです。

 

※服装についてはこちらにも詳しく記事を書きました。

倉庫内軽作業の動きやすい服装って何やねん。夏と冬でちょっと違うよ

 

また、清潔な環境がほとんどですが基本的にはピックアップのアルバイトは汚れやすい仕事だと思っていった方がいいです。

 

倉庫内はホコリも多いですし、ハウスダストに敏感な方や鼻炎持ちの方はマスクをしていくことをおすすめします。

 

なお、工場などでは決まった作業服やエプロンを支給されることもあります。

 

その他、冷凍食品倉庫ではダウンやジャンバーを着ないと寒くてつらい職場も結構あります。

自分が勤める職場がどんな場所にあって、どのような商品を取り扱っているかは事前にしっかり把握しましょう。

 

最近では薄手のダウンなどを着て作業する人も多いですよ。

この服装によって仕事がきついかどうか決まってくる場合もあります。

 

ピッキングのバイトで働いている人達のタイプ

ピッキングの仕事をしている人の年齢や性別は様々です。

 

ほとんどは20代以上の方ですが、短期で働いている学生、フリーター、主婦、シニアなどです。中には高校生OKの職場もありますよ。

 

これまで一番年齢の高い方では55歳で働いている方もいたので、身体が動いて頭がしっかりしていれば、あまり何歳までという点にとらわれなくてもいいと思います。

 

職場によっては10年くらい同じバイトをしている先輩もいて、この人はどうやって暮らしているんだろうという人もいたりします。

 

まあ、人生さまざまですから誰が何をこれまでしてきたとかは気にしない方がいいです。

 

ちなみに女性の作業者も増えていますので、それについてはこちらの記事も参考にご覧ください。

女性もできるピッキングのバイト 仕事内容や人間関係

 

ピッキング作業は、ひとりでカートを押しているだけというケースが多いため、基本的にはあまり人としゃべらないことが多いです。

黙々と働ける職場ですので、あまり人との会話が好きでない人もうまくいくかもしれません。

 

とはいっても、そこは会社なので休憩中は同僚と話をすることもありますし、仲良くなれば飲みに行ったりすることもあり楽しいですよ。

 

ただ、完全に人嫌いだと仕事はしづらいと思います。

 

ピッキングバイトのつらいこと

これまでもいろいろご説明してきましたが、仕事、人、の面でつらいと感じる方はいるかもしれませんね。

 

黙々と作業をしていくだけなので、簡単で誰でもできる仕事です。

 

その反面、時間がなかなか過ぎていかないというデメリットもあります。

作業中何度も時計を見てしまうのはあるあるで、なんとかピッキング作業に変化をつけていったり、いつもどうやって効率的に働けるかを考えたりしないと飽きてしまいます。

 

また、体力的にも立ちっぱなしの仕事のため、足は疲れてきます。

足の疲れややっているうちに慣れてきますが、とりあえず体力にあまり自信がない方、よく風邪をひく方などはやめておいた方がいいでしょう。

 

なお、職場によっては重い荷物を運ばなければならなかったり、ピッキングと称して仕分けの仕事をする場合もあります。

 

重い荷物を扱う場合は力仕事になるため、ほとんどの現場では女性ではなく男性の仕事になります。

 

人間関係は、これは結構職場によって左右されます。

同じ大学生同士で作業することが多いとそれだけで楽しいですし、逆に自分とは年齢が離れている人ばかりだと話すこともないので寂しい思いをするかもしれません。

 

中には、仕事は仕事と割り切っている人も多いので、そういう職場ではピンと張り詰めた感じでみんな働いているのでつらいと感じる人もいます。

 

※こちらの記事も参考になるのでご覧ください。

倉庫内軽作業 バイトやパートの人間関係について 

 

 ピッキングバイトの楽しいこと

ピックアップのバイトは意外とスポーツ感覚で楽しめる仕事です。

 

伝票に記された商品をピックアップするために倉庫内をかけずりまわりますので、ゲーム感覚で仕事をしたり、同僚と競い合ってピッキングすると結構楽しいです。

 

日によってはあまり作業がない場合もありますが、いつもスピードを競い合っているような職場では暇すぎて結構がっかりします。

 

出社してその日の予定を上司から指示されますが、あまり仕事がない日もあり、そういうときは楽すぎてこれでお金をもらってもいいのか?と思う時もありますよ。

 

好きな商品が置いてある職場で働くのも楽しいです。

アパレルの倉庫ですと洋服が大量にありますので、洋服好きの方は今年のトレンドがよくわかったりして面白いと思います。

 

また、商品が多い倉庫ですと様々商品を知ることになりますので学生さんなんかは社会勉強にもなるかもしれませんね。

 

こんな商品を買う人もいるのか!という発見の連続で結構楽しいですよ。

 

将来的に物流系の企業に就職を考えている場合にも、物流の仕組みを学ぶためにピッキングのバイトを始めるのもアリだと思います。

 

ロボットやAIのせいで仕事がなくならないか?

これは最近の話題ですね。

 

Amazonなんかは海外の倉庫でロボットによるピッキングシステムを導入し始めているので、いずれ日本の倉庫にも導入されるでしょう。

 

ただ、Amazonのような巨大な倉庫だとロボットやAIの導入で効率化が図れますが、小規模な倉庫では逆に設備投資にお金がかかり過ぎるといわれています。

 

まだまだバイトを雇って人海戦術でピッキングした方が安いということですね。

 

こういった状況は10年くらいしたら少しずつ変わっていくかもしれませんが、バイトで働く分にはあまり気にすることはないでしょう。

 

ピッキングのバイトは基本的に楽

以上、ピッキング作業のつらさや楽しさなどについて語りました。

どんな仕事かわかっていただけたのではないでしょうか。

 

倉庫の仕事の大定番といえるピッキングの仕事は、主婦でもシニアでも誰でも採用されるバイトの王道といえます。

  

なお、ピッキングのアルバイトを紹介してくれるのは、以下でご紹介している派遣会社です。

お仕事を紹介してほしい方は必ず登録しておきましょう!