工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

生産管理の仕事内容 きついの?やりがいは?

f:id:yuhi_t:20160902160906j:plain

みなさん、こんにちは!今日もお仕事さがしていますか?

今日は工場で働く人が将来絶対目指したいお仕事「生産管理」についてご紹介しますね!

 

 生産管理とはどんな仕事?

生産管理というとなんとなく管理職を想像してしまう管理人ですが、工場求人サイトを見ているとそんな偉そうな求人ではなさそうです。

 

でも、管理職にちょっと近い仕事内容と言えるのかもしれません。

 

この生産管理、きついと考えている人も多いようですが、実はとてもやりがいのある仕事なのです。

 

 

生産管理の仕事とは、工場での製品管理を任されている人のことを指します。
製品を作るために必要な部品を把握し、さらにそれを仕入れるために外部との交渉や営業をしたり、仕入れた部品の管理を行います。

 

また、メーカーから製品の注文を受けるもの生産管理の仕事です。
納品先の会社との打ち合わせをして、納品する数や期日を決めたあと、それに合った人員や機械の用意などの今後のスケジュールを組んだりもします。納期に間に合わない時には、自分自身が納品に向かう場合も。


こうしたメーカーからの受注、もしくは工場で作った製品を外部に売り込む営業的な部分も担当しているのです。

 

製品の出荷後には、製品の売れ行きペースを見ながら営業や企画部の人と打ち合わせをして、今後の生産数を決めて製品の欠品が出ないように管理していくのも生産管理の仕事です。


この時に生産数を見誤ってしまうと、製品の在庫を抱えてしまうこともあるため、他の部署との連携も重要になってきます。

 

さらに現場においても生産の進み具合を管理する役割もあるなど、生産管理は工場の生産ラインを止めないように動き、製品の出荷後も過程を見守るという、生産ラインの指揮官ともいえる責任のある仕事になっています。

 

 生産管理に求められる能力とは?

生産管理の事務的な作業に当たるのが、製品の販売計画や生産計画です。

この計画に基づいて部品などの材料の発注先や数、在庫管理、納期管理から工場での人員の割り当てや品質管理などを行います。


製品の売れ行きによって生産ラインをコントロールしなくてはならないため、管理能力だけでなく臨機応変な対応も求められます。

 

また、生産管理はメーカー側からの要求と工場による要望に板挟みにされる場合もあります。
それらに応えるように調整したり、時には相手に交渉することもあるためコミュニケーション能力も必要です。

 

計画通りに作業が進んでいるか、在庫の欠品はないか、製品の売れ行きは?といった工場の全体図の把握をしながら、指示を出す司令塔的な役割を担うため、マネジメント力を始め予測や情報分析などの能力も必要といえます。

 

状況を把握して冷静に判断をして予想外の出来事にも動揺せずに対応、そして製品の売れ行きをデータ化し分析したり予測を立てることで、無駄のない生産が行えるのです。

 生産管理のやりがいとは?

製品の生産数やそれに必要な部品や原材料を見比べながら、生産の計画や予定を組み立てていく面白さが生産管理にはあります。


部品や原材料の調達にかかる時間を逆算し、欠品が出ないよう絶えず生産を行えるように体制を整えるために日々工場の状態を把握し、予定を組み立てていきます。
その際に生産管理として意見や工夫をすることで、工場をより一層効率的に動かすことも可能です。


部品や原材料などの調達にかかる費用、電気代や人件費などの調節などをすることで、生産における費用を抑えることも出来ます。

 

製品の販売計画から原材料の仕入れ、受注に出荷など、製品が出来上がるまでの一連をずっと見守ることが可能なのも生産管理です。


最初から最後まで見届けられる分、ものづくりへの達成感も最高にあります。

 生産管理をする上で役立つ資格とは?

生産管理は製品の販売計画から原材料・部品の調達、人員の配置やメーカーからの受注などを行うので、会社経営の流れを把握出来る中小企業診断士や、原価計算の基本を学ぶことが出来る日商簿記検定などがおすすめです。


また、国家資格ではなく民間資格においても生産管理に役立つ資格があります。
中央職業能力開発協会による生産管理プランニング、生産管理オペレーションなどを取得しておくと、工場での生産管理の役割や仕事の流れなどを知ることが出来ます。

 

ですが、生産管理の仕事は必ず資格が必要というわけではありません。

様々な経験を必要とされる場合があるため求人の数は少ないものの、初心者の方にも十分勤まる仕事ですので、興味のある方はぜひ挑戦してみてくだいね。

 生産管理で身に付くスキルとは?

生産管理は、メーカーとの打ち合わせや工場の人員配置、また製品の販売状況に伴った営業や企画部の人との打ち合わせなど、人と接することの多い職種でもあります。
時には、業務改善において言いづらいようなこともハッキリと相手に伝えなければならないことがあります。


その「言いづらい」ことを、どんな風に言い回すかによって改善策を実行してもらえるかどうかが決まるため、交渉力などが必要となります。

こうして、多くの部門やクライアントとの関わりを持つ機会が多い分だけ、コミュニケーション能力を養えるのです。

 

他にも、在庫管理をすることで製品の販売実態を知ることも出来る分、市場のニーズといった要求や重要を把握する力も身につくようになります。

 

以上、生産管理の仕事内容でした。

 

どこで仕事を探せばいいの?

まずは製造系の仕事が多い専門求人サイトでどんな仕事があるのかチェックしてみてください。きっと、アナタにあったお仕事があるはずですよ。

 

おすすめはテクノサービスの働くナビ

未経験でもできる簡単な仕事の情報が多くて、絶対やりたい仕事がみつかります。

 

オススメポイント

・未経験でもできる簡単な仕事が多い

・テクノサービスは大手の派遣会社だから何かと安心

・女性でもできる仕事がある

 

それ以外では工場ワークスもおすすめ。

求人情報数がハンパなく多いので全国どこでも何かしらやりたい仕事が見つかりますよ。

 

オススメポイント

・製造系の求人サイトではNo1の求人数が人気

・いろいろな製造メーカーや派遣会社の仕事に応募できる

・全国で仕事を募集している

 

 

1点気をつけていただきたいのは、登録後のメーカーや派遣会社の対応。

いろんな担当者がいますので、きちんと仕事のことを説明してくれないとか、横柄な態度の担当者の場合は気をつけましょう。

 

ただ、ほとんどの派遣会社の担当者は紳士的なはずなので、安心して登録してみてくださいね!

 

また、必ず採用されるというわけではないので、普通は一人で複数の派遣会社に応募する人が多いですよ。

いくつかの求人サイトや派遣会社で気に入った仕事を見つけたら、どんどん応募してみた方がいいです。