工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

本当にきついの?軽作業バイトの職種と仕事内容とは

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、工場求人ナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】工場求人ナビ

f:id:yuhi_t:20171024144806j:plain

みなさん、こんにちは!

今日も簡単で楽な仕事探していますか?笑

さて未経験者でもできる簡単な仕事といえば軽作業です。倉庫などで募集のある求人ですが、いったいどんな仕事なのでしょうか。  

軽作業はどんな仕事なの?

求人サイトを見ていても、軽作業のバイト募集は本当に多いですね!

きついという人もいますが、本当のところどうなのでしょうか?

 

 

軽作業とは軽くて体力をあまり使わない仕事を意味します。

 

職場としては主に物流会社や一般企業・通信販売会社などの倉庫や工場内です。

仕事内容としては商品の仕分けや検品、ピッキング、梱包を行います。
商品のタグ付けや、シール貼りなどを行うこともあります。

 

取扱商品は、洋服やバッグ、靴などのアパレル商品、日用品、雑貨、食品など企業によって様々です。


「軽」と文字があるように比較的単純できつくない作業が多いのですが、立ち仕事が多く、職種によっては体力も必要です。

軽いものもあれば重いものもあるので、扱う商品によって必要な力も異なります。

 

軽作業の職種

 

ピッキング

f:id:yuhi_t:20171024141740j:plain

ピッキング作業とは要するに「倉庫の商品をピックアップすること」です。


つまり指定された商品を取り出す作業のことです。
タブレット端末や伝票に記載された商品リストを見て倉庫にある商品を探しだし、棚から取り出して決められた場所へ運ぶ軽作業となります。
 
ピックアップ方法は職場や取扱い商品によって異なります。
倉庫内の商品を自分の足で回って探す場合もありますし、ベルトコンベアで流れてくる商品を扱うこともあります。

 

たとえばamazonのような広大な倉庫では非常に効率良くピックアップ作業が行われています。最近ではロボットが代替する場合もあるようですね。
 
ピッキングされた商品は登録作業や梱包などの過程を経て発送されます。
扱っている商品はスポーツ用品、衣料品、書籍、ゲーム機、薬品や日用雑貨など様々。

 

小さなものであれば女性でも簡単にピッキングできますので、きつい仕事ではありません。むしろ楽ちん。

軽作業の仕事に応募するときはどんな商品を扱うかを確認してからの方がよいでしょう。

 

ピッキング作業ってつらいの?結構楽しいという話

  

仕分け

f:id:yuhi_t:20171024141915j:plain

仕分け作業とは倉庫内で配送先ごとに荷物を選別する作業です。


扱う商品の種類は会社によって様々ですが、伝票と照らし合わせ商品が並んだ棚から該当する荷物を取り分け、カートなどに乗せ、所定の場所まで運んでいきます。


なお、仕分け作業には、職場によって商品の梱包や検品作業まで含まれることもあります。

ピッキングと仕分けの違いとしては、次のようになっています。

 

・ピッキングが荷物を集めてくるのにこと

・仕分けは荷物を目的ごとに分けること


他にも荷物をトラックから積み下ろす作業も仕分けの仕事に含まれている場合があります。


荷物の積み下ろしは中身によっては重いため、ちょっと体力が必要になり、こちらは男性向けの仕事となり商品によっては多少きつい仕事となります。


業務内容にどこまで含まれているのか、求人情報をきちんと読み、最初の面接の段階できちんと確認しておきましょう。
 
倉庫内の仕分け作業に必要な資格はなく、誰でも始めやすいお仕事です。
意外と女性も多く活躍しているのも軽作業ならでは。

 

軽い商品もありその場合はきつくありません。初心者でも女性でもすぐに始めることができます。

 

検品

f:id:yuhi_t:20171024142333j:plain

倉庫内での検品の仕事内容は、送られてきた商品に不備などがないかをチェックすることです。


商品のキズや、量や数に間違いはないか、異物が混入していないかチェックする仕事もあります。


検品する商品によって、チェック方法や内容はさまざま。
ベルトコンベアで流れてくる製品をひとつずつ確認したり、コンテナケースに入っている商品から不良品を見つけて取り除いたりという作業など。

求められる能力としては、細かいことに気がまわること。
検品のお仕事で扱う商品は膨大なため、もくもくとチェックをするのが好きな方や、丁寧にお仕事を続けられる方にオススメ。
 
さらに検品は責任が伴うお仕事。


検品がきちんと行われず不良品が出荷されてしまえば、会社のイメージダウンです。
検品した商品がお客様に届くということを意識して、強い責任感を持ってお仕事に取り組みましょう。  

 

検品はきつい仕事ではありません。

むしろやりがいのある仕事と言えます。

 

梱包

f:id:yuhi_t:20171024142546j:plain

梱包のお仕事は「段ボールに物を詰めるお仕事」。

 

機械で梱包される職場もたくさんありますが、商品の種類や大きさがさまざまだと人の手で梱包することが多いようです。

 

大きな工場や倉庫では製造した商品を輸送するまでの一連の作業、たとえばピッキングや仕分け、検品も含めて「梱包」という場合もあります。

このあたりの作業内容は軽作業の求人に応募するときにきちんと確認しておきましょう。
 
では、梱包のお仕事はどのようなものでしょうか。
 
まず梱包の現場ではピッキングされてきた商品がやってきますので、段ボールにどんどん詰めていきます。
壊れやすいものの場合、段ボールに緩衝材を入れることもあります。

 

いつも同じ商品であれば簡単ですが、ちょっと飽きるかもしれませんね。

ただ、毎回形の異なる商品の場合は詰め込み方を工夫する必要があります。そういったところに面白みを感じられると梱包の軽作業も楽しくなります。

 

結構スピードを求められる倉庫も多いです。スポーツ感覚で商品を詰め込んでいけるのを楽しむのもいいかもしれませんね。
 
梱包のお仕事は初心者でも大歓迎です!

健康であれば誰でもできるお仕事の代表格とも言えます。

 

身に付くスキルは?

軽作業では一定の作業を何度も繰り返すことが多いので、持続力や長時間注意を落とさずに作業を行う集中力が身に付きます。


顧客の元に渡る大切な商品なので、梱包や仕分け、検品でミスがあってはならないため、この集中力はとても大切になります。


経験を積めば、ミスを起こさない正確さの他にも、速く作業が行えるスピード力も身に付いて、正確かつ迅速に仕事が出来るようになります。

 

軽作業は未経験からスタート出来る?

軽作業は需要がとても多くある仕事なので、未経験でも就業できます。


そのため、初めて仕事をされる方でも安心して働くことが出来ます。

 

求人募集もたくさんでていますので、派遣会社に登録して軽作業やりたい!と言えばいくらでも紹介してくれます。


入社してから給料を上げたいと考えている人は、がんばってリーダーになるといいですよ。時給を上げてもらえます。

 

どんな人が軽作業に向いている?

必要資格、スキル、経験は特にありませんが、身体を動かす仕事であるため、人並みに体力は必要です。



また周りの人とチームで協力しながら業務を行って行くため、多少のコミュニケーション能力も必要です。

ただ、ピッキングのような仕事は1人で黙々とやることが多いので、多少のコミュ障でもつとまるはず。


なお、同じことを繰り返す軽作業が多いので、飽きっぽい人には不向きかもしれません。
真面目にコツコツと仕事に取り組む人には向いています


さらに「梱包・仕分け・検品」においては商品を丁寧に扱ったり、間違えないようにする注意力が大切です。

 

自分に向いているか心配な方向けにこんな記事も書きましたのでご覧ください。

製造業の工場勤務に向いている性格・人・能力

 

こんな経験が活かせます

基本は未経験でもOKですが、職種によっては経験者が優遇されることもあります。


例えばピッキング作業であれば「ハンディ」という小型バーコード読み取り機を使った経験、仕分け作業であれば倉庫内での作業経験などがあれば活かせます。


またリーダー業務経験がある方も、経験を活かせるでしょう。

 

軽作業はこんな人におすすめです

・検品

複雑な作業をしたくない人、同じ作業を繰り返すことを苦に感じない人。

細かいチェックが好きな人。

 

・梱包・ピッキング

動くのが好きな人、複雑な作業やライン作業が苦手な人

 

・仕分け

動くのが好きな人、重たいものを扱うこともあるので力作業がOKな人。

またじっとしているのが苦手で、身体を動かすのが好きな人にも軽作業はおすすめの仕事です。

 

軽作業のやりがい

軽作業では決まった作業工程の中でいかに効率よく作業が行えるかがとっても大切。


時間内に多くの商品をさばけたりすると、やりがいを感じます。

 

最初は、作業に時間がかかっても、慣れていくうちにスピードが付き、気がつけばすごい量の作業をこなせるようになり、自分に自信が持てるようになります。

 

これまでニートだった人が、「オレこんなにスムーズに仕事できるんだ!」と

目覚めることもまれにあります。。

 

また、取り扱い商品について知識がついたり、扱っている商品が新聞や雑誌、テレビなどで取り上げられた時もちょっとうれしいですね。

 

ただ、やりがいっていうより手っ取り早くお金がほしいという人が多いため、あまりやりがいを求めない方がいいですよ。

 

軽作業の服装

基本的には動きやすい服装が求められます。

ユニクロで売っているような普通の格好であれば大丈夫。

 

詳しくはこちらに書きましたのでご覧ください!

倉庫内軽作業の動きやすい服装って何やねん。夏と冬でちょっと違うよ。

 

軽作業の難しさやきつい点

単純作業が続けば、集中力の維持が大変になってきます。
業務に慣れていると、うっかりミスしてしまいかねません。その辺は、上司もチェックしているので真面目にやってれば大丈夫。

 

あと、体を動かす仕事なので、体調が悪いと思うように作業が進まず、周りに迷惑をかけてしまうので、健康管理はきちんとやっておきましょう。

でも、体力なさそうなパートさんやシニアの人達も結構働いているので、まあ普通に健康であれば大丈夫。

 

どうしても体調が悪いときは休めばいいです。結局たかが派遣バイトですから、仕事より自分の健康の方が大切です。

それで嫌みを言われたりすれば、派遣会社の担当者に文句を言えばいいですし、嫌なら別の職場を紹介してもらえばいいんです。

 

それから、荷物をその日の何時まで仕分けるように!などと期間が決められている場合もあり、大変なこともあります。

特に年末年始の物が動く時期は物流業界の繁忙期でして、とても忙しくなります。

その代わり時給はすごく高くなったり、夜勤の割増料金がでたり、繁忙期手当がどーんと出たりして短期では稼げるお仕事と言えます。

 

まとめ

以上、軽作業のお仕事内容についてご説明しました。

 

倉庫内軽作業の体験談はこちら

 

誰でもすぐにはじめられる簡単な仕事ということで軽作業は大人気の職種です。

特に軽作業を専門に紹介してもらえる派遣会社に登録しておくと、バイトを見つけやすいですよ。

以下でご紹介しているのが軽作業のような簡単な仕事に強い派遣会社です。

これからお仕事を始める方は絶対登録しておきましょう!