工場求人を探そう

全国の工場求人やバイト・パート・製造業の仕事内容を解説します。

プレス工場の仕事内容 きつくて危険って本当?

f:id:yuhi_t:20160807104008j:plain

皆さんはプレスがどんな仕事をするものかご存知でしょうか?
プレスは特に金属を加工し製品を作る工場で活躍されていることが多い職種になります。

きついとか危険と考えている人も多いようですが、実はとてもやりがいのある仕事なんです。


そのため日本のモノづくりには欠かすことができない仕事と言っても過言ではありません。


では具体的にどんな仕事を行なうのか工場求人サイトに出ている情報から見ていきましょう。

 

 

 プレスってどんな仕事?

プレスの仕事というと、イメージで鉄板の形を機械で変化させることを思い浮かべる方も多いかと思いますが、正確には機械で形を変えるのではなく、素材を正しい規格・サイズに合わせて形を作り、常にその形を保つように維持させることがプレスの仕事となります。


具体的に言うと、金型と呼ばれる金属の型を用意し、金型で材料を挟み込みます。
そこに強い圧力を加えることができる機械にセットし、金型に合った形に材料を変えることができるのです。


そのため、材料を切るだけでなく材料を曲げたり絞るなども可能で、それを維持させることもできます。
よく刀や包丁を作る時に刃の形を作る鍛造と勘違いされる方もいらっしゃいますが、プレスと鍛造では材料の厚さを変えるか変えないかの違いによって判断することができます。


プレスの場合、材料の形を変えますが材料の厚さはほとんど変えることはありません。
鍛造の場合、形を変えつつハンマーで打つことで厚さを変えていきます。

プレスされた製品は色んなものがあり、よく日常的に使用されているものから街中で見かけるものなど様々です。


例えばドアノブはプレス加工によって作られていますし、道にあるガードレールや自動車のドアやボンネットなど多くの部品にプレス加工が施されています。


また、とても身近なものでは硬貨に施されている小さな模様は全てプレス加工によって付けられているものです。

 

プレスに必要な資格はある?

プレス加工ではプレス機器を使用することになりますが、これを使用する際に必要となる資格はなく、誰でもプレス加工を行なうことができます
ただ、金属プレス加工技能士というプレス加工の資格もあります。
こちらは国家資格となっているため、就職・転職において有利となる場合もあるでしょう。


金属プレス加工技能士は2級から1級、特級とあり、特級になると技術面もそうですが作業や品質の管理から指導などといった知識なども必要となってきます。
国家資格といってもそこまで難しいものではないので、学校へ通わなくても独学や講習を受けることで合格へ近づきます。


受験資格には実務経験が必要となるので、まずはプレス加工の仕事に就き、キャリアアップを目指して資格を取得すると良いです。

 

プレス仕事で感じられる魅力とは?

プレスの仕事は大きな製品から小さな部品まで、様々なものを作ることが仕事となります。
日本のプレス加工の技術は世界でもトップクラスの評価を受けており、現在でもプレス技術はどんどん進歩してきています。


工夫をすれば今までになかった製品・部品を新たに作り出すこともできるのです。
また、プレス加工というと金属の材料を使用するイメージがありますが、実は紙やプラスチックなどの加工にもプレス機器を利用することができます。


つまり、金属だけではなく他の素材などを使ったり、様々なアレンジを自らの手で加えることにより新しいものを自分の手で生み出すことも可能となるのです。


プレス機器の扱いに慣れれば、圧力をかける時の微妙な加減や金型と材料を合わせた時に起きるほんの小さなズレにも気付くようになり、もしそれが出来るようになれば一流の職人と呼べるでしょう。


プレス加工はどんなに小さな町工場で働いていたとしても、世界の技術の先を行っていること、そして新しいものを作り出すことができるという点に魅力が感じられるのではないでしょうか。

 

プレスはどんな人に向いている?

プレスの仕事は毎日地道な作業が続くことになります。
そのため飽きっぽい人や毎日何か変化が欲しいという人だと長続きしない可能性があります。


どちらかと言うと、何度も同じことを繰り返しできる忍耐力を持っている人や精神力が強い人がプレスに向いていると言えるでしょう。


また、プレスは器用でないと出来ないのでは?と思われるかもしれませんが、手先の器用さはほとんど関係なく、じっくり技術を習得していくことでいずれコツを掴むことができます。


さらにプレス加工で新しい製品を作っていきたいという人は、時代の流れに敏感になることや何でも試すチャレンジ精神、そして何にでも興味を持つことができる好奇心を持っていれば、いつか最先端の技術を使って新しいモノづくりが出来るかもしれません。

 

プレスは日本のモノづくりにおいてとても大切な仕事の一つです。
普段何気なく使っているものの中にもプレス加工されてできたものがたくさんあります。
日本のモノづくりの現場に携わりたい、日本の技術を支えたいという方は、ぜひプレスの仕事に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

 

どこで仕事を探せばいいの?

まずは製造系の仕事が多い専門求人サイトでどんな仕事があるのかチェックしてみてください。きっと、アナタにあったお仕事があるはずですよ。

 

おすすめはテクノサービスの働くナビ

未経験でもできる簡単な仕事の情報が多くて、絶対やりたい仕事がみつかります。

 

オススメポイント

・未経験でもできる簡単な仕事が多い

・テクノサービスは大手の派遣会社だから何かと安心

・女性でもできる仕事がある

 

それ以外では工場ワークスもおすすめ。

求人情報数がハンパなく多いので全国どこでも何かしらやりたい仕事が見つかりますよ。

 

オススメポイント

・製造系の求人サイトではNo1の求人数が人気

・いろいろな製造メーカーや派遣会社の仕事に応募できる

・全国で仕事を募集している

 

 

1点気をつけていただきたいのは、登録後のメーカーや派遣会社の対応。

いろんな担当者がいますので、きちんと仕事のことを説明してくれないとか、横柄な態度の担当者の場合は気をつけましょう。

 

ただ、ほとんどの派遣会社の担当者は紳士的なはずなので、安心して登録してみてくださいね!

 

また、必ず採用されるというわけではないので、普通は一人で複数の派遣会社に応募する人が多いですよ。

いくつかの求人サイトや派遣会社で気に入った仕事を見つけたら、どんどん応募してみた方がいいです。