シゴトアルワ

誰でもできる簡単な仕事のポイントを元人材会社勤務の管理人が詳しく解説。派遣・バイト・パート・軽作業の仕事を探している方のオススメ。

溶接工の仕事内容 本当にきついの?向いている人は?

溶接の仕事


工場や造船所など、鉄と鉄をつなぐ技術といえば溶接の仕事ですよね。

 

激しく光る火花をものともせず、防護服を身にまとい仕事に没頭する姿がかっこよくないですか?

 

実は当サイトの管理人も子供の頃に憧れた溶接工の仕事。

実はお給料もすごくよくて稼げる仕事としても人気なんです。

 

今日は、そんな溶接の仕事内容とお仕事を始める方法についてご紹介します。

 

溶接はどのようなお仕事内容?

溶接は製造工場などで金属素材の接合や切断を行う仕事で、2つ以上の素材を熱を加えて溶かす事で接合させます。

 

きつい仕事という噂ですが、本当でしょうか。


製造業では操船や自動車、重電機や一般機器、圧力容器などを製造する工場で作業が行われます。

 

また、溶接は製造業だけではなく建築現場でも行われる作業なので、鉄骨建築物や設備関連のCAD入力ができると活動の場もより広げる事が可能です。

 

給与の高い仕事としても知られています

 

溶接方法はどんなものがあるの?

モノづくりでの基盤技術となる溶接ですが、その方法には大きく分けて3つあります。

 

・融接

融接とは、電気や火などの熱で素材を溶かせいて接合する基本的な方法です。

 

・圧接

圧接とは、熱は加えず圧力で接合します。
熱に強い素材の場合は、この方法での溶接が使われます。

 

・ろう接

ろう接は素材に熱は与えず、柔らかい金属をのりの代わりに利用する接合方法です。

このような溶接の技術は椅子やテーブルなどの家具、自動車部品や金属アクセサリーなどで活用されています。

 

溶接の作業工程はどんなの?

溶接で行われる仕事は、主に機械部品の製造や加工となります。


金属を熱で溶かす作業となるので、小さな部品を扱う際は火傷をしないように注意が必要です。


そして、溶接には様々な種類があり、今回は一般的な「アーク溶接」の作業工程についてご紹介します。

 

・鋼材を切断

鋼材とは金属の材料であり、加工をすためにまずは切断します。
鉄板を切断する場合は「メタルシートカッター」、鉄棒やパイプの切断には「チップソー切断機」と鋼材に応じて専用の切断機を使用します。

 

・鋼材を叩いて加工

切断した鋼材をハンマーで叩く事により、切断面を丸くしたりデザインの風合いを引き出す事ができます。
固い鋼材をたたきやすくする方法としては、熱してから叩くとより効率的です。

 

・鋼材を曲げて加工

切断面を加工したら、完成品の形に仕上げるために鋼材を曲げていきます。
曲げる際はテコの原理や加熱して鋼材を曲げて加工します。

 

・接合する

完成品の形に加工したら、溶接で重要な接合作業となります。
上記で説明したように接合方法は製品や材料によって、融接や圧接、ろう接などの方法に使い分けられます。

 

・塗装する

完成した製品にデザイン性を与えるためにペンキで塗装したり、長持ちさせるためにサビ止めを塗ります。

このように、溶接は人の手での作業が一般的です。


しかし、製品によっては機械での溶接など種類はたくさんあるので、たくさんの技術を持っていると仕事の幅も広がると言えるでしょう。

 

溶接の仕事をするにはどうすればいいの?

溶接では高い技術と知識が必要であり、工業技術系の学校や公共職業訓練校へ入校し、技術と資格を身に付けてからの就職が一般的です。

 

ただし、最近では未経験可の求人も増えてきていて、バイトでもやっているところは多数あります。

 

いや、むしろ未経験者の方が多いかもしれません。

 

工場系の求人サイトで未経験可で募集しているし、採用されてからも会社負担で資格を取らせてもらえるところが多いです。
 


勉強する内容は溶接機の構造や、電気、ガス、溶接材料、安全や衛生に関しての基本知識となります。


また、ガスを使った溶接では可燃性のあるガスを使用するため、ガス溶接技能講習を修了する必要があります。


溶接には様々な種類があり、それと同様にたくさんの資格があるので、自分に合った難易度の資格を選ぶと良いでしょう。

 


もし溶接の仕事を始めたい場合は、「ガス溶接技能者」か「アーク溶接作業者」の資格がおすすめです。

 

これらは別に頭が良くなくても簡単に取れます。安心してください。

 

ちなみにアーク溶接は学科2日、実技1日受けるだけで取れます。

 


そして経験が増えた時にスキルアップしたいと思った時は、専門性が高い「アルミニウム溶接技能者」や「PC工法溶接技能者」などの溶接技能者の資格を取る事で、各方法での技能者を名乗る事ができます。


また、最近では溶接品質にこだわる企業も多いので、「溶接管理技術者」と「溶接技能者」の資格を持っていると有利になるでしょう。

 

溶接に向いている人は?

