工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

初めてでも大丈夫。日総工産の登録会 面接から仕事紹介の流れ

面接の流れ

 

工場・製造業のお仕事を紹介してくれる会社としては日本で一番有名かもしれない日総工産。

 

トヨタや日産などの大手自動車メーカーをはじめとした期間工のお仕事や、さまざまな工場求人を見つけるサイトも運営しています。

 

今日はそんなお仕事探しの方に人気の日総工産に登録してお仕事を紹介してもらうまでの流れについてご説明します。 

お仕事を探して応募する

まず日総工産が運営している求人サイト「工場求人ナビ 」にアクセスします。

 

希望エリアや職種から求人情報を検索して、お好きなお仕事を探して応募してください。

大手メーカーのお仕事がたくさんあるのがわかるかと思います。

自分が住んでいる近くの工場であればそこが一番通いやすいと思いますが、まったく別の都道府県にある工場でも応募することは可能です。

 

 

日総工産から連絡がある

お仕事に応募すると日総工産のオペレーターから電話がかかってきます。

応募してから日総工産から連絡あるまでに早いときは10分くらいの場合もありますので、携帯にはいつでも出られるようにしておいてください。

電話番号は「0120-717-450」この番号からかかってきます。

 

※2,3日待っても連絡がない場合は応募メールが何らかの理由で届いていない可能性もあります。また、日総工産側で何らかの理由で作業が遅れている場合もあります。

いずれの場合も一度直接電話をしてみてください。

コールセンターの番号はこちらです「0120-717-450」

 

 

さて、日総工産から電話があったら登録会(面接)に参加する日程の相談をします。

 

日総工産は全国に営業所がある派遣会社なので、おそらく応募した方のお住まいの近くにだいたい面接会場があるはずです。

 

登録会のためにお近くの日総工産へ訪問する

登録会のは私服で参加しても大丈夫です。

学生、フリーター、主婦など様々な人達が参加しますし、日総工産で面接する際には服装で人を判断されることはありません。

なにより、リラックスしていきましょう。

 

当日の全体の所要時間はだいたい1時間くらいです。

 

・当日の持ち物

写真がついた履歴書と、名前と年齢が確認できるもの(免許証や保険証など)

※履歴書の志望動機の例文

 

 

では、登録会ではどのようなことをするのでしょうか。

ここからは登録会で行われることの流れをご紹介します。

 

・エントリーシートの記入

 名前や希望条件、日総工産で働いたことがあるか、その他工場での経験など簡単な項目について記入します。

 

・面接(ヒアリング)

今後お仕事を紹介してくれる担当者と面談を行います。

面接というよりはヒアリングのような内容になります。

 

自分から積極的に発言してもいいですが、基本的には日総工産の担当者が質問してくれるのでそれに正直に答えましょう。

得意なことや、これまで働いてきたこと、これからどうやっていきたいのかなどざっくばらんにお話をした方が、担当者の方も応募者の性格や特徴がつかみやすいと思います。

また、寮に入りたいという希望がある場合も、この面談で伝えましょう。

 

あくまで日総工産側は、応募してきた方になんとかお仕事を見つけてあげたいと考えていますので、面接だけで合否を決めるものではありません。

 

※日総工産は個人情報を適切に保護できると証明された認定企業です。個人情報がもれることは絶対にありませんので、面談ではできるだけ聞かれたことにすべて答えましょう。

 

・適性テスト

工場の仕事をするために必要な能力があるかを簡単に調べます。

・計算テスト(簡単な足し算)

・ねじの取り付けテスト(不器用すぎないかどうか調べるため)

 

※紹介される仕事によって必要な能力が多少異なるため、テスト自体しないケースや、人によっては別の試験をする場合もあります。

 

・お仕事の説明・紹介

面談や適性テストの結果から、担当者は求職者にはどんなお仕事が合うか考えてくれます。

求人サイトから応募したお仕事だけでなく、似たようなお仕事についても紹介してもらえるケースが多いです。

 

※お仕事はひとつではないので、いろいろお仕事から選べる方がいいのですが、どうしても求人サイトから応募したお仕事しかしたくない場合は、その場で正直に伝えるようにしましょう。

 

内定

どの仕事を紹介してもらうかを決めたら、日総工産の担当者が工場の担当者に連絡をしてくれます。 

工場の担当者にその場で連絡がつけば、すぐに内定がでる場合もありますし、後日連絡を待つというケースもあります。

 

職場見学

 工場によっては入社前に職場見学をさせてくれる場合もあります。

自分が実際にどんな場所で働くかは一度見ておきたいですよね。

ただし、工場内は機密情報だらけのため、すべてを見せてもらえるわけではありません。 

 

入社手続き

 お給料の振り込みや社会保険などのために、銀行通帳、印鑑、年金手帳、住民票、履歴書などが必要になります。

内定後に担当者からどのような書類が必要となるか連絡がありますので、用意しましょう。 

 

お仕事開始

 待ちに待ったお仕事初日です。

現場には日総工産の先輩スタッフが待っていてサポートしてくれることになっています。

日総工産ではサポートスタッフと呼んでいるこの担当者が、今後の仕事の流れや工場の様子や、同僚への紹介などを行ってくれます。

 

そのため、工場で働くのがはじめての方はもちろん、これまで何度も工場で働いた経験がある方でも、すんなり職場に溶け込んでもらえるような仕組みになっています。

 

このサポートスタッフの存在があることで、日総工産で働いている方の離職率が低いといわれています。

みんなが長く働きたいと考える職場作りができているというわけです。

 

 

以上、本日は日総工産でお仕事を決めるための、面接からお仕事までの流れについてご説明しました。

ここで紹介した流れはあくまで日総工産の例ですが、他の製造系派遣会社もほぼ同じような流れとなっています。

 

工場で働いてみたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

日総工産への応募 はこちらから