工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

「車通勤可」「バイク通勤可」の意味

f:id:yuhi_t:20180124180313j:plain

 

おはようございます!

今日も工場求人探していますか?よいお仕事はみつかりましたか?

 

さて、工場や製造業の求人情報を見ていて時々みつける特長アイコンに「車通勤可」「バイク通勤可」というのがあります。

 

今日はこのアイコンの裏に隠されている意味について解説します。

 

企業が車通勤を認めている理由

仕事を募集しているメーカー側が自動車やバイクの通勤を認めると言うことは普通ありません。

車通勤を認めてしまえば駐車場の確保が必要ですし、通勤中に事故に合うリスクも高くなってしまいます。

 

それなのに、あえて「車通勤」「マイカー通勤」を認めているのはなぜなのでしょうか。

それには2つの理由があります。

 

・工場が地方の田舎にあるため公共交通機関がない。

・車通勤を認めてイメージを良くしたい

 

都市圏にある工場は近くに電車が走っていますが、多くの工場は広大な敷地が必要なため、たいがい地方にあります。

 

それも地方の駅前ではなく、高速道路のインターの近くだったり、街から遠く離れた山の中にあったりします。

 

土地を確保するための苦肉の策なのですが、地方の工場は不便な場所にあると覚えておいて間違いないでしょう。

 

そんな不便な場所に誰が喜んで通うでしょうか?

 

何かのメリットがないと通いません。

そんなわけで自動車通勤が認められているのです。

 

広大な敷地があれば駐車場の確保も余裕です。

地方の若者に働いてもらうためには、彼らの足となっている車で来てもらうしかないのです。

 

なお、求人情報にマイカー通勤可と書いてあっても、駐車場を企業側が用意していないケースもあります。

 

余裕のない企業の場合、駐車場は用意しないけどマイカー通勤はいいですよ、という意味あいの場合です。

その際は、自分で会社の近くに駐車場をを借りる必要があります。

 

 

さて、もう一つに理由として、企業側はイメージがよくなることも狙っています。

「車通勤」を認めている心の広い企業、労働者の自由な通勤を認めている先進的な企業、そんなところを狙ってこの車通勤可のアイコンを求人情報に設置しています。

 

若者なら古くさい企業より、先進的でまともな会社に入社したいですよね。

 

なお、こういった不便な場所にある工場の場合、たいがい駅前などいくつかの拠点から送迎バスが出ています。

車やバイクを持っていない社員の方も通えるのでまず安心です。

 

気になる時は派遣会社に登録するときに、担当者にきちんと確認しましょう。

 

以上、車通勤、バイク通勤OKアイコンを企業がかかげる理由でした。