溶接での仕事ではどんな人が向いているのかご紹介します。

 

・安全に作業が行える人

溶接では火や電気、ガスなどを使って部品を加熱し、それに触れて作業を行わなくてはいけません。
なので、作業に集中して安全に配慮しながら作業を行える人が望ましいと言えます。

 

・慎重で細かい作業が好きな人

工場での職場では体力仕事が多いですが、溶接工なら体力に自信がない人でも仕事をする事ができます。


小さな部品や複雑な形をした部品を接合する機会も多いので、細かい作業が得意、または好きな人に適していると言えるでしょう。


また、溶接では図面に沿って指示を確認しながら作業をすすめるので、慎重に作業が行える人も向いています。

 

・向上心がある人

溶接は高度な技術が必要であり、経験を積む事で確実なスキルを身につける事が可能です。


また多様な資格がある仕事でもあるので、前向きにスキルアップをしたい方には向いていると言えます。

 

・健康な人

当たり前といえばそうなのですが、溶接は身体が資本の仕事です。

冬はまだいいのですが、夏の現場は防護服を着ていることもあり非常に暑くなり大汗をかきます。

脱水症状にならないように水分補給に気をつけたりする必要もあり、高齢の人には向かないと思います。

溶接工がきついと言われるのはこの暑さの部分だと思います。

 

人の地道な作業で行われる溶接

溶接の作業工程では機械で行われる事もありますが、ほとんど人の手で行われる技術職です。


溶接技術は普段何気なく使っている様々な製品で活用され、モノづくりでは欠かせない仕事であると言えます。


モノづくりに携わりたい人や、技術的な仕事を始めてみたい人、がっつり稼ぎたい人におすすめの求人です。

 

以上溶接の仕事内容でした! 

  

溶接工の仕事は「工場ワークス」で探すとたくさんみつかる

今、製造業がかっこいい。未経験から目指すプロへの道【工場ワークス×ゲンバ男子】

 

なお、溶接工の仕事をしたいと思ったら求人サイトを探すと思いますが、

一番求人数が多いのは「工場ワークス」です。

 

他の求人サイトは時間の無駄なので見なくてもOKです!

 

オススメしたいポイントはこちら。 

 

・求人数が多いのでやりたい仕事が絶対見つかる

・簡単な仕事から稼げる仕事まで揃っている

・ワンルーム寮完備の求人も多い

・女性やシニア層も応募できる求人が多い

 

未経験者OKの求人も多いですし、なにより寮完備の仕事が多いのもポイントです。

 

※この工場ワークスを利用した人の感想などはこちらをご覧ください。

工場ワークスの評判や体験談はこちら

 

全国の求人を扱っているので、お住まいの近くにも必ずお仕事が見つかるはずですよ!

  

※オススメの工場系求人サイトのランキングも作りましたので、参考にご覧ください。

www.hakenlist.com

 

溶接工の仕事が向いてないと思ったら・・

溶接工の仕事は稼げるのでオススメなのですが、やってみて向いてないと思った方もいるかもしれません。

 

確かに地味な作業ではありますからね・・

 

そんな方は、オフィスワークや営業の仕事に転職することも検討してみてください。

工場からオフィスワークって大丈夫なの?

と思いますよね?でも大丈夫。

バイトでも派遣でも何らかの職歴があれば意外とあっさり転職できるものです。

 

そのとき、自分の力だけで転職するとうまくいきません。

工場勤務からオフィスワークへの転職はプロに任せましょう。

 

オススメは何と言っても最大手のリクルート。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

担当者が優良企業の紹介や、年収交渉、面接の設定などを代わりにやってくれます

リクルートは大手企業と多数繋がっているため、工場勤務の方も思わぬ大企業に転職することも意外と可能だったりします。

 

溶接工の仕事が合わないと思った方は一度登録して相談だけでもしてみましょう。