工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

マシンオペレーターの仕事内容 きついって本当?

ユーザーが選んだ人気の求人サイトランキングNO.1

簡単な仕事が紹介してもらえ、大手派遣会社が運営している安心感から、工場求人ナビが当ブログのユーザーでは最も支持されています。

【公式】工場求人ナビ

マシン

マシンオペレーター(機械オペレーター)とはどんな仕事内容なのでしょうか。

簡単に言うと名前の通り機械操作担当のお仕事になっています。

 

きついという方もいますが、実際のところ少し難しい作業から、誰でもできる簡単楽ちんな作業まで工場によって様々なのです。

 

今回は人気のお仕事「マシンオペレーター」についてご紹介します。

 

・金属加工の場合

金属加工などの工場で使用されているマシンは、一度に複数の加工が可能なマシニングセンタという機械が主に使用されています。

 

マシニングセンタは様々な加工に対応出来るように複数の工具が備えられていて、加工対象によってその工具を切り替えられるようになっています。


切り替え作業はコンピューター指示なので、自動的に工具を変換してくれます。
1台の機械で複数の加工を行えるので作業効率が格段にアップします。

 

マシニングセンタにも様々な種類があり、5軸制御タイプや立形・横形タイプなどがあります。

それぞれ得意とする加工が異なるため、加工作業によって選ぶマシンタイプも変わってきます。

 

この、マシニングセンタを操作する人を『マシニングオペレーター』と呼びます。


マシニングセンタを操作するにあたっては次のような作業工程になります。

 

・はじめに図面を見る。

・工具の使用方法や加工の段取りなどを決める

・データをまとめる。

・そのデータをマシンに入力

・部品などの切削加工やプレス加工といった作業

 

  

これらの作業は工場の規模によって担当が異なります。


小さい工場の場合、工具の選択からプログラム作成、データ入力、加工から仕上げ、検査といった一連の流れをひとりで任される場合がありますが、規模の大きな工場であれば、それぞれの工程ごとに役割を分担して行われています。

 

・印刷機械の場合

また、マシンオペレーターは金属加工だけではなく印刷機械の操作を示す場合もあります。

 

印刷機械の場合、マシニングセンタとはまた違った機械や作業内容になります。


印刷の種類によって方法が多少異なってはきますが、作業過程は大まかに

 

・準備

・刷り出し

・本刷り

・刷了

 

の4段階に分けられています。


最初の準備の段階では、金属加工の時と同様に作業内容の把握から始まります。

 

納期のチェック、紙の種類や色など細かな部分や、それに使用する材料の確認を行ってから、実際の作業に移ります。

 

印刷の種類の中に『オフセット印刷』というのもあり、オフセット印刷は大量印刷を得意としています。

このタイプの印刷を扱う工場は24時間稼働している所がほとんどになっています。

 

上記以外にも、食料品加工などの他の工場にもマシンオペレーターはいます。


なお、取り扱う扱う製品によってマシンオペレーターの作業内容や機械の種類は様々ですが、操作だけではなく、機械の監視やメンテナンス、掃除といった役割を与えられることもあります。

 

マシンオペレーター向きな人とは?

どんな職種であっても、それぞれ向き・不向きな作業はあります。


「こういう人ならマシンオペレターに絶対向いてる!」とは一概に言い切れないものの、マシンオペレーターは機械操作を行うため、慎重な人が向いているといわれています。

 

また、工場によって多少の違いはあるものの、加工品によっては緻密なデータ入力が必要になる場合もあります。


データをまとめたり設計に沿って加工手順を考えるためには、ある位程度の経験や知識を必要としますので、機械作業を苦に感じない人も向いています。

 

ですが、機械操作が得意なだけでは仕事が成り立たない場合もあります。


マシンオペレーターに限ったことではありませんが、周りとのコミュニケーションも大切にしましょう。
工場においては、1つの『モノ』を作り上げるためには、周りの作業員との連携も必要不可欠です。


機械操作だけに集中してしまうと周りが見えなくなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

きつい仕事ではありませんが、決して楽な仕事でもありません。

工場での作業で共通するものは『ものづくり』という部分です。


完成したモノを見ることが出来る分、自分の仕事の成果を実感できる職場でもあります。

こうした達成感を味わえるのも、工場作業の魅力の一つです。

 

もちろん、最近では男性だけでなく女性が活躍している職場もありますので、女性の皆さんにもどんどん調整してほしいですね。

 

製造業で働くのが初めての人はこちらの記事もご覧ください。↓

製造業の工場勤務に向いている性格・人・能力

 

マシンオペレーターになるには専門知識が必要?

ボタンを押す

 

『機械操作』や『データ入力』の求人と聞くと、専門知識を持った人でないとダメなんじゃないか?と感じる方もいると思います。


確かに、機械に関する知識や操作に慣れている人の方がスムーズに作業を進めることが出来ます。

 

ですが、マシンオペレーターの仕事は初心者の方でも操作出来るようになっているのでご安心ください!


初めて操作する方の場合には、その人に合った技術や能力の操作を割り当てられるようになっています。

 

最初は簡単な作業から入り、慣れてきてから新たな役割を与えられるといった場合もあります。

 

機械に興味があるという方であれば、たとえマシンオペレーターの経験や専門知識がなくても十分に作業をこなすことが出来ますよ。

 

男性が多い職場であることは間違いありませんが、最近では女性の活躍も増えていて、ボタンを押すだけのような簡単な操作であればアルバイトやパートの女性が担っていることもあります。

 

まずは求人情報をしっかりと読んで判断しましょう。

 

マシンオペレーターの時給相場

マシンオペレーターや機械オペレーションと言われる機械を操作する仕事は、先ほどご紹介したように工場や機械によって求められるレベルが様々です。

 

派遣で働くような場合は簡単な作業しかやらされないため、時給もそれほど高くはありません。

 

マシンオペレーター時給:1,100円程度

 

 ボタンをポチッとするだけなら、この程度かもしれません。

ただ、正社員になっている人やデータ入力まで任されているような人はもっと給与が高い傾向にあります。

 

 

 まとめ

いかがでしたか?

マシンオペレーターの仕事内容が少しわかっていただけたのではないでしょうか。

 

本日ご紹介したように、マシンオペレーターは誰でもできる仕事から、ちょっと知識が必要な作業まで様々です。

 

未経験者の方は、まずは簡単な仕事をやらせてもらえるような小規模な工場で働いてみるといいですよ。

 

マシンオペレーターの仕事に興味のある方は、ぜひ次にご紹介する求人サイトでチェックしてみてくださいね